英国人のスタイルをまねすることがお洒落とされた、80年代後半の世界的なブリティッシュブーム。そのスタイルを象徴するアイテムのひとつがブレイシズ(サスペンダー)だった。

「サヴィル・ロウでスーツを仕立て、ジャーミン・ストリートの有名シャツメーカーのシャツを着る人たちは、ベルトの代わりに皆ブレイシズをしている」そんな話が、ブリッティッシュスタイルを追求する人たちの間で話題となる。

ブレイシズと言えば、英国の「アルバート サーストン」!

バリエーション豊富なブレイシズの老舗

ほどよく太めの40㎜幅ベルトとオーセンティックなストライプのバランスで、こなれた着くずしが狙える「アルバート サーストン」のブレイシズ(サスペンダー)。同ブランドは特に色&柄のバリエーションが豊富にそろうから、フォーマルからカジュアルまで、ワンランク上のお洒落が楽しめる。(フェアファクスコレクティブ〈アルバート サーストン〉)※参考商品
  • 【旬の柄物を取り入れるならブレイシズが大本命】
    新作のペイズリー柄は、今季ネクタイに次いで挑戦したい柄物アクセの代表格。仕立てのいいサマーウールジャケットからさりげなくのぞかせれば、鮮度の高い着こなしが完成。[35㎜幅](フェアファクスコレクティブ〈アルバート サーストン〉)※参考商品
  • 【どんな着こなしにも溶け込むベーシックな1本】
    プレーンな無地のタイプは、とにかく応用が利くから何本あっても便利! 清潔な白シャツ、上品なグレーのトラウザーズと相性抜群なネイビーを、今夏は押さえよう。[35㎜幅](フェアファクスコレクティブ〈アルバート サーストン〉)※参考商品

そのときまさにサヴィル・ロウの店に必ず置いてあったのが、「アルバート サーストン」のブレイシズだったのです。特にフェルトの帯にガットエンド(羊の腸を撚ったもの)を使ったモデルが最もクラシックで正統といわれ、「ビームス」のスタッフの間でもマストになりました。

このガットエンドのブレイシズ、今では供給ができなくなり牛革を使ったレザーエンドに変わってしまいましたが、今でもブレイシズといえば、「アルバート サーストン」が、英国を代表するメーカーとして認識されています。

※2012年夏号取材時の情報です。

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
パイルドライバー