未来の生活習慣、はじめてますか?

「OK,Google! 銀座までの行き方を調べて」「アレクサ! エアコンの温度を25度に」なんてフレーズを聞いたことないでしょうか。Google EchoやAmazon Alexaなどのスマートスピーカーが、ここ数年で急速に認知を高めています。携帯電話がスマートフォンへ進化を遂げたように、インターネットと家電・家具を接続することで、毎日の暮らしの課題を解決しより豊かなものへ。そんな「未来の生活習慣」が、一般家庭にも浸透しはじめているようです。

次世代の暮らしの道具「スマート〇〇」と呼ばれる数々のアイテムのなかから、今回ご紹介するのはスマートロックの「Qrio Lock(キュリオロック)」です。

まずはこちらの動画をチェック!

「鍵を開ける」って意外と手間取るもの。そんなときに「おかえりなさいませ」と、誰かがお出迎えしてくれるみたいに鍵が開いたらとっても助かる! 疲れてた気分も、ホッとひと息つけそう!

スマートロックってどんなことができるの?

■1:専属のドアマンがいるみたい!

買い物に出て帰宅するころには、両手に荷物、鍵を探すのにひと苦労…なんてこともありますよね。

ドアに取り付けたスマートロック本体とぺアリング接続されたスマホが鍵代わりになり、IDチェックと自動解錠が1度に行えるので、スマホさえポケットやカバンに入れておけばドアに近づくだけで解錠ができます。ドアが閉じたことを感知すると自動で施錠し、半開きのときはアラートもかけてくれます。

位置情報は自分のスマホの中だけに保存されるものなので、ご心配なく。

もしかしたら自家用車や宿泊施設などで、近づいたり離れたりするだけの鍵を使い慣れている方もいらっしゃるかも。どういう仕組みかというと、スマホにダウンロードした専用アプリが、いまどこにいるのか位置情報を識別し、スマホがドアに近づいていると感知したとき自動で解錠が行われるんです。なので、しばらくその位置にいるな、と判断したら、在宅中にドアに近づくたび解錠してしまう…といった誤動作も回避してくれます。

■2:取り付け簡単!誰がドアを開けたか履歴が残る

強力な両面テープでサムターンロックの上にかぶせる形で設置。「スマホ合い鍵」は誰が使ったか履歴がわかるのも◎

日本の住環境に合わせ、さまざまなサムターンキーに対応した形を追求。鍵交換や穴あけなど特別な工事も必要もなく、賃貸住宅でも安心して取り付けられます。家族や緊急連絡先になってくれている方などに、アプリをダウンロードしてもらって「合鍵」を渡すことも可能。誰がドアを開けたかの履歴もアプリで管理ができちゃいます。

必要がなくなったときも、返却してもらえない、合鍵をさらにコピーされた…なんて心配もなく、IDごとサクッと削除できますよ。

■3:遠隔操作もカンタン!専用キーを別に持つのもアリ

写真左より/遠隔操作を可能にする「Qrio Hub(キュリオハブ)」、専用リモコンキー「Qrio Key(キュリオキー)」

「Qrio Hub(キュリオハブ)」を組み合わせると、外出先から解錠施錠の遠隔操作もできるようになります。どんなドア操作が行われたか、通知をスマートフォンで受け取ることも。スマホと鍵は分けたい! という方には「Qrio Key(キュリオキー)」という専用のリモコンキーもあるので、お好みのスタイルで使えそうですね。

どこで買えるの?

「Qrio Lock(キュリオ ロック)」¥24,840

スマートロック「Qrio Lock(キュリオ ロック)」および関連グッズは家電量販店および、プラススタイルをはじめとする各オンラインショップにて販売中です。在庫状況や発送までの日数などの最新情報、機能詳細やスペック、同梱される付属品の詳細、販売店舗などは公式サイトにてご確認を。

※掲載した商品は税込です。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.3.14 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: