ミニマルでモダンなスタイリングをもつ、ティソの人気コレクション「ティソ シュマン・デ・トゥレル オートマティック」に、春を感じさせる装いを楽しめる日本限定モデルが登場した。

「ティソ シュマン・デ ・トゥレル オートマティック 日本限定スペシャルセット」

●自動巻き ●316Lステンレススチールケース・ブレスレット(プッシュボタン式バタフライクラスプ付き)●5気圧防水 ●プッシュボタン式バタフライクラスプ付きレザーストラップ1本付属 ●限定数 各150セット 各¥83,000 ※税抜き価格

「シュマン・デ・トゥレル」とは、スイスのル・ロックルにあるティソの本社社屋へと続く小道の名前。1907年にCharles Tissotが工房を設立した記念すべき場所でもあり、その名を冠した「ティソ シュマン・デ・トゥレル オートマティック」は、いわばブランドの源流を体現したタイムピースといえる。

ケースとブレスレットには、316Lステンレススチールケースを使用。ドーム型サファイアクリスタルのガラス風防には傷防止加工無反射コーティングを施すなど、外装は頑丈な仕上がり。自動巻きムーブメントには最大80時間パワーリザーブの「Powermatic 80」が搭載されている。

存在感ある42mmダイアルには、光に照らされることで優美な独特の輝きを放つサンレイ装飾が採用され、ていねいに面取りされたアプライドバーインデックスやペンシル針とともに、ティソならではのクラシックな佇まいを一層高める。

 今回リリースされた日本限定モデルは、特典としてダイアルと同色のレザーストラップを1本付属したスペシャルセット。文字盤は2種類あり、各限定数150セットが用意される。深みあるダイアルカラーとブレスレットのコントラストは爽やかな印象を高め、レザーストラップに着替えることで、コーディネートのレンジもグッと広くなる。オン・オフで使える大人のスタンダードといえるだろう

ティソの時計を体感できるコンセプトストアが代官山にオープン!

日本初となるコンセプトストア『TISSOT 代官山 コンセプトストア』が東京・代官山にオープンした。ウッド、ロック、スチールなど、リアルマテリアルの素材感を活かした店内は、ティソのウォッチメイキングへの真摯な姿勢が具現化され、居心地の良い空間で、ティソのコレクションを気軽に体験できる。落ち着いたモダンなラウンジの2階スペースでは、定期的にイベントも開催される。

スイス湖畔の別荘“シャレー”に着想を得た、上質で温かみのある立ち寄りたくなる雰囲気をもつ。
蒔きストーブが据え付けられた2階スペース。独自のイベントなどが予定される。
セミ・オープンディスプレイには「クラシック」「ヘリテージ」「スポーツ」「レディース」にセクション分けされたコレクションが並ぶ。
代官山「かまわぬ」との、オリジナルてぬぐいをプレゼント。数量限定のため、無くなり次第終了となる。

問い合わせ先

  • TISSOT TEL:03-6254-7361
  • TISSOT 代官山 コンセプトストア
    住所:東京都渋谷区猿楽町19-4 CUBE代官山B棟
    営業時間:11:00~19:00
    休業日:年末年始
この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。
TAGS: