2019年春夏のコレクションを発表するにあたり、彼は「これまでとは異なるモダンなものにしたかった」と語り、「もはや現代においては、イブニングとデイタイムのスタイルにルールはありません」と説いた。確かに、ならではの女性らしさやゴージャス感はそこかしこに見受けられるが、合わせる洋服を問わない包容力も感じさせる。現代女性のスタイルに寄り添いながら引き立てる絶妙なルックスは、大切なあの人をきっと笑顔にしてくれるにちがいない。

シックなスエード素材の上で躍る華やかなクリスタル

¥195,000(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)

真っ先に目に飛び込むのは、ストラップやヒールカウンターにあしらった煌びやかなクリスタル。そのゴージャス感をセクシーに見せる黒のスエードを纏ったピンヒールである。その趣からして、ドレスと絶妙なマッチングを見せ、デニムスタイルをそこはかとなく格上げしてくれる。 

親しみと上質の理想的な関係をこの一足に込めて

¥118,000(ジュゼッペ ザノッティ ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)

さまざまなスタイルに自然と入り込み、軽やかな印象を後に残すスキンカラー。アーモンドトゥの優しい印象も合わせやすさをイメージさせる。そこへ円を描くクリスタルのアグレッシブなアクセントは、足元から上質な雰囲気を漂わせる。

問い合わせ先

※価格はすべて税抜です。 

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
小林孝至(イタルスタジオ)
STYLIST :
水野陽介
WRITING :
菊池 亮
EDIT :
安里昌悟