欧米のみならず、世界中の子供たちが今日にいたるまで熱狂し続けているファンタジー小説の金字塔、「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」。常に物語の中心にある指輪は、圧倒的な力を封じ込めた、全能の存在として描かれた。

指輪などたかが装飾品のひとつ、などと思ってはならない。古代ローマ帝国は言わずもがな、数多の先史文明の装飾品としても世界から出土する。このように、いくつもの起源を持つ指輪は、文明世界において、常に特別の意味を持っていた。そのイメージをファンタジーの世界で描き切ったのがトールキンだったとも言える。

そんな特別な装飾品を現代の紳士が身に着けるなら、世代も時代も超えて意味を持ち続ける名品を手にしたい。時々の流行に左右されるファッションアイテムとは違う価値が、そこにあるからだ。

ピンク、イエロー、ホワイト。3色の18Kゴールドリングが絡み合うカルティエの傑作、トリニティ ドゥ カルティエは、紳士が身につけるべきアクセサリーに必要な美と哲学を兼ね備える、まさしく次世代へとつなぐ逸品だ。ジャン・コクトーが愛用したことでも有名である。

伝えゆくアクセサリー

Cartier カルティエ

時計・リング(カルティエ カスタマー サービスセンター) スーツ〈ベルヴェスト〉・タイ・チーフ〈フランコ バッシ〉/以上ビームス ハウス 丸の内 シャツ(バインド ピーアール〈ルイジ ボレッリ〉)

これだけAI技術が進化すると人間は仮想空間のなかで永遠の命を得ることができるかもしれない。そうではあるが、持ち主の声や体温が感じられるようなリアルの「形見」の価値が損なわれることはこれから先もないだろう。
 その意味でも、ジュエリーやアクセサリー、時計などはちょっと値段が張っても〈これしかない〉と思えるものを手に入れることを強く勧めたいのである。愛する人に自分の愛用品が伝わっていく。モノに命の継承がある─。
 買っては捨て、捨てては買うというような「使い捨て人生」をジェントルマンは選択しないと信じたい。

この記事の執筆者
TEXT :
林 信朗 服飾評論家
BY :
MEN'S Precious2016年春号『東京ジェントルマン50の極意』より
『MEN'S CLUB』『Gentry』『DORSO』など、数々のファッション誌の編集長を歴任し、フリーの服飾評論家に。ダンディズムを地で行くセンスと、博覧強記ぶりは業界でも随一。
クレジット :
イラスト/緒方 環 撮影/熊澤 透(人物)、川田有二(人物)、篠原宏明(取材)、戸田嘉昭・唐澤光也・小池紀行(パイルドライバー/静物)、小林考至(静物) スタイリスト/櫻井賢之、大西陽一(RESPECT)、村上忠正、武内雅英(code)、石川英治(tablerockstudio)、齊藤知宏 ヘア&メーク/MASAYUKI(the VOICE)、YOBOON(coccina) モデル/Yaron、Trayko、Alban レイアウト/澤田 翔(H.D.O.) 文/林 信朗 構成/矢部克已(UFFIZI MEDIA)、鷲尾顕司、高橋 大(atelier vie)、菅原幸裕、堀 けいこ、櫻井 香、山下英介(本誌) 撮影協力/銀座もとじ、マルキシ