禁煙トレンドで肩身が狭いかもしれないが、だからこそ愛煙家はよりシガーアイテムにこだわりたい。木目調の渋い木箱は“らしく”て良いが、エレガントな「ディオール メゾン」のシガーボックスの方が伊達男にふさわしい。

調度品にもこだわるのが紳士である!

貴族的な装飾が施された工芸品とも呼べる愛煙グッズ

シカモアのボディにボタニカル模様が象嵌されている。クチュールらしいゴールドのボタニカル模様が象嵌されたボディがエレガント。42×28×6cm。¥620,000(税抜き)※色・柄違いのグレーが現在販売中

「ディオール メゾン」はアール・ド・ヴィーヴル(ライフスタイル)コレクション。シガーボックスはデザインのみならず機能も充実。保湿ボックス、湿度計が付いており、葉巻を新鮮な状態に保つ。シカモアが湿気を外に逃さない。大事なコレクションの保管に最適だ。

想像してみてほしい。このボックスが宝石箱のように書斎に佇んでいる様子を。そしてこれを開き、クラシック音楽に耳を傾け、シガーを燻らす時を。極上と言わずして何と表現しようか。

創業者であるクリスチャン・ディオールは「自分自身の個性を反映しない家に住むことは、他人の服を着ているようなものだ」と話している。身の回りのものにこだわらなければ真の紳士とは言えない。このムッシュ・ディオールの精神を宿した、シガーケース。キム・ジョーンズ手掛けるメンズラインとともにそろえてみないか?

ギンザシックスに入るハウス オブ ディオール ギンザで販売中だ。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク