マノロ ブラニクのパンプス

スペイン人の母とチェコ人の父のもと、スペインのカナリア諸島で生まれたマノ口・ブラニクは、スイスのジュネーブ大学でアートと語学を学んだ後、1965年にパリへと拠点を移し、舞台デザイナーになることを決意。1970年にニューヨークを訪れた際、アメリカンヴォーグの編集長であったダイアナ・ヴリーランドに作品を見せたことがきっかけとなり、靴の創作に専念することに。

以降ブラニクは1971年にロンドンに移り、オジー・クラークのショーでシューズデザインを手がけたことでキャリアを開花、1973年にロンドンのチェルシーに1号店となるシューズショップを開きました。

そして2016年、40年のキャリアを通じて世界で最も影響力のあるシューズデザイナーのひとりとなったマノ口・ ブラニクが、8月26日、ついに日本にもショップをオープンさせました。

日本初となるショップインショップが誕生したのは、松屋銀座2F。「ニック・レイススミス・アーキテククチャー&デザイン」による、“日本の匠”を斬新に解釈した、これまでにないコンセプチュアルなショップになっています。

同時期に伊勢丹新宿店2階、阪急うめだ本店4階でもコーナー展開がスタート。

各ショップでは大人気の定番シリーズをはじめ、季節の新作を幅広くラインナップ。

マノロブラニクの靴 HILARIA

2016年秋冬のテーマのひとつでもある「アート」を表現したコレクションは、パブロ・ピカソの彫刻『カジミール・マレーヴィチ』の抽象絵画にインスパイアされた、カラフルで楽しいなシューズがそろいます。

もうひとつのテーマである「イヌイット」は、矢のような三角モチーフ、シープスキンのライニングなど先住民族特有のディティールをマノロ ブラニクらしいモダンなスタイルに落し込んだコレクション。

高いデザイン性と優れた技法から、ラグジュアリーな世界を生み出し続けるマノロ ブラニクから目が離せません。

問い合わせ先

  • ブルーベル・ジャパン(ファッション事業本部) TEL:03-5413-1050
この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.8.25 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
文/渋谷香菜子