なぜかはわからないのですが、突発的に
赤がとても着たくなりました。
母が自分のキーカラーとしていた色なので
幼いころからなじみはあるのですが、
意外と自分では着ていなかった色かもしれません。

パンツはワイドのストーレートで、快適なウエストゴム仕様。そのリラックス感がスニーカーとも好相性に。ニット/ユニクロ パンツ/セオリー サングラス/ポラロイド バッグ/フォンタナ ミラノ 1915 靴/Amb

そのせいか、何色と合わせるのかにものすごく迷いました。
順当に考えれば、真っ先に浮かぶのは黒かもしれません。
ただ赤と黒のコントラストがきつく感じられて
どうしても今の気分になれません。
唯一、許せたのは黒×白のグレンチェックのパンツと
赤ニットのコーディネートだったのですが、
もっとピンとくる色合わせがありそう…
そう思って、とっかえひっかえした結果、
グレーとの配色に落ち着いたしだいです。

赤×黒ほどコントラストが強くなく、
どことなく軽やか。
そこにニットの下からTシャツの白をのぞかせ
足元にも白のスリッポンを合わせることで
スポーティさを加えたら、ようやく今の気分になりました。

知人のとても素敵なマダムがつけているのを見て以来、憧れていたのがこの「J12」。私の全身バランスには、意外にも大ぶりケースのほうが相性がよかったので、38㎜の自動巻きを選びました。時計/シャネル

街を歩いてい思うのですが、
スニーカーを履いている人が本当に増えましたね。
スニーカーのほうが今っぽい、
スポーティなほうが今っぽい、そんな時代のようです。
そこで私も足元に白のスリッポンを選びましたが、
さらに大人のスポーティさを加えたくて
写真ではわからないのですが、
手元にはシャネルの時計「J12」をしています。

セラミックがもつ純白がスポーティさだけでなく
清潔感も演出してくれるこの時計。
夏っぽいイメージかもしれませんが
秋冬でも大活躍してくれます。

赤×グレーに少しだけ白をちりばめる…
やっと着たかった赤の正解コーディネートに
出会えたようで嬉しかったこの日でした。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら