とある冬の雨の日…靴からコーディネートを
発想していったら、全身黒になってしまいました。

適度に艶のあるフェイクレザーのスカートが、オール黒のアクセントに。雨も気にせず着られて便利です。ニット・ファージャケット/ミカコ ナカムラ スカート・ピアス/J.crew ペンダント/ルイ・ヴィトン 時計/カルティエ リング/コーチ バッグ/エルメス 靴/プラダ

①雨でも染みない靴を履きたい
②パンツよりスカート&タイツのほうが
水はねを気にせず着られる
このふたつの理由から考えているうちに
トップもボトムも黒になってしまったのです。

でもスカートにはフェイクレザーを選び
マットな黒タートルニットに合わせることで
素材感の違いが、表情になってくれました。
さらにアウターの黒は艶のあるファーにして
屋内だけでなく屋外でも
黒一色が単調に見えないような工夫を。

ちなみに黒一色のコーディネートの隠し味に…と
加えているのがゴールドです。
ペンダント、時計、リング、バッグの金具と
ゴールドをあちこちにちりばめることで
華やかさが出ると同時に、
着こなしに楽しさが生まれたように思っています。

さて、この秋冬、黒を着るときに
ひとつだけ凝っていることがあります。
それが赤のアイシャドー。

写真ではボルドー寄りの色に見えますが、ちょっと黒を混ぜたような沈んだ赤が絶妙です。アイシャドー/アディクション

黒の着こなしは、ともすると重い、暗い、さらには
怖いという印象を与えることもありますが
目元にはんなりと赤を加えると
どことなく優しく、女らしく見える気がします。
赤のアイシャドーなんて、もちろん初めてだったのですが
少し沈んだ落ち着きのある色味だと
地黒の私の肌色にも、意外になじんでくれました。

目元を赤くするときは、唇にはあまり色を感じない
素の唇より少し濃いくらいのローズを選んで
目元と口元がけんかをしないように心がけてみました。

黒=マンネリになりがちな色でもありますが
メイクでアップデートするという手もあるんだなと
新発見をしたこの冬です。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら