毛穴汚れの原因や、正しいケア方法、また毛穴詰まりをスッキリ洗い上げてくれる、おすすめのクレンジングアイテムまで、毛穴汚れ対策を一挙にまとめました。いつものケアやクレンジングアイテムの見直しに、ぜひお役立てください。

【目次】

毛穴汚れをごっそり落とすおすすめのクレンジングとその方法


シュウ ウエムラの「フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル」

■シュウ ウエムラの「フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル」
フレッシュ クリア サクラ クレンジング オイル 150ml ¥3,000・450ml ¥8,000

毛穴の汚れやテカリの根本原因にアプローチすべく、新たに配合されたのが最小分子のオイルです(ロレアルグループ製品内)。毛穴の奥まで素早く入り込み、つまりや角栓を洗い上げます。ロングラスティングやウォータープルーフタイプのメイクもするんとオフできるのもうれしいポイントです。

また、日本の八重桜から抽出した貴重なエキスを贅沢に配合。キー成分となるのは、春の開花時わずか1~2週間の間しか採取できない八重桜の花びらから抽出した独自の「サクラ ペタル エキス」と、日本産金沢桜の酵母を使って発酵させた酒粕から抽出した「サクラ サケ エキス」。この両成分が、毛穴トラブルの根本原因となる常在アクネ菌・ポルフィリンに働きかけます。

さらには、肌のターンオーバーを促し不純物の蓄積も抑えます。メイクをオフするだけでなく、日中を通してクリアな肌を叶えてくれます。

サクラの香りで毛穴トラブルを解決!シュウ ウエムラの新作クレンジングがすごい

ディオールの「プレステージ ル バーム デマキヤント」

■ディオールの「プレステージ ル バーム デマキヤント」
プレステージ ル バーム デマキヤント 150ml ¥10,500

こちらのプレステージ ル バーム デマキヤントは、ローズワックスが配合され、生まれたてのバラ色の素肌に導いてくれる、新しいクレンジング。

肌になじませると、とろけるようにオイル状に変化。肌に素早くなじむので、キメや毛穴の奥の汚れやカバー力のあるメイクもしっかり落としながら、肌をなめらかに整えてくれます。洗った後もベタつかず、心地よい洗い上がりです(最後は少量のぬるま湯でオイルを乳化させてから、洗い流します)。

とろけるようなバラ色のバームは、蓋を開けた瞬間にみずみずしいローズの香りが広がり、疲れた心を癒やしてくれることでしょう。

これで顔を洗えば生まれたてのバラ色肌に!ディオールのクレンジング「プレステージ」3選

毛穴の汚れをオフするクレンジングバームを使ったステップ

全顔用にさくらんぼ大を手にとる

使用量の目安はさくらんぼ大。[Precious2018年8月号173ページ]  
使用量の目安はさくらんぼ大。[Precious2018年8月号173ページ]  

全顔用にさくらんぼ大の量を、スパチュラを使って手のひらにとる。製品によって使用量は異なることがあるので、説明書を参考に、一度確認してください。

今度は、手のひら全体に、指の腹全体でバームをのばして広げ、準備をしておく。
今度は、手のひら全体に、指の腹全体でバームをのばして広げ、準備をしておく。

目元以外の顔全体にのせる

優しくなじませる。[Precious2018年8月号173ページ]  
優しくなじませる。[Precious2018年8月号173ページ]  

アイメイクは別で落とし、目元を避け、顔全体にまずはのせてなじませる。この段階でなじんだと思って終わりにしている人がいるので注意して!

小さくクルクルさせながらメイクとよくなじませる

くるくるマッサージしながらなじませる。[Precious2018年8月号173ページ]  
くるくるマッサージしながらなじませる。[Precious2018年8月号173ページ]  

小鼻は上下に小さくスライドさせる

上下にスライドさせる。[Precious2018年8月号173ページ]  
上下にスライドさせる。[Precious2018年8月号173ページ]  

小鼻の角栓やザラつきが気になる場合は、小さく指を上下させながら、バームを毛穴に入れ込むようにスライドさせてなじませましょう。

小鼻のほかにザラつきやすいのがあご。あごは小さくクルクルしながら、バームをよくなじませておいて。
小鼻のほかにザラつきやすいのがあご。あごは小さくクルクルしながら、バームをよくなじませておいて。

フェースラインも忘れずにのばしてなじませる

フェースラインも忘れずに。[Precious2018年8月号174ページ]  
フェースラインも忘れずに。[Precious2018年8月号174ページ]  

ファンデーションを塗るときに、首との境目ができないようにのばすことが多いので、忘れずにフェースラインの裏側までバームもしっかりなじませておきます。

\クレンジングバームの最後は洗い流すタイプと拭き取りタイプでふた通りに!/

[洗い流すタイプ]よく乳化させてから十分に洗い流して

しっかり洗い流す。[Precious2018年8月号174ページ]  
しっかり洗い流す。[Precious2018年8月号174ページ]  

クレンジングオイルのように、少量の水で乳化させてから、洗い流していく。髪の生え際やあごの裏側なども洗い残しがないようにチェックを忘れずに。

洗い流すタイプのバームは、少量の水で乳化させてから洗い流す必要が。肌が上の写真のように白くなってから流して。
洗い流すタイプのバームは、少量の水で乳化させてから洗い流す必要が。肌が上の写真のように白くなってから流して。

[拭き取りタイプ]ホットタオルでこすらないように優しく拭き取る

少し肌にのせて蒸らしてから優しく拭き取る。[Precious2018年8月号174ページ]  
少し肌にのせて蒸らしてから優しく拭き取る。[Precious2018年8月号174ページ]  

コットンのタオルでホットタオルをつくり、少し肌にのせて蒸らし、バームと汚れをタオルにある程度移してから、優しく拭き取ります。ここでこすらないように注意して。

熱めのお湯に浸したタオルを軽く絞って、ホットタオルをつくる。クレンジング前に準備しておいて。
熱めのお湯に浸したタオルを軽く絞って、ホットタオルをつくる。クレンジング前に準備しておいて。
ホットタオルで肌を蒸すと、毛穴が開き、しっかり汚れを拭き取ることが可能に。また、バームのケア成分の浸透にも役立つ
ホットタオルで肌を蒸すと、毛穴が開き、しっかり汚れを拭き取ることが可能に。また、バームのケア成分の浸透にも役立つ
柔らかく、心地いい肌当たりのクロス。 オーガニック モスリンクロス¥1,500(アットスター オーガニック ファーマシー)
柔らかく、心地いい肌当たりのクロス。 オーガニック モスリンクロス¥1,500(アットスター オーガニック ファーマシー)

肌がしっとり、くすみも解消!クレンジングバームの使いこなし術10ステップ

毛穴汚れの原因や正しいスキンケア方法


毛穴に悩む人は油分調整が大切

\お話を伺ったのは・・・/

本田えりさん
美容皮膚科タカミクリニック 医師
(ほんだ えり)スキンケア指導も含めた診察が人気。

\専門医に学ぶ、毛穴悩みを制する正しいケア方法/

—30〜40代では特に、どのような毛穴悩みが多いのでしょうか?
「一番は、毛穴のたるみですね。30〜40代は、若いころに比べて皮膚の新陳代謝が低下し、角質層の生成がうまくいかずに毛穴が開きっぱなしになりがちです。それが進行して、たるみになってくるんです。鼻に特化すると、黒ずみと開きがミックスしたお悩みが多いですね。
これまでにどのようなスキンケアをしてきたかということが、肌の変化となって如実に現れてくるのが40代前後です。加えて、たるみやシワといったエイジングのお悩み重ねってきますね」
—なるほど。これまでの積み重ねなんですね。
「そうなんです。無意識的にこするようなお手入れや、ベリベリっと剥がすシートタイプのものは、やはり刺激となるので影響が出てきますね。あとは紫外線をどれだけ浴びてきたか、ということも毛穴の開きにつながってきます」

\肌状態を知って、ぜひスキンケアの油分調整を/

—毛穴で悩む時、避けるべきスキンケア方法はありますか?

「カバー力が高く密着性が強いファンデーションや、クリームファンデーションなどの油分の多いアイテムが、毛穴つまりの原因になることがあります。スキンケアも同じです。クリームをたっぷり1年中使っている方は、その油分が毛穴に残りやすくなる可能性が。毛穴に悩む方は、油分よりも水分を補給することを重視して、季節や肌状態に合わせて油分調整をするのがおすすめですよ」

—自宅でのスキンケアで、心がけることはありますか?
「アレルギーがないならば、弱いピーリングで肌を整えるのは有効です。摩擦の心配のない、塗るだけで角質ケアができるものがいいですね。クリニックでもピーリングは、20種類ほど用意しています。併せて、ビタミンCも積極的に取り入れたい成分ですね。ビタミンCは、毛穴の引き締めのほか、過剰な皮脂の分泌や酸化防止、コラーゲンの生成もサポートしてくれます。
避けていただきたいのは、スクラブや剥がすパック、拭き取り化粧水といった、肌に負担をかけるもの。肌を傷めて、赤みや乾燥を引き起こしてしまうこともあります。紫外線ケアは、言わずもがなですね。皆さんきっとこまめにUVアイテムを塗っているかと思います。毛穴のみならず、シミや肌のハリ全体にも悪影響ですから、1年中通して紫外線ケアは行ってくださいね」
—ベースメイクでのアイテム選びはいかがでしょう?
「テカリを抑えてくれるような専用の毛穴カバー下地や、『24時間落ちない!』と謳っているアイテムは、肌に優しいクレンジングでは落とし切れないことがあります。そうなると、洗浄力の強い石油系のクレンジングを使わざるを得なくなりますよね。
そうすることで、必要な角質を傷つけバリア機能を損ない、結果として毛穴を悪目立ちさせてしまっている方も少なくありません。すべてが一概にNGというわけではなく、賢いアイテム選びと、使う頻度を考えながらお手入れをしていただけたらと思います」
—落とすケアは、とても重要なんですね。
「そうですね。洗い方に関して言えば、強すぎないクレンジングを選び1分間以内に落とす、ということをおすすめしています。洗顔フォームは30秒以内に洗い流して、マッサージをしないことです」

\クレンジング&洗顔は、やり過ぎ注意!/

—本や美容雑誌でクレンジングしながらマッサージしましょう。と書いてあるのを見たことがあります。
「そうですね。お風呂の中で念入りにメイクを落としながらするマッサージは、湿度でやわらかくなった毛穴に対して摩擦になってしまうんです。それが肌を傷める一因にもなります。
ですから、クレンジングは、40秒〜1分くらいを目安に。それで落ちないメイクは、密着性の高いもの。しっかりとしたメイクを落とすために刺激の強いクレンジングを探すより、ベースメイクから変えてみるのも手だと思います」
—朝の洗顔はいかがでしょうか。水だけで済ます、という声もよく聞きます。
「その前の晩、どのようなスキンケアをしたかにも依るかと思います。油分の多いクリームを使っているならば、水だけで済ますのはおすすめしません。肌に油分が残ったままだと化粧水などが浸透しませんから、優しい洗顔フォームで洗っていただくことも大切です。
肌が極端に乾燥していたり、つっぱっている人は、改善するまではぬるま湯のみの洗顔で良いかと思います。誰かにとって良いお化粧品が、自分にとって良いとは限りません。肌状態を見て、『やり過ぎない』ということも意識してみると良いかもしれませんね」

あなたの毛穴ケアは大丈夫?専門医に学ぶ「正しいスキンケア」

※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。