主義主張も人それぞれであるが、個性的なファッションアイムで自分らしさを主張するのであれば、スニーカーがいちばんだろう。それが信頼できるブランドのものであれば、なお良い。

「それ、どこの?」って聞かれた時に、ブランドのものであればちょっと自慢もでき、自身のセレクト力の自信にもつながるからだ。同じスニーカーを探すなら、とことん自分らしさを追求するのがファッションの醍醐味である。まさにそんなブランドが、ここで紹介するドルチェ&ガッバーナだ。目移りしてしまうほどバラエティに富んだモデルを紹介する。

カラーはシックに、デザインで遊ぶのがドルチェ&ガッバーナ流

オリジナリティ性が高いレザースニーカー「DG メルト」

スニーカー¥92,000(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)

一見するとプレーンなレザースニーカーのような雰囲気だが、ソールにご注目。実はこれ、液体のポリウレタンを手作業で浸し乾燥させる、それを何度も繰り返し作業すると実に手の込んだスニーカーなのだ。職人ひとりひとりの手作業のため、オリジナリティ性が高い。ドルチェ&ガッバーナらしい、伝統のクラフトマンシップと革新性の融合が巧みに表現されたスニーカーだ。

愛嬌のあるソックススニーカー「ソレント サッカー」

スニーカー¥95,000※予定価格(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)

ヴィンテージのサッカーユニフォームからインスパイアされた新モデルが登場。スポーツソックスのような履き口と細かなシャークソール、アッパー部分に大胆に施されたブランドロゴなど、スポーティな要素が盛り込まれたスニーカーだ。軽量に加え、ソックススニーカー特有のフィット感の高さは一度履いたらクセになってしまうほど。

今期一番の注目株! ダッドスニーカー「スーパー キング」

スニーカー¥105,000※予定価格(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)

この存在感がどのブランドのスニーカーにも引けを取らないその名も「スーパー キング」。しかし意外にもアッパーはベーシックなスニーカー顔。ソールの独特なデザインとボリューム感が特徴的なスニーカーだ。オールホワイトのクリーンなスニーカーだから意外にも履きやすく、合わせやすい。

以上、ドルチェ&ガッバーナのスニーカーを紹介した。各々が突出したオリジナリティあるスニーカーは、一度見たら忘れられないスニーカーになること間違いなし。足元を主役にするときは、シンプルなコーディネートを心がけよう。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊