西麻布に増殖中のネオ・スナック

港区西麻布。大人が集うこの地で最近現れているのが、ネオ・スナックと呼ばれるコンセプチュアルな店。今宵訪れる『スナック だるま』も、そんな一軒だ。

六本木通り沿いに構える店は、店名にあるだるまの提灯が飾られ、昭和らしさとユーモラスを感じさせる。

昭和の風情を感じさせながらも、計算されたデザインのエントランス

店内の壁面にも大きなだるまの絵が描かれ、コンセプトが貫かれている。

様々なタイプのだるまが描かれている

店の奥には、カウンターがある。赤いベロアのスツールがスナックらしい。バックバーには、だるまの愛称を持つサントリーオールドがずらりとボトルキープされている。

赤いベロアのスツールが昭和のムードを醸すバーカウンター
常連客がボトルキープしたサントリーオールド

デザインに一貫性があるのは、オーナーが広告関係の仕事をしているため。近年では山崎や角に注目が集まり、今では存在感が薄くなってしまったサントリーオールドだが、ひと昔前は、高度経済成長期を代表するウイスキーに挙げられてた。そんなウイスキーにもっと注目をしてほしいからこそ、スナック だるまではフォーカスをしているそうだ。

さらに、その夜はこの店だけで楽しんでほしいと、オープンから22時まではビストロとしてお腹を満たせ、それ以降はスナックとスタイルを変えるのも特徴だ。

想定外の『漬けカレーパン』に驚き!

今日は昼を食べる時間がなくて、ペコペコだ。いわせさんが食べたい『天使の海老とキノコのソテー』と『漬けカレーパン』をオーダーする。

『天使の海老とキノコのソテー』1,300円(税別)

むっちりとした海老のほか、ホタテも入っている。その下にはえのきが敷かれてヘルシーなところも女性に受けるポイントだろう。

「えのきに海老の出汁が染み込んでいて、いくらでも食べられそう」と、いわせさん。

続いて登場した『漬けカレーパン』には、いい意味で想像を裏切られる。

『漬けカレーパン』1,000円(税別)

一般的なパンの中にカレーが入ったものではなく、バゲットにカレーを漬ける。だから『漬けカレーパン』だという。

バゲットに漬けたり、カレーだけで食べたり。自分好みに味わえるのもいい

「バゲットだから揚げていないぶん、普通のカレーパンより食べやすい。東北出身なので、こういったしっかりした味付けのカレーは大好き」

そう言う彼女は、スリムな体型からは想像もつかないが、2人前のお肉に、3〜4杯のご飯を平らげるという。見ている方が気持ちいいほどの食べっぷりで完食!

腹を満たしたら、後編ではスナックタイムに突入だ。

【スナック だるま】

問い合わせ先

  • スナック だるま TEL:03-6455-4595
    住所:東京都港区西麻布1-8-4 三保谷硝子店ビル1F
  • 営業時間:ビストロタイム19:00〜22:00、スナックタイム22:00〜L.O.26:00
  • 定休日:土・日曜日
    メニュー:だるまのハイボール700円、漬けハイボール各750円〜、飲み放題5,000円(コース料理、2時間制)
この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
PHOTO :
小倉雄一郎