ブルネロ クチネリのスニーカーは、レトロな顔つきでスポーティー、そして何より上品な色使いがいい。デザインではどこのブランドかわからないかもしれないが、その洗練された色使いにブルネロ クチネリらしさをきちんと感じ取れる。せっかく履くのなら、大手量販店ですぐに手に入るようなスニーカーではなく、こんなきちんとしたスニーカーの方が長く愛用できるってもんだ。今回はそんなブルネロ クチネリのスニーカーを紹介する。

カジュアルに履きこなしたい上品なスニーカー

2019年春夏コレクションの中で最も軽いスニーカー

スニーカー¥110,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

2019年SSコレクションのモデルの中でも、最も最軽量なのがこのレザースニーカー。インには薄くレザーとコットンのライニングを施し、足入れしたときのリラックスしたフィット感がたまらなく気持ちいい。両サイドに施したさりげないブローギングが、シンプルな表情にエレガントさがほんのり加わった大人らしいスニーカーだ。

淡い色使いがブルネロ クチネリらしいスニーカー

スニーカー¥118,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

クラシックなランニングシューズをモデルベースとしたメッシュ×スエードの清涼感あふれるスニーカー。柔らかいウォッシュドスエードは足馴染みがよく、その履き心地だけでなく見た目にも柔和な印象が良い。サイドから見たときのアウトソールからミッドソールへのカラーグラデーション、異なる素材感も注目のディテールだ。

カラーグラデーションを活用したブルネロ クチネリのカジュアルコーデ

スニーカーは上に同じ。ベスト¥250,000・ニット¥98,000・シャツ¥70,000・パンツ¥98,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

スポーティーなベストとチルデンニット、イージーなパンツと全体的にアイテムはカジュアルだが、だらしなく見えないのがブルネロ クチネリ。落ち着いたカラーグラデーションはスポーティーな装いを格上げしてくれます。あえてカットソーではなく、襟付きのポロシャツを選んだのもポインドだ。スニーカーもコーディネートのトーンに合わせ淡い落ち着きあるベージュのスニーカーをチョイス。

以上、ブルネロ クチネリのスニーカーを紹介した。卓越した素材使いと色使いはこのブランドが最も得意とするところ。スポーティーなスニーカーでも、上品に見えるのはそんなブランドだからだ。もちろんスニーカーとしての履き心地は言うまでもないのでぜひ試してみるべし。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊