後輩や部下の教育、ちゃんとできている自信がありますか?

キャリアが上がっていくと、どんどん部下を育てることをしないといけなくなります。優秀な人材を潰してしまうような、ダメ上司にはなりたくないですよね。そのためには、一体どうすればいいのでしょうか?

12,000名以上のビジネスリーダーをコンサルティングで支援し、研究を重ねてきた、多摩大学経営情報学部客員教授の荻阪哲雄さんに相談をしたところ、ダメ上司は「普段なにげなくやっている行動に問題がある」と言います。

さらに、「部下を活かせるか、活かせないかは、あなた(自分自身)の気づける力によって大きく変わります」とのこと。そんな荻阪さんから、部下に見捨てられる上司が無意識でやっている、NGな習慣を伺いました。

以下の6つ、当てはまるところがないか、一度自分の胸に手を当てて考えてみてください。もしドキッとする項目があれば、改善していきましょう。

部下に見捨てられるダメ上司が「無意識でやっている」NG習慣6選

■1:ビジョンを語らない

夢や目標を共有しよう

上司と一緒に外出する際など、会話する時間があっても、いつも現在進行中の仕事の話しかしない上司、いますよね。部下がもっと違う話をしたいとき、聞く余裕がない上司は、見捨てられやすいそうです。

「口を開けば、仕事の指示ばかり、という上司はNGです。上司の役割は、指示するだけではありません。仕事のモチベーションを高めてあげることや、部下が将来に向けてどんなキャリアプランや目標とするビジョンを持っているかなどを把握してあげて、それを応援してあげることも、上司の大切な役割です。

そのためには、仕事や指示の話ばかりではなく、まず上司自身が、『俺はこの会社でこんなことがしたいんだ』などと、自分が成し遂げたいビジョンを語り、部下にも秘めている夢や目標を聞いてあげるのです。

部下にしてみれば、いつも型通りの会話ばかりだと、『この上司の下で成長できるのか? この会社にいて、自分のやりたいことはできるのか?』などの不安は、どうしても捨てきれません。

ですが、上司とビジョンなどが語り合えて、お互いに共有し合えれば不安は払しょくされ、仕事へのモチベーションも高まり、『この上司と一緒にがんばって、ビジョンを形にしよう』と思えるようになるのです」(荻阪さん)

部下と夢や目標を語り合い、共有し、日々の仕事のモチベーションを高める。こうしたことも、上司の大切な役割なのですね。

■2:傾聴しようとしない

部下の話を聞いていますか?

自分が聞きたい話や情報を聞いたら、あとの意見などは「忙しい」などを理由にして、まったく聞く耳を持たなくなる上司っていますよね。こうした態度は部下に見放されやすくなります。

「他者や部下の言葉に真摯に耳を傾ける”傾聴の習慣”がない上司には、部下はついていきません。こういう上司は、自分の目的だけ達成できればそれでよしという性格ですので、自分を客観視して周囲を見渡す能力も低く、他者への配慮に欠けてしまうからです。

部下がついてくるリーダーは、忙しい時でもしっかりと相手を見て、真摯に話を聞きます。今はどうしても忙しいというときは、別途時間をつくってあげればいいのです。

真摯に話を聞いてくれる上司に対しては、意見やアイディアなども話しやすいですし、結果としてチームに成果の種がどんどん生まれていくのです」(荻阪さん)

「どうせ話しても聞いてくれない」と部下にそっぽを向かれる前に、傾聴の習慣を身につけて、部下への信頼度を高めましょう。

■3:自発性を見ようとしない

部下の貢献したい!気持ちを生かして

何か意見を言ったり提案をすると、結構な確率で「そうじゃない!」と否定してくる上司、あなたの周りにいませんか? 部下がいる人間は、こういう言動は絶対に避けなければいけません。部下の「認められたい」「褒められたい」「貢献したい」気持ちを、理解しようとしなければなりません。

組織には『三匹のタイが泳いでいる』、と私はよく言っています。一匹目は、認められタイ。二匹目は、褒められタイ。三匹目は、貢献しタイ、です。部下がついてくる上司は、このことをよく知っています。

一方で、部下がついてこない上司は、愛情が希薄で、心からほめることができません。また、自発性や積極性も評価できず、むしろ『こいつは能力があるのか?』などと、疑ってかかってしまうんですね。

『そうじゃない』が口ぐせの上司に対して部下は、大正解以外の発言ができなくなります。つまり、活発な意見のやり取りができないチームになってしまい、成果もあげられず、部下は去っていきます。

ですから、部下の可能性を信じ、自発性や積極性を評価し、ほめるべき時はしっかりとほめるのです。そうすることで、部下が去らない上司へと変身できるのです」(荻阪さん)

部下の三匹のタイしっかりと満たしてあげられるよう、上司として成長できるように心がけていきましょう。

■4:腹を括れない

責任を取ろうとしていますか?

上司からの「GOサイン」を待っているのに、なかなか返事が来ない、ということがあります。そうこうするうちにビジネスチャンスを逃してしまい、部下からの敬意も失いやすくなります。

「上司としての責任が持てない、腹を括れない、胆力の弱い人がいます。リスクが少しでもあると、それを避ける方向で考えてしまいます。

もちろん大きなリスクは慎重になるべきですが、胆力の弱い人は、些細なリスクでも避けようとする。それはなぜかという『自分が責任を負いたくない』と恐れるからです。さらに言えば、責任を取る=役職を辞すること、などと考えがちなのです。

しかしそれは違います。責任を取るとは、起こったトラブルなどの渦中に自ら入り込んで、しっかりと問題解決をさせることです。

部下がついてくる上司は、勝負時にはしっかりと胆力を使い『何かあったら俺が責任を取って問題を解決させるから、お前は思い切りやれ』と、部下にGOサインが出せるのです」(荻阪さん)

責任を取るとは、部下に押し付けずに、自ら問題解決をしっかりとすること。そのことを肝に銘じておきましょう。

■5:指示がブレまくる

交渉する勇気を

指示内容が二転、三転とブレまくる上司がいます。そのせいで無駄な作業をずいぶんやらされた経験、皆さんもありませんか? こんな上司にならないように、交渉スキルを磨かないといけません。

「上司が、さらに上の役員などの意見に付和雷同した際に、よく指示がブレまくることが起こります。また、自分なりのポリシーやビジョンがない上司などは、他者からの意見などによって指示がブレまくるわけです。

もしチームとして、みんなで意見を出し合ってある企画を決めた場合、それに対して横やりが入ったとしても、まずは部下を守る姿勢を見せて、役員に交渉するくらいの気概が必要です。

交渉の結果、チームの言い分が認められなくても、上司が対決姿勢を見せてくれたことに、部下は納得できるでしょう。なんの交渉もせず、ただ単に上部や他者の言いなりになってブレるような上司には、部下はついていけないものです」(荻阪さん)

部下を守ることも、上司の役目。上からの圧力であっても、対決する姿勢、気概を見せることで、部下は信頼してくれるのです。

■6:平然と時間泥棒をする

人の時間を奪わないように

約束時間にルーズだったり、自分都合にだけ合わせた会議時間を設定したり、時間泥棒と呼びたくなるような上司になっていませんか? 部下に慕われる人は、自分の時間も他人の時間も大切にします。

「部下の時間を、上司である自分の時間である、と錯覚してしまっている人がいます。こういう上司は、平気で平日の時間外や週末のプライベートタイムまで、奪おうとします。

少し大げさに表現すれば、私たちは刻々と死に向かっています。それほど時間は貴重なものです。相手の時間を軽んじるのはすなわち、相手の人生を軽んじているのと一緒です。

そのことに気づけない上司に、部下はついていけません。部下がついてくる上司は、時間=命であると知っていますから、自他の時間を共に、とても大切にするのです」(荻阪さん)

たしかに、時間=命ですね。それだけ貴重なものと考えて、時間は有効に使うようにしたいものですね。間違っても、理由なき時間泥棒にはならないように。

このなかに、あなたが普段うっかりやってしまっている、NG習慣はありませんでしたか? ついやってしまうことは、なかなか自分では気づけないもの。「こんなこと私、やっていないよね?」と、親友や同僚に相談してみるのもいいかもしれません。そしてぜひ、部下を活かしてチームを成長へと導いていきましょう!

荻阪哲雄さん
チェンジ・アーティスト代表取締役社長、多摩大学経営情報学部 客員教授、組織開発参謀
(おぎさか てつお)1963年、東京生まれ。多摩大学大学院経営情報学研究科修士課程修了(MBA取得)。専門は、組織開発論、ビジョン・マネジメント論。警視庁、ベンチャー企業勤務の後、一橋大学・山城章名誉教授の経営研究所へ。OD(組織開発)理論を習得し上場企業300社で、コンサルティング修業を経て、1994年、スコラ・コンサルトの創業期に参画。2004年、パートナーに就任。2007年、独立。新しい組織開発の実践手法「バインディング・アプローチ」を開発、提唱してチェンジ・アーティストを創業、代表就任。
公式サイト
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
町田光
TAGS: