2019年3月の時期におすすめの、大人のレディースファッションに関するまとめ記事です。春の訪れ間近な3月、暖かい日やまだ少し肌寒い日の参考に、ぜひ最新の大人コーデをお役立てください。

レディース3月最新ファッションコーデ


【1】白ブラウス×白スカート

【1】白ブラウス×白スカート
靴『CAROYNE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ブラウス・スカート(トリー バーチ ジャパン)、ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

光に呼応して、艶めくポルカドットが白の装いをドラマティックに彩ります。エレガントなバックストラップ靴なら、スカートスタイルの足元がこんなにも軽やかに!

【2】黒ニット×黒カーディガン×ミントカラーパンツ

【2】黒ニット×黒カーディガン×ミントカラーパンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉、カーディガン・ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、時計・白のレザーストラップ(ヴァシュロン・コンスタンタン〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉)、バッグ(マルティニーク丸ノ内〈カパフ〉)、 靴(クリスチャンルブタン ジャパン〈クリスチャンルブタン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは裾に向かって細めに絞ったラインが美脚と評判のモデル。ハリのあるコットンストレッチ素材です。着こなしはジャッキーをイメージしたパンツスタイル。遠目からでも印象的な色だからこそ、シックな黒と合わせてクラシカルにまとめましょう。

【3】ライトグレートレンチコート×白ブラウス

【3】ライトグレートレンチコート×白ブラウス
コート・ブラウス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バングル・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ハリのある軽やかなコットン混素材と優雅なロングテールシルエットが舞うように美しいトレンチ。肩の落ちたオーバーフォルムと長めの着丈が最新の表情を創り出します。

【4】白ブラウス×黒プリーツスカート×ボウスカーフ

【4】白ブラウス×黒プリーツスカート×ボウスカーフ
ブラウス・スカ-ト・ボウスカ-フ・バッグ (クリスチャン・ディオール〈ディオール〉)、時計 (ジャガ-・ルクルト)、靴 (ジャンヴィト ロッシ) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピンストライプのシルクブラウスは、首元が詰まったデザインが清潔感を演出するうえで重要なポイント。タイを締める気分でスカーフを首元に添えて、キャリア女性にふさわしい、スマートな雰囲気を演出しましょう。バッグはフォルムのしっかりした端正なタイプをセレクト。そうすることで、メリハリのきいた着こなしが完成します。

【5】モカベージュコート×ベージュニット×白パンツ

【5】モカベージュコート×ベージュニット×白パンツ
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、ピアス・バングル(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈イレアナ・マクリ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

なじませ配色の代表的なコーディネート。グレーがかったモカベージュ×明るいブルーの組み合わせが、クールで優しい絶妙なニュアンスを感じさせます。

【6】ベージュジャケット×白Tシャツ×グリーンスカート

【6】ベージュジャケット×白Tシャツ×グリーンスカート
ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

「目立つ色はボトムに!」は、色に苦手意識をもつ大人におすすめしたい攻略法のひとつ。インパクトのある光沢グリーンのスカートは、Tシャツやサファリ風ジャケットでさりげなく着くずすのがこなれて見せるコツです。

【7】グレージュニット×マリンブルーパンツ

【7】グレージュニット×マリンブルーパンツ
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(カオス丸の内〈ザンチェッティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)93 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは、鮮やかなブルーでも子供っぽくなりすぎない上品な色合いが秀逸。ストレッチ素材のさらっとしたはき心地も抜群です。ゴールドのジュエリーでよりリッチに仕上げましょう。

【8】黒ニット×グレーツイードスカート

【8】黒ニット×グレーツイードスカート
バッグ・ニット・スカート・時計(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

L字のクロージャーをツイストして、Vと重なったときにオープンできる、楽しい仕掛けで評判のバッグ『ツイスト』。清新な白のエピ・レザーやブルーのレザーが編み込まれたチェーンハンドル、赤いショルダーストラップと、細部にいたるまでオリジナリティーが満ちています。

【9】白ブラウス×ベージュハイウエストスカート×ストール

【9】白ブラウス×ベージュハイウエストスカート×ストール
スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、マレーラのブラウス・バンフォードのストール(三喜商事)、ピアス・ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ブラウスのベージュトリミングが、たっぷりとしたイレギュラーヘム(裾)のフレアスカートとの自然な統一感を演出。ドラマティックなフィット&フレアシルエットをすっきり着こなせます。スカートは左右が長いイレギュラーヘムが軽やかに躍動するシルククレープ素材。心地よくフィットする幅広のウエストゴムは、タックインしたトップスの着くずれを防ぐ効果もあります。

【10】ネイビーニット×デニムパンツ

【10】ネイビーニット×デニムパンツ
ニット・デニム・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

編み地に表情のあるニットは、ブランドの今季のキーカラー・ブルーに、メタルボタン付きレザーパイピングをのせた大人好みの一枚。「ジャスミン」の色名にエレガンス香るオフホワイトのバッグが、デニムコーディネートの清新な引き締め役になってくれます。

【11】黒ジャケット×白カットソー×アップルグリーンカラーパンツ

【11】黒ジャケット×白カットソー×アップルグリーンカラーパンツ
パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、ジャケット(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)、カットソー(ステディ スタディ〈ベラ・フロイド〉)、ピアス・ネックレス・リング・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは王道のシルエットで人気の定番モデルの新色。織り感のある生地だから脚の線を拾わずすっきり見えます。艶黒のスモーキングジャケットには、あえてロゴTシャツで外しを加え、堅い印象にならない大人のカジュアルを提案しましょう。

【12】オリーブカーキコート×カーキワンピース

【12】オリーブカーキコート×カーキワンピース
コート・ワンピース・バッグ・ストール(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス・キーチャーム・ネックレス・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ほのかな光沢とアッシュのニュアンスが潜む絶妙なオリーブカーキがエレガント。ストールのブライトイエローを差し色にして春らしくまとめましょう。

【13】モカベージュコート×ベージュニット×ピンクパンツ

【13】モカベージュコート×ベージュニット×ピンクパンツ
コート・ニット・パンツ・ベルト・ストール・バッグ(三喜商事〈ア二オナ〉)、ネックレス (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

春らしいピンクのパンツを投入しながらも、全体のグラデーショントーンをくずすことなくまとめたコートスタイル。ベルトやストールに少し濃いめのブラウンを差し、きりっとまとめるのがセンスアップの秘訣です。

【14】グレーニット×白ワイドパンツ×スカーフ

【14】グレーニット×白ワイドパンツ×スカーフ
スニーカー『チーム』・ピアス・ブレスレット・バッグ・スカーフ(エルメスジャポン)、ニット(トラデュイール)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャン ロス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

白スニーカーを履きたい日は、清潔感あふれるベーシックカラー方向に仕上げると、コーディネートしやすい。選んだのは、心地よく足を包むメッシュ&レザーの白スニーカー。ソールのかかとに適度な厚みがあり、ワイドパンツとのバランスも良好です。明るいネイビーを差し色にした、好感度の高い着こなしは、休日だけでなく、職種によってはオンタイムにも通用する知性ときちんと感を備えています。

【15】ベージュコート×黒パンツ×スカーフ

【15】ベージュコート×黒パンツ×スカーフ
コート・スカーフ・パンツ・バッグ・靴(バーバリー・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オーバーサイズ&長め丈が今の気分と共鳴する『ウエストミンスター』を、気負いなく着こなして。ヴィンテージチェックなどが描かれたシルクスカーフを首元に巻けば、英国風の品格スタイルが完成します。

【16】白ジャケット×白カットソー×白パンツ

【16】白ジャケット×白カットソー×白パンツ
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ディオールのこのトートを持つ姿をいく度かキャッチされているジェシカ。旅行中のイタリアで娘と一緒のこの日は、白のワントーンに色鮮やかなバッグをポイント使い。ショルダーバッグとの2個持ちもリアルで参考になります。

【17】黒ニット×黒スカート

【17】黒ニット×黒スカート
バッグ・スカート・靴・ニット(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シンプルなブラックコーディネートに、ブロックチェックのようなマキシイントレチャートが軽快な印象を与えてくれます。丹念に編まれたナッパなので、驚くほどしっかりとしていて、スマートなボックス型。中にレザーのポーチ付きです。

【18】ネイビーブラウス×ハイウエスト柄スカート

【18】ネイビーブラウス×ハイウエスト柄スカート
スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブラウス(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(カオス丸の内〈カオス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

スカートと色トーン調を合わせた小物をちりばめ、統一感を出しつつ表情豊かに演出しましょう。

【19】ブラウン柄ニット×ベージュパンツ

【19】ブラウン柄ニット×ベージュパンツ
バッグ『バルーン バッグ』・ニット・パンツ(ロエベ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

こっくりとしたキャラメルカラーのバッグを選べば、春のニットスタイルもこなれた雰囲気に。一度手にするとわかる、ソフトグレインレザーのなめらかさや、端正なステッチワークに、ロエベが誇る職人技が宿ります。内側のハンドル部分にのみ、ブランドのアナグラムを施し、ミニマルなデザインに。レザーハンドルは長さの調整も可能です。

【20】白シャツ×ピンクパンツ

【20】白シャツ×ピンクパンツ
パンツ(PT JAPAN〈PT01〉)、シャツ(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド〈フレッド〉)、バッグ・ストラップ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは腰周りのゆとりと、裾に向かって細くなるテーパードラインが、メンズから派生したパンツ専門ブランドらしい1本。裾はダブル仕立てで上品。マットなコットンの質感が、ピンクのパンツをドライに仕上げてくれます。ボリュームのあるシャツとクロップドパンツの組み合わせが旬のバランスへと更新します。

【21】ベージュコート×ブルー柄ブラウス×デニムパンツ

【21】ベージュコート×ブルー柄ブラウス×デニムパンツ
コート(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

コットンツイルのオーソドックスなトレンチを、ゆったりめの身幅や、やや前振りのショルダーラインの今どき感で絶妙にアレンジ。大胆なプリントブラウスで遊び心を添えたデニムスタイルもシックに決まります。

【22】ミントニット×ベージュスカート×シルクスカーフ

【22】ミントニット×ベージュスカート×シルクスカーフ
カシミヤシルクスカーフ(エルメスジャポン)、ニット・スカート(ブラミンク)、ネックレスにしたブレスレット・ネックレス・リング(ポメラート・ジャパン)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈カルティエ〉)、バッグ(モラビト帝国ホテル店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シンプルニット×クロコダイルバッグのコーディネート。トラディショナルな濃淡グリーンの組み合わせに、モノトーンで描かれたプリントスカーフが上品に溶け込みます。ボリュームリングやポップなサングラスで外し、今風の遊び心もさりげなくプラスしましょう。

【23】ベージュラムレザーコート×白ブラウス×白パンツ

【23】ベージュラムレザーコート×白ブラウス×白パンツ
コート(トラデュイール)、ブラウス(Theory luxe)、パンツ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、バッグ( モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ライトベージュのラムレザーコートに、白のスティックパンツ、そしてモカブラウンのバッグ…。プレシャス世代が最も得意とする淡色グラデーションには、本来ならば同系色の靴を合わせるけれど、ここではミントグリーンをオン! 成功の秘訣は、足首を出してきれい色を差すこと。さりげない女らしさが心憎い装いです。

【24】カーキシャツ×カーキロングスカート×グリーンニット

【24】カーキシャツ×カーキロングスカート×グリーンニット
シャツ・スカート(エストネーション)ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけして、リッチに仕上げましょう。

【25】黒ブラウス×ライトグレースカート×ジャケット

【25】黒ブラウス×ライトグレースカート×ジャケット
スカート(ebure)、ブラウス(レキップ)、ジャケット(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル(モーブッサン ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

黒のバンドカラーブラウスと澄んだグレーのハイウエスト・スカート。クールトーンの旬アイテムで仕上げた進化系ベーシックスタイルです。ブラウスのとろみとレザーのシャープな質感が、オフィスで浮かない凛とした色香を醸し出します。淡色のハンドバッグとスプリングツイードジャケットで、軽やかな気品も忘れずに! スカートはトップグレーのナッパレザー素材。ジャストウエストに配した細ベルトがシルエットを引き締め、ハイウエストのひざ下丈にメリハリを演出します。

【26】ライトグレーカーディガン×ブラウンワンピース×

【26】ライトグレーカーディガン×ブラウンワンピース×
スニーカー・カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長友善行 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

異素材を組み合わせたマルチカラーが洗練された印象を醸し出す、グレージュ系の上品なスニーカー。鮮やかに効かせた白のひも使いがニュアンスカラーを引き締めて、存在感もアップ。優しいブラウンのシャツワンピースが、きれいめスニーカーの抜け感で、より今どきなたたずまいに仕上がります。

【27】白ニット×ピンクロングスカート×ストール

【27】白ニット×ピンクロングスカート×ストール
スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

淡いアプリコットにやわらかな白がとろけるフェミニンな春色コーディネート。スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げましょう。ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのスニーカーで、ラグジュアリーな外しを。

こちらの春コーデも参考に