日本酒も揃うアットホームな店

新宿区歌舞伎町。日本三大歓楽街のひとつに数えられるこの地の中で、今もなおアングラなムードが色濃く漂うのが新宿ゴールデン街だ。

このゲートをくぐると、多様な店がひしめき合う

肩を寄せ合うように密集した長屋の中は、文化人を引きつける個性的な店も多い。古くからある店も魅力的だが、今宵はオープンから5年の『スナック のら』へ遊びに行こう。

スナックには珍しいガラス扉をのぞくと、今宵の美女は早くもママとおしゃべり中。いざ、店内へ。

先に到着した今夜の美女が、ママと談笑中

新宿ゴールデン街にある店の多くがそうだが、ここもいわゆるうなぎの寝床。カウンターは人が座ってしまうと、後ろを通るのも大変なほどだが、このアットホームさが親密さを生むのだろう。ゴールデン街にはしばし足を運ぶ牧野さんだが、この店は初めての訪問。それでも早くも典子ママと打ち解けている。

初めてのスナックでも気負いなく入店するという牧野さん

牧野さんのグラスが空きそうだ。2杯目はどうしようか、と考えていると典子ママがこう水を向けてくれた。

「日本酒が好きなお客さんに聞いて、日本酒も揃えているんですよ。日本酒はどうですか?」

すると牧野さんも

「富山出身なので、日本酒は大好き。おすすめをお願いします」

とまんざらでもなさそう。牧野さんは魚津近郊の出身で、この地は人口比率に対する飲み屋の軒数が全国でも有数とのこと。その影響か、彼女もお酒は大好きとのこと。それは頼もしい!

典子ママが口開けしたのは、静岡の酒『喜平』だ。

典子ママが日々買い足している酒器に注ぐ

ほんのり甘みがあって、するっと入ってくる。これは女性に受けるだろうな、と思っていたら牧野さんも

「すっきりしてて、飲みやすいですね」

こちらと同じ感想を持ったようだ。

ジャケパンスタイルにもカジュアルにも合うシックな小物

それにしても今夜は冷える。ギャップでPRを務める牧野さんにおすすめの冬小物を聞いた。

マフラー ¥3,900(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉)※税込

ひとつ目はネイビーとモスグリーンの組み合わせが落ち着いた印象のマフラーだ。

「この色味ならカジュアルはもちろん、オーセンティックなスタイルにも合うはず。色の主張が強くないので、さっと首にかけるだけでもスタイリングと調和します」

グローブ ¥5,900(Gapフラッグシップ原宿〈Gap〉)※税込

手元まで抜かりなく、ということで本革スエードレザーをあしらったグローブも提案してくれた。

「表は本革のスエードですが、ベースはリブニットなので手が動かしやすいです。グローブを着用したままスマホを操作もできて便利ですよ」

と、牧野さんは話す。

後編では美人な典子ママにも迫ろう。

【スナック のら】

問い合わせ先

  • スナック のら TEL:非公開
    住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 G2通り1F
    営業時間:19:00〜26:00
    定休日:日曜
    メニュー:チャージ(お通し付き)1,000円、生ビール(ハートランド)700円、角ハイボール700円

掲載商品問い合わせ先

この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
PHOTO :
小倉雄一郎