電気シェーバーで知られるドイツの家電ブランド、ブラウンは1921年にマックス・ブラウンによって設立された。1950年代になるとデザイナーのディーター・ラムスが中心となり、機能を優先したドイツモダンデザインによるオーディオ機器が脚光を浴びる。

このディーター・ラムスと、同社でクロックセグメントのチーフデザイナーなどを務めたディートリッヒ・ルブスが手掛けたブラウン初のアナログリストウォッチが、1989年に発売された「AW10」だ。

実用重視の機能的なデザインが施された中三針モデルは、ディーター・ラムスとディートリッヒ・ルブスのデザイン哲学の集大成とも称され、装飾性の高いスイスウォッチがメインストリームであった当時、「AW10」の革新性は一際異彩を放った。その機能美は世界中で称賛され、生産が終了するまでの15年間、1度もモデルチェンジされることなく、開発時のコンセプトを守りながら生産が続けられることになった。

ドイツの家電ブランド「ブラウン」初のアナログリストウォッチ

ブラウン「AW10」

●ケース/ステンレススチール ●風防/ミネラルクリスタルガラス ●ストラップ/レザー ●防水性能/3気圧 ●ムーブメント/スイス製クォーツ ●サイズ/直径33.5mm×厚さ7.0mm ¥35,000(アイ・ネクストジーイー〈ブラウン〉)

「AW10」発売から2年後の、1991年に発表された「AW50」は、ディートリッヒ・ルブスがデザインを担当。「AW10」から、文字盤のアラビア数字と分単位のスケールまでも取り除かれ、ケースとベゼルのカラーを統一することにより、ブラウンがデザインのフィロソフィーとして掲げる”less but better” (より少なく、しかしより良く)と”フォルムを超越する機能性”というコンセプトを見事に表現した。日付機能を強調するためにセットされた赤いシェブロン紋章は、それ以降、ブラウンリストウォッチのアイコニックな意匠となった。

ブラウン「AW50」

●ケース/ステンレススチール ●風防/ミネラルクリスタルガラス ●ストラップ/レザー ●防水性能/3気圧 ●ムーブメント/スイス製クォーツ ●サイズ/直径33.5mm×厚さ6.5mm ¥35,000(アイ・ネクストジーイー〈ブラウン〉)

ディーター・ラムスとディートリッヒ・ルブスというドイツデザインの巨匠が開発に関わったこともあり、廃盤になった以後も、2策の復活の声は絶えることがなかったが、2016年のバーゼルワールドで、2つのモデルの復刻プロジェクトが発表。約1年半の歳月をかけ、1つ1つのパーツに至るまで正確、精密にオリジナルデザインを再現し、当時の化粧箱まで復刻された。

現在でも色褪せることのないタイムレスなデザインと「Made in Germany」の伝統。1モデルで、ふたたび傑作の称号を手に入れた。

問い合わせ先

この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。
TAGS: