美容賢者が効果を実感! 「エイジングケア・コスメ」の真名品

着実に美しさを積み重ねていくには、慣れ親しんだコスメに固執することなく、最新ワザで加齢トラブルの原因を抹消していく…。肌老化に立ち向かうにはこの方法しかありません。そのためには、どのコスメでどう対処するべきか──。

コスメの知識が豊富なベテラン美容賢者と名品&新名品コスメを選び出し、もう一度ふるいにかけ、今、最も勢いがあり老化対策に特化した「真実の名品」を選定しました。

その中から今回は、ビューティエディター・近藤須雅子さんが選ぶ「たるみ対策」の真名品と新名品をご紹介します。

【たるみ対策の真名品】ハリづくりに真摯に取り組んだ、美容医療超えのリフトアップ美容液

「エイジレス美女が激増」している要因は真名品の増加にあり

エイジングサインのなかでもいちばん憎らしいのが、顔全体の印象をぐっと老け込ませる「たるみ」です。一度、伸びきってしまった皮膚をスキンケアだけで引き締めるのは困難だし、ほうれい線やゆるんだフェースライン等はメイクでもカバーは難しいもの。唯一の解決法は、フェースリフト手術をはじめとする美容外科施術だなんて、やりきれません。

ところが医療技術の目覚ましい進化によって、ついにこの最大の難問にも解決の糸口が見えてきました。例えば、再生医療技術を応用したクレ・ド・ポー ボーテのハリ美容液「セラムラフェルミサンS」や、遺伝子研究の成果を駆使したエスティローダーのリフトアップ美容液「リニュートリィブ ダイヤモンド デュアル セラム」など、先進テクノロジーを駆使した名品が続々と誕生しています。

いずれも皮膚細胞の再生を促し、たるんだ肌をピンッとハリのある新しい肌に仕立て直すという、最先端のアプローチ。翌朝には、細胞ひとつひとつがぎゅっと密度を高め、弾力感を増した手応えも、これまでにない頼もしさです。

現状ではまだ「時間を巻き戻して、たるんだ皮膚をきゅっと引き締める」というわけにはいきませんが、「たるみの進行を限りなく遅くする」ことはすでに十分可能です。

驚異的なエイジレス美女が激増しているのも、こうした強力な名品の増加ゆえでしょう。もちろん、本格ジワにも高い効果を発揮するので、総合エイジングケアとしても日々のルーティンに組み込みたいものです。

■1:美容医療発想で土台を強化し、表皮のハリづくりはコルセット並みの逸品!「クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS」

美容医療の技術に着目し、真皮やその奥にある皮下組織にまでアプローチする、新知見を採用。さらに加齢でゆるみ伸びた表皮をやわらかなコルセットで覆うように引き締めるポリマー入りなので、即座にキリッと引き上がるのも魅力。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS 40g ¥30,000(医薬部外品)

【使用手順】
朝晩の化粧水のあとに手のひらにディスペンサー2回押し分をとり、顔全体になじませる。フェースラインを引き上げるように塗布すると効果倍増。

【たるみ対策の新名品】次のステージは難関だった目元のハリ対策「クレ・ド・ポー ボーテ クレームイユー レジェネランS」

  • 資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ クレームイユー レジェネランS 15g ¥25,000(3月21日発売・医薬部外品)
  •  

老化因子の産生を抑制し、老化の伝播を止めることで真皮を活性化。シワ、たるみをケアしてハリのある目元に改善。クマ対策にも有効なマッサージャー付き。

問い合わせ先

■2:肌の長寿遺伝子に働きかけて活性化。老化の兆候を打ち消す、「エスティ ローダー リニュートリィブ ダイヤモンド デュアル セラム」

2種の液が混ざり合うデュアルタイプで、ゴールドのバイアルは希少なブラック ダイヤモンド トリュフ エキスがメイン成分。細胞エネルギーを高め、再生能力が復活。プラチナのバイアルはくすみを飛ばして肌を磨き上げる成分入り。エスティ ローダー リニュートリィブ ダイヤモンド デュアル セラム 25ml ¥48,000

【使用手順】
朝晩の洗顔後に使用。手のひらに適量をとり、2種のフォーミュラをよく混ぜてから、目の周りを避け、顔全体に優しく塗布。最後にクリームを重ねる。

【たるみ対策の新名品】同様の美容成分入りのリッチクリームが新登場「エスティ ローダー リニュートリィブ ダイヤモンド リッチ クリーム」

  • エスティ ローダー リニュートリィブ ダイヤモンド リッチ クリーム 48g ¥50,000

細胞のエネルギーを高めるブラック ダイヤモンド トリュフ エキスに加え、最先端のエイジングケア成分を配合。コラーゲン生成力を高めて、肌密度がアップする濃密クリームです。

問い合わせ先

※掲載した商品はすべて税抜です。 

この記事の執筆者
TEXT :
近藤須雅子さん 美容エディター
BY :
『Precious2月号』小学館、2019年
多くの媒体で美容記事に携わり、特にスキンケアの知識に定評あり。本質を見抜く審美眼で“美容業界の番人”といわれるほど。 好きなもの:果物なんでも(特にリンゴ。梨は20世紀)、京都、ローリング・ストーンズ、サム・クック、美術館通い、メイシー・グレイ、和裁、筋トレ、ビル・ナイ(『パイレーツ・ロック』『ラブ・アクチュアリー』) 、ティルダ・スウィントン、茶道、文庫本、デパート、編み物、コーヒー 、ヨガ、化粧品、スキー、縫い物
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)