今、日本でグラントゥーリズモを追体験するなら、少なくとも往復1000kmくらい走る旅でなくてはならない。東京を起点とした場合、能登半島を目ざす行程なら距離も十分だ。関越、上信越、北陸自動車道を通るルートは比較的渋滞が少なく、山と海を望みながら、情感あふれるドライブを愉しめる。そして、鉄道網が半島の東側中央付近の穴水で終わるため、クルマでの移動が便利なこと。貴族的な品格漂うマセラティ『レヴァンテ』なら、大陸を横断する豪奢な馬車の現代版のようで、気分も高まる。

19世紀の欧州では、良家の若者たちが教育の一環として大陸を長期間旅し、大いに見聞を広めた。この大旅行がすなわちグラントゥーリズモであり、高出力エンジンを積み、大きな荷物を収容できて、長時間の高速走行に適したGTという呼称は、これに由来する。今、日本でグラントゥーリズモを追体験するなら、少なくとも往復1000kmくらい走る旅でなくてはならない。東京を起点とした場合、能登半島を目ざす行程なら距離も十分だ。

土地に学び、語らい、人生の糧とする旅に『レヴァンテ』を

マセラティ『レヴァンテ』

デザイン、パフォーマンス、快適装備など、あらゆる面でイタリアの美意識が注ぎ込まれた、マセラティ初のSUV。写真は上級モデルの『レヴァンテS』で、出力を高めた3リッターV6エンジンや充実した装備が魅力だ。

能登半島を目的地とする理由はほかにもある。関越、上信越、北陸自動車道を通るルートは比較的渋滞が少なく、山と海を望みながら、情感あふれるドライブを愉しめることがひとつ。そして、鉄道網が半島の東側中央付近の穴水で終わるため、クルマでの移動が便利なこと。さらに、この地には欧州、特にイタリアに縁のある地が少なからずあること。だから、旅のパートナーに選ぶべきは、断然イタリア車だ。貴族的な品格漂うマセラティ『レヴァンテ』なら、大陸を横断する豪奢な馬車の現代版のようで、気分も高まる。

ホイールベースを長くとった全長およそ5mの『レヴァンテ』は、抜群の安定感で高速道路を駆け抜けていく。一定の速度をキープしている間、キャビンは至極快適で、風切り音や路面からの雑音が気になることもない。エンジンがその本性を現すのは、車線変更や本線への合流時にアクセルペダルを踏み込んだとき。分厚いトルクで大柄なボディをぐいぐいと加速させながら、見事に調律されたサウンドがとめどなく流れる。いわば、イタリアが生み出した、豊穣で壮大なバロックの進化形だ。

洒落者がこぞってオーダーする七尾の名店

「サルトリア カブト」のアトリエで、ビキューナのコートを仕立てる甲氏。年に数回、東京や大阪、香港でオーダー会を開催している。生地はイタリアで買い付けたヴィンテージが中心。抑揚のついたナポリ仕立ての逸品が、ここから生まれる。住所/石川県七尾市木町19-1 連絡先:cavutosartoria@gmail.com ※アトリエでのオーダーの際はメールで要予約。

耽美で官能的な高速クルーズを堪能し、石川県に入ったら、まず最初に訪ねたいのが、七尾市にある「サルトリア カブト」。オーナーは、フィレンツェの名店リヴェラーノ&リヴェラーノで腕を磨いた、甲 祐輔氏。改装した古民家に北欧家具を配置した、氏の美意識が凝縮された空間で一張羅を誂える贅沢な時間は、出向いた者だけが味わえる悦楽だ。

能登の伝統食材を使った絶品イタリアンの宿

「ふらっと」では、いしる(魚介に塩を加えて発酵させた奥能登伝統の魚醬)をレシピに使った、イタリアンが味わえる。
古き良き能登の趣があふれる高台の宿は、人気につき、早めの予約を! 住所/石川県鳳珠郡能登町矢波27-26-3 ☎0768-62-1900宿泊料金/1泊2食付き1名¥14,000~(飲み物、税、サービス料別) 予約受付時間/9時~21時 定休日/水曜

生地選びと採寸を済ませて次回の訪問を約束したあとは、富山湾に面した能登半島の内湾を北上し、1日4組限定の静かな宿「ふらっと」へ。豪州でイタリア料理のシェフだった主人がつくる里山・里海の食材を生かした能登イタリアンは、イタリア北部で始まった、それぞれの土地で育まれた食文化を見直すスローフードの思想に通じるもの。土地に学び、語らい、人生の糧とする旅。そこにグラントゥーリズモの真理がある。

魚介料理とも合う赤ワインの産地が能登に!

奥能登の穴水で2004年にオープンした「能登ワイン」では、2万本を超えるぶどうの肥料の一部に海の幸を使用。そのため赤ワインでも、同じく海の食材を用いた寿司などと相性がいい。周辺の契約農家も多く、地域産業の活性化にも一役買っている。住所/石川県鳳珠郡穴水町旭ケ丘り5-1 ☎0768-57-1577 営業時間/9時~17時 定休日/無休 ※土・日・祝日の醸造所見学は、事前申し込みが必要です。

宿を出たら、広大なぶどう畑を有する「能登ワイン」で土産をまとめ買い。帰京の途中、気になる場所を見つけたら、時間の許す限り立ち寄ろう。退屈とは無縁で、予定外の荷物も無理なく積めるマセラティ『レヴァンテ』は、そんなわがままも許してくれる、懐の深い「ラグジュアリー・スポーツカー」だ。

マセラティ『レヴァンテ S』

山道が多い奥能登ではアクセルを踏み込む機会も増える。V6の咆哮をBGMに、SUVの概念を覆す、低重心で身軽なフットワークを堪能しよう。
仕立てのいいレザーシートを備えた広いキャビンは、旅で真価を発揮する。

マセラティ『レヴァンテ S』DATA
ボディサイズ:全長5,000×全幅1,985×全高1,680㎜
車両重量:2,250kg
エンジン:V型6気筒DOHCターボ
総排気量:2,979cc
最高出力:430PS/5,750rpm
最大トルク:580Nm/5,000rpm
トランスミッション:8速AT
価格:¥11,961,112~(マセラティ ジャパン)

※価格はすべて税抜です。※2018年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2018年夏号ラグジュアリー・ スポーツカーを味わい尽くす
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/柏田芳敬 構成/櫻井 香
TAGS: