贅沢なオールファーのコートから、取り外し可能なファー襟付きのコートまで、この冬いちおしのファーコートを一挙にご紹介します。さらに、海外セレブのファーコートの着こなしもチェック!

【目次】

この冬着たいファーコートコーデ


【1】クルチアーニのグレーファーコート×グレーパンツ

【1】クルチアーニのグレーファーコート×グレーパンツ
コート(クルチアーニ銀座店)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

冬のカジュアルシーンで選びたいのは、軽やかなラムファーのコート。スタンドカラーや淡いブルーのカラートーンが、従来のファーコートにはない、フレッシュなムードをつくり出してくれます。シルバーの小物をプラスし、キレ味よく仕上げましょう。

【2】ブランカのグレーファーコート×イエロースカート

【2】ブランカのグレーファーコート×イエロースカート
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、スカーフ(モワナ メゾン GINZA SIX)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ファーコートの下に、鮮やかな黄色でコントラストを効かせたコーデ。注目を集めたいときにぴったりなスタイルです。

【3】ブランカのグレーファーコート×白ブラウス

【3】ブランカのグレーファーコート×白ブラウス
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ストール(ebure〈ebure〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

3種類のファーを組み合わせたコートはそれだけで絵になる存在。ふんわりと肩にはおり、颯爽と歩きましょう。インはクリーミートーンで清潔感を意識するのがポイントです。

【4】ブランカのグレーファーコート×白ローゲージニット

【4】ブランカのグレーファーコート×白ローゲージニット
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

週末でもエレガンスを意識して、ローゲージニットとコットンパンツという休日カジュアルに、ファーコートをまとい大人の迫力を授けましょう。

【5】ブランカのグレーファーコート×グレーニット

【5】ブランカのグレーファーコート×グレーニット
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

週末でもエレガンスを意識して、ファーコートをまとい大人の迫力を演出。靴やバッグで辛口に仕上げましょう。

【6】マックスマーラのピンクファーコート

【6】マックスマーラのピンクファーコート
コート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

一瞬にして心に華やぎをもたらすピンク色のコートは、アルパカ混の生地を丁寧にシェアリングしてファーのように仕立てたもの。はおった瞬間、体が包み込まれるエアリーな着心地にうっとり。ドロップショルダーや大きめのラペルカラーがモダンな印象を与えてくれます。

【7】ドゥロワーのキャメルファーコート×白プリーツスカート

【7】ドゥロワーのキャメルファーコート×白プリーツスカート
コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、コートのスカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

淡い色調のミンクファーは、フェミニンスタイルによく似合います。洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。主役のアウターは、ショート丈で軽快な着こなしが楽しめるファーコートです。

ファー襟付きコートコーデ


【1】ムーレーのグレーファー襟付きコート×黒パンツ

【1】ムーレーのグレーファー襟付きコート×黒パンツ
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

初上陸のイタリアのアウターブランド・ムーレーで買ったばかりのインナーダウン&ファー付きカシミヤコートを主役に。防寒とリュクスな着こなしが両立する一着で、湖畔の散歩もおしゃれに、快適に過ごせます。

【2】和光のグレージュファー襟付きコート×グレーパンツ

【2】和光のグレージュファー襟付きコート×グレーパンツ
和光のコート・クルチアーニのニット・ペセリコのパンツ・リンドバーグのサングラス・ブチェラッティのイヤリング・リング・マウロ・ゴベルナのバッグ(和光)、靴/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

高級感あふれるグレージュのコートは、肌映りがいいアイボリーのタートルニットを合わせて、女性らしく清潔感が香る着こなしに。取り外し可能で便利なボリューム感あるフォックスファーが、顔周りを華やかに演出してくれます。

【3】ファビアナフィリッピのグレージュファー襟付きコート×グレーパンツ

【3】ファビアナフィリッピのグレージュファー襟付きコート×グレーパンツ
取り外し可能なファー襟付きウールカシミヤ混のコート・ニット・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男前なチェスターコートを、グレージュで女らしいスタイルに。今年らしい着こなしは、トーンの幅を広げながら、ファー、カシミヤ、レザーのさまざまな質感で表情豊かに盛り上げることです。

【4】ブランカのグレーファー付きコート×白パンツ

【4】ブランカのグレーファー付きコート×白パンツ
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、カシミヤニット(トラデュイール)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント・バングル(ラリック銀座店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ファーの毛並みは、色味にニュアンスをつけてくれるもの。異なる質感のファーを重ねることで、グレージュの着こなしがさらに表情豊かになります。淡いグレーのムートンにグレージュのミンクを重ねたコートは、それひとつで圧倒的なオーラを放ちます。黒のレザーベルトとブレスレットで、淡色コーディネートをキュッと引き締めましょう。

海外セレブのファーコートコーデ


【1】黒ファーコート×黒パンツ

【1】黒ファーコート×黒パンツ
Rosie Huntington-Whiteley(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー) 撮影/©Afro BY:『Precious1月号』小学館、2019年

L.A.から英ヒースロー空港に到着したロージーはグレーのファージャケットでリッチな着こなしに。色味を抑えたぶん、ゴールドのスウィングピアスで顔周りに華やぎをプラス。パンツとブーツの色をブラックでつなげて、美脚をさらに強調することで、シンプル美が引き立つ冬のスタイルを完成させています。

ファーコートコーデの関連記事