冬の間、つい手に取ることの多くなる黒アイテム。
気がつけば、全身が黒一色になることもしばしばです。
でもこの「全身黒」…地味、怖い、無難etc.と
つまらないコーディネートになる危険性もはらみます。

ブルゾンはファー、ベルトはエナメルで素材感の異なる「黒」を重ね合わせ

靴はプラダのメイド・トゥ・オーダーでつくったもの。モデル、素材、色を自分好みに選ぶことができるので、同じフラットで黒もオーダーしてしまいました。ファージャケット/ミカコ ナカムラ ニット/グッチ パンツ/バーニーズ ニューヨーク 手袋/Sermoneta gloves バッグ/Sans Arcidet

そこでまずは全身黒とはいえども
ブルゾンにファー、ベルトにエナメルと
素材の異なる黒アイテムを選んで、
単調に見えないように工夫をしてみました。

さらにこの日は、セミオーダーでつくった
赤のフラットシューズをデビューさせてみました。
それに合わせて、手袋も赤に…。
この小さな分量の赤が、全身黒のアクセントとして
予想以上に効果を発揮してくれたと思います。
たとえて言うなら、普段着に赤の口紅をつける感覚。
それだけで“おしゃれしている感”が出るから不思議です。

【エディターJ、春ジャケットをオーダーしに行く】

ちなみにこの日にお目にかかった方から、
「素足ですか? 寒くないですか?」と驚かれました。
最高気温の予報が8℃と出ていた日ですから
さすがに素足ではありませんでした。
「ストッキング、はいているんですよ」とお答えしたところ
「どこのですか?」とのこと。
そこで素足に見えるストッキング(私の場合)を
ご紹介したいと思います。

素足にパンプスを履く日は、透明度の高いストッキングで

右がこの日にはいていたランバン コレクション。左が同じく自分の肌色にぴったりなことから愛用しているエクスエール アルティメットヌード。どちらも極薄でてかりがなく、素足以上にきれいな肌に見せてくれる逸品です。

まさにこの日にはいていたのが
自分の肌色に最も合っていることから愛用してやまない
ランバン コレクションの「ボレーヌ」という色。
圧倒的な透明感で、足の静脈まで透けて見えるから
ストッキングの存在感をまるで感じさせません。
もう一足がエクスエールの「コスモブラウン」。
ランバンのものはつま先とかかとに補強が入っていますが、
こちらはつま先のみで、かかとはスルー。
バックストラップのサンダルをはくときは
こちらを合わせるようにしています。

素足にパンプスのおしゃれ感を、冬でも楽しみたいとき
この2足はなくてはならない名脇役。
ちなみに私は地黒なので、この2色を選んでいますが
ちょっと日焼けしたような肌色とイメージして下さいね。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら