2019年1月14日(月)、スイス・ジュネーヴで始まった時計の祭典、SIHH(SALON INTERNATIONAL DE LA HAUTE HORLOGERIE)。カルティエやジャガー・ルクルトを擁するリシュモングループ、エルメスやオーデマ・ピゲといったラグジュアリーブランドが、今年の新作時計を発表する催しです。

第2弾のレポートとなる今回は、大人の女性の最愛ウォッチブランド「カルティエ」の新作をご紹介します。

女性にとって特別な存在、「パンテール」と「ベニュワール」の新作を速報!

SIHH2019、カルティエのブース

『パンテール ドゥ カルティエ』と『ベニュワール』――カルティエのエレガントな腕時計のなかでも、このふたつのコレクションは、大人の女性にとってきっと特別な存在ではないでしょうか?

2019年、カルティエはこの2大名品ウォッチを、一方は進化させ、一方は原点に立ち返り、「伝統と革新の両立」を見事に体現しました。

カルティエが誇る名品ウォッチ「パンテール」

1980年代に登場した『パンテール ドゥ カルティエ』。フランス語で「豹」を意味するその名の如く、華奢でしなやかなブレスレットや、シンプルでいながら官能的なフォルムで、世界中の女性を魅了。'80年代の華やかなムードとともに人々の記憶に鮮烈な印象を刻み、やがて伝説となりました。

その伝説が現代に甦ったのが2017年。そう、2年前のこのSIHHは、『パンテール ドゥ カルティエ』が話題をさらいました。

SIHH2019年の初日に開催されたプレスカンファレンスでの発表によると、『パンテール ドゥ カルティエ』の販売数は、全世界で日本が最も多かったそう。日本の女性たち、とりわけ40代・50代の女性がどれほどこの時計の復活を渇望していたのかが表れています。

SIHH2019、カルティエのプレスカンファレンスの様子

今年はそのレジェンドに、グラマラスなボリューム感のカフ ウォッチと、その対極ともいえるミニ ウォッチが新たに加わりました。さらに、ミニ ウォッチには待望のステンレススチールモデルもラインアップ。目移りしてしまいそうなほど豊かにそろったバリエーションが、女心を甘く誘惑してきます。

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ

幅31㎜のグラマラスなブレスレットに、アシンメトリーにケースをあしらった大胆なクリエーション! このカフタイプのモデルはほかに、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、ブラックラッカ―を随所にあしらったモデルなど、全部で6バリエーションで展開。
●時計『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』¥4,080,000(予定価格) ●ケース:イエローゴールド ●ケースサイズ:縦22×横19㎜ ●ブレスレット:イエローゴールド ●クオーツ ※2019年9月発売予定 Maud Remy-Lonvis © Cartier
ミニサイズでしかかなわない、儚いほどのフェミニンさ。それでいながら、強い意思もあわせもつ美しい二面性を秘める。
●時計『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』¥2,680,000(予定価格) ●ケース:ピンクゴールド ●ケースサイズ:縦25×横21㎜ ●ブレスレット:ピンクゴールド ●クオーツ ※2019年6月発売予定 Maud Remy-Lonvis © Cartier
●時計『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』¥4,470,000(予定価格) ●ケース:ピンクゴールド ●ケースサイズ:22×19㎜ ●ブレスレット:ピンクゴールド ●クオーツ ※2019年9月発売予定
●時計『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』¥370,000(予定価格) ●ケース:ステンレススチール ●ケースサイズ:25×21㎜ ●ブレスレット:ステンレススチール ●クオーツ ※2019年6月発売予定

カルティエから届けられたサプライズ、「ベニュワール」との再会!

懐かしい! 『ベニュワール』を見た大人の女性の多くは、そう感じるはずです。1906年にファーストモデルがデザインされた、ふくよかな楕円形フォルムのこのモデルは、まさにカルティエのエレガンスを象徴する時計として女性たちの憧憬を集め続けてきました。

特徴的なケースフォルムから、「西洋浴槽」を意味する『ベニュワール』と名付けられたことは、カルティエを愛する女性たちにとっては基礎知識かもしれません。

誕生から1世紀を経て、2009年には、基本的なフォルムやディテールを継承しながらも、より現代のムードに寄り添うモダンさを兼ね備えた現モデルへ。その雰囲気を新たにしました。ただ、あまりにもファーストモデルの印象が強かったせいでしょうか? クラシカルな佇いのオリジナルデザインに思いを寄せ続けている女性にとっては、ファーストモデルに対して慕情が募っていきました。

そんな女性に、カルティエは、オリジナルデザインを忠実に再現した『ベニュワール』との再会というサプライズをプレゼント。

世紀を超えても褪せるどころか、今、改めてそのエレガンスが冴えわたるのは、誕生当時のデザインがすでに完璧であり、完成されていたから。

『ベニュワール』から派生し、伝説のモデルとなっていた『ベニュワール アロンジェ』とともに、女心を激しく揺さぶります。

ベニュワール ウォッチ

2009年から展開している現モデルよりも、ケースがふくよかで、インデックスもほんの少し太い印象。そんな細やかなディテールの妙が、至高のクラシカルエレガンスを構築する。
●時計『ベニュワール ウォッチ』¥1,190,000(予定価格) ●ケース:イエローゴールド ●ケースサイズ:縦32×横26㎜ ●ストラップ:アリゲーター ●クオーツ ※2019年4月発売予定 Maud Remy-Lonvis © Cartier
●時計『ベニュワール ウォッチ』¥3,700,000(予定価格) ●ケース:ホワイトゴールド ●ケースサイズ:縦32×横26㎜ ●ストラップ:アリゲーター ●クオーツ ※2019年4月発売予定
縦長のオーバルシェイプのケースと、デフォルメされたローマ数字のインデックスが奏でるアートのようなコントラスト。立体的なベゼルに流麗に配したダイヤモンドセッティングの高度な技術力が光ります。
●時計『ベニュワール アロンジェ ウォッチ』¥4,170,000(予定価格) ●ケース:イエローゴールド ●ケースサイズ:縦47×横21㎜ ●ストラップ:アリゲーター ●手巻き ※2019年4月発売予定 Maud Remy-Lonvis © Cartier
今回、このMMと、ひと回り大きいXL(縦52×横23㎜)の2サイズ、全部で10バリエーションで展開する『ベニュワール アロンジェ ウォッチ』。特筆すべきは、すべて自社製手巻きムーブメント「1917MC」を搭載している本格時計の顔もあわせもつという点。ムーブメントもケース形状に沿うトノ―型で、至高のエレガンスが内面から漂います。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿