愛らしいパッケージにまず惹かれる、アンリ・ルルーのバレンタイン限定商品

バレンタインシーズンのチョコレート選びのポイントは、使われている素材、ブランドとのコラボレーションなどなど、重きを置きたい購入基準はさまざま。そんななかで、童心に帰って「可愛い箱に入っていて、食べた後のにその箱を取っておきたくなる」ものを選んでみるのはいかがでしょう?

アンリ・ルルーは2018年10月に、フランスの権威あるショコラ愛好会C.C.C.より、最高位である「LES INCONTOURNABLES(誰もが認める殿堂入りメゾン)」に選出。また同時に、「Tablette d‘or(ゴールドタブレット)」「Les Coups de coeur(お気に入り賞)」を受賞するなど、創始者アンリ・ルルーの精神を受け継いだ2代目シェフ、ジュリアン・グジアンをはじめとする職人たちがつくり出すチョコレートが注目を集めています。

そんなブランドがバレンタイン商品として限定販売しているのが、「コフレ・メディテラネ」「コフレ・アムール モナ」というコフレ。いずれも愛らしいプリントが施されたパッケージに入っていて、食べ終わった後にも残しておきたくなります。そんなノスタルジックな気分を思い起こさせてくれるパッケージには、それぞれテーマに沿ったチョコレートがセットになっています。

味のバリエーションの前に、多彩なデザインのボックスの時点でまず迷う!

地中海をテーマにした6つの新作ショコラ「コフレ・メディテラネ」

古くからヨーロッパとアフリカ、西アジアの交流の要所として繁栄してきた地中海。温暖な気候と豊かな風土の恵みで育つ上質な素材は、いまも人々を魅了しています。

こちらの地中海をテーマにしたボンボンショコラが詰め合わされた「コフレ・メディテラネ」では、イタリア・シチリア島のカターニア、イタリア南部のカラブリア州、モロッコ北部のタンジェ、トルコのアナトリア半島、シリアのダマスカス、エジプトの6つの地域をイメージした味わいのボンボン・ショコラがセットになっています。

コフレ・メディテラネ 6個入り ¥2,900(税抜)

表面にブルーの幾何学模様が描かれた「ダマス」は、グレープフルーツにジャスミンが香る地中海を渡る風のような爽やかな風味のガナッシュ。表面にドライミントがアクセントについた「タンジェ」は、モロッコティーにも使われるフレッシュミントを使い、ビターな味わいと清涼感のハーモニーを楽しめるひと粒に。

パッケージにはモロッコの幾何学模様をデザイン。まるで迷路のように家がひしめきあって建っている様は、モロッコを旅した人ならばお馴染みですよね。

ブルターニュに伝わる恋物語にあなたの想いものせて

もうひとつのコフレボックスは、アンリ・ルルーの創業の地であるブルターニュ地方に伝わる恋物語「モナ 陸の少女」をモチーフにしたもの。

お話をざっくりと解説すると、海の底のモルガン国の王が地上でモナという美しい少女を見初め、海の底の国へと連れ帰ることから始まります。

モナはそこでモルガンの王子と恋に落ちるのです。王の反対を乗り越えてふたりは結ばれたものの、モナは故郷のブルターニュの島が恋しくなってしまいます。モナは許しを得て地上に戻ったとき、一陣の風が吹き、海の底での出来事をすっかり忘れてしまいます。

しかし、モナへの想いを忘れられなかった王子がモナを迎えにくると、すべての記憶が蘇り、モナは王子のもとで末長く幸せに暮らして、めでたしめでたし…というお話だそう。

このコフレボックスには、これを食べた人も好きな人と末永く結ばれてほしいという想いが込められています。

パッケージには、ブルターニュの民族衣装にも施される刺しゅう柄を表現。こちらのボックスには、「コフレ・メディテラネ」にもセットになった新作チョコレートと、アンリ・ルルーを代表する名作「C.B.S.」などさまざまな味わいを詰め合わせています。

コフレ・アムール モナ 4個入り(ダマス/C.B.S/シュゼット/ガナカ)¥1,600(税抜)。8個入り、11個入りもあり。

アンリ・ルルーのバレンタイン限定商品は、伊勢丹新宿店、髙島屋玉川店、ジェイアール京都伊勢丹店ほか、全国の催事店舗とオンラインショップで購入できます。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子