イタリア国立映画実験センターとのコラボレーションで実現した「DIVINE(ディバイン)」コレクション

イタリアのレザーブランド・ZANELLATO(ザネラート)が2018年12月に発表した「ディバイン」カプセルコレクションが、「普段使いしやすい」「仕事にも会食にも持っていける」「重くなりがちなモノトーンコーデに合うし、無理して明るい色のバッグを持たなくても、メリハリあるように見せられてよさそう」と、大人の女性に評判になっています。モノトーンをベースとしながら立体的なルックスが使いやすいと、評価されているようです。

「DIVINE(ディバイン)」カプセルコレクション4型

このDIVINE(ディバイン)コレクションのバッグ4型は、イタリア国立映画実験センターの協力を得て「フィルムアーカイブの活用と映画産業の教育活動」を組み合わせたプロジェクトの一環として製作されたもの。そのため、バッグはいずれも、バッグを持つイタリア映画のスター女優たちのさまざまな瞬間を捉えた写真から、インスパイアされたものとなっています。女優とバッグの組み合わせが商品化されるのは、ありそうでなかなかないこと。

バッグ自体は「POSTINA(ポスティーナ)」「NINA(ニーナ)」、「DUO(デュオ)」など、ザネラートの定番人気バッグがベースとなっています。

パパラッチのパルミーロ・ムチが撮影、一般公開されるのは初となる、イタリア女優たちの知られざる瞬間を切り取った写真とともに、この特別なバッグ4型をご紹介します。

ZANELLATO(ザネラート)の新作バッグ4選

■1:ジーナ・ロロブリジーダから着想を得た「ニーナ ネイビー」

ジーナ・ロロブリジーダがリップを直そうとするシーンから着想を得たデザイン。ザネラートのアイコンモデルである「ニーナ ベイビー」の内側に小さなミラーが付き、さりげなく自身のチェックができる実用性が魅力。スネークとカウレザーのコンビネーションが、この上なくラグジュアリーな印象を与えています。

リップを直そうとしている、ジーナ・ロロブリジーダ
バッグ[縦12㎝×横22㎝×マチ10㎝]¥180,000(税抜)

■2:カルメン・ヴィッラーニのようにクラッチ持ちも可能な「ポスティーナ M」

写真のカルメン・ヴィッラーニがビッグクラッチを持っているように、折りただんだり、ハンドルを外してクラッチ持ちでも楽しめる「ポスティーナ M」。シープレザーを使用しているのでとてもやわらかく、軽く折りたためる使い勝手の良いデザインです。ブラックベースにホワイトの曲線がモダンに映え、どんな装いもキレよく格上げしてくれます。

ファーコートにビッグクラッチを抱える姿がサマになっている、カルメン・ヴィッラーニ
バッグ[縦23㎝×横36㎝×マチ17㎝]¥158,000(税抜)

■3:リザ・ガストーニのようにクラッチ持ちができる、リング付きの「ニーナ スーパーベイビー」

リザ・ガストーニがコンパクトにクラッチを持っているように、指を通してバッグを持てるようにリングを付けた「ニーナ スーパーベイビー」。さりげないエンボス加工が、ブラック1色でも華やかに見せてくれます。取り外し可能なシルバーチェーン付きなので、もちろん本来の使い方であるショルダーバッグとして楽しんでも。

クラッチをコンパクトに持つ姿がエレガントな、リザ・ガストーニ
バッグ[縦11㎝×横19㎝×マチ5,5㎝]¥70,000(税抜)

■4:ステファニア・サンドレッリのレオパードにインスパイアされた「デュオ メトロポリタン S」

ステファニア・サンドレッリがレオパード柄のバッグを持っている姿から発想を得て作られた、レオパードのヘアポニーに赤いセンターラインが目を引く「デュオ メトロポリタン S」。これだけで暗くなりがちな冬のスタイリングがクールに仕上がること確実です。

ジャケットにレオパード柄バッグを斜めがけする、ステファニア・サンドレッリ
バッグ[縦19㎝×横27㎝×マチ13㎝]¥128,000(税抜)

以上、ザネラートの特別なコレクションDIVINE(ディバイン)のバッグを4型、ご紹介しました。

どのバッグもブラックベースでありながら、大人の女性のおしゃれを一段とクラスアップしてくれる華やかな存在感が魅力です。気になる方はぜひ、東京ミッドタウン店、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、SIXIEME銀座店の直営店をのぞいてみてください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
松崎のぞみ