ジェームズ・ボンド。その名を口にするだけで、どれほどの男が胸を躍らせることだろう。あたかも実在するかのように語られるボンドとは、一体何者なのか。なぜこれほどに、男たちを魅了して止やまないのだろうか。

ジェームズ・ボンドこそ本物の男なのだ!

初代ボンドはショーン・コネリー!ここからすべては始まった

スーツやタキシードを颯爽と着こなしタフに活躍するジェームズ・ボンドは、たちまち世界中の男たちの憧れとなった。写真は初代ボンドに選ばれたショーン・コネリー。写真:AFLO
スーツやタキシードを颯爽と着こなしタフに活躍するジェームズ・ボンドは、たちまち世界中の男たちの憧れとなった。写真は初代ボンドに選ばれたショーン・コネリー。写真:AFLO

それはボンドが「本物の男」だからだ。ボンドをボンドたらしめているのは、英国紳士という出自だけでなく、本物の経験と自分を律する彼独特の流儀である。初代ボンド役のショーン・コネリーのCMに「時は流れない。それは積み重なる」とあったが、これこそがボンドの奥行きなのだろう。

ボンドというと、派手なアクション、高級車に美女とシャンパン、秘密兵器やファッションなどが注目される。愛用品や立ち居振る舞いをコピーすることは可能だ。だが、本当の格好よさとは、自分でつくり上げていく「スタイル」にあるのではないだろうか。

ボンドは人の目を気にしない。ファッションもシンプル極まりない。原作を読んでも、映画を観ても、ボンドは常に本物を身につけ、本物の経験を積んでいく。そして、そこに異常なまでのこだわりを持っている男なのだ。

歴代映画の製作陣も、俳優たちも、本物であることに全精力をつぎ込む。たとえばターンブル&アッサー社は、カジノでのシーンに13枚のドレスシャツを提供した。これは立ち姿と座っている姿の皺が微妙に違って見え、美しくないから、という理由からだ。

ボンドは、見た目だけが格好いいわけではない。男は、時間をかけて細部にこだわり、内面を充実させることで本物になっていく。それを、最後にちょっと毒のあるイングリッシュ・ユーモアで包む。その格好よさこそ、ボンドが教えてくれる独自の美学なのだ。

FASHION

英国の洗練を体現した初代ボンドスタイル

ダークスーツと正装の格好よさを教えてくれた/映画でボンドが見せるスーツの着こなしは、男のダークスーツスタイルの格好よさを教えてくれた。そしてディナージャケットやタキシードなど、フォーマルの格好よさをいちばんわからせてくれ たのも、やはりボンドだった。写真:TopFoto/AFLO
ダークスーツと正装の格好よさを教えてくれた/映画でボンドが見せるスーツの着こなしは、男のダークスーツスタイルの格好よさを教えてくれた。そしてディナージャケットやタキシードなど、フォーマルの格好よさをいちばんわからせてくれ たのも、やはりボンドだった。写真:TopFoto/AFLO

CAR

だれもが固唾をのんだ華麗なる英国車でのカーチェイス

世界中の男たちがボンドのクルマに憧れた/英国の高級車であるアストンマーティン『DB5』はとにかく豪奢で美麗であった。しかもさまざまな特殊装備を施したボンドの秘密兵器でもある。そしてボンドはそれを惜しげもなく疾駆させる。その格好よさに世界中の男が憧れた。写真:PictureLux/アフロ
世界中の男たちがボンドのクルマに憧れた/英国の高級車であるアストンマーティン『DB5』はとにかく豪奢で美麗であった。しかもさまざまな特殊装備を施したボンドの秘密兵器でもある。そしてボンドはそれを惜しげもなく疾駆させる。その格好よさに世界中の男が憧れた。写真:PictureLux/アフロ

LIQUOR

その洗練された所作に日本の男たちは釘付けになった

酒にこだわる男の格好よさも教えてくれた/ウォッカのドライマティーニをステアでなくシェイクで。ドン・ペリニヨンのシャンパンは1953年がよい。そんなふうに酒に精通して、美味い酒の飲み方を知っている男の格好よさを教えてくれたのもボンドだった。写真:Everett Collection/アフロ
酒にこだわる男の格好よさも教えてくれた/ウォッカのドライマティーニをステアでなくシェイクで。ドン・ペリニヨンのシャンパンは1953年がよい。そんなふうに酒に精通して、美味い酒の飲み方を知っている男の格好よさを教えてくれたのもボンドだった。写真:Everett Collection/アフロ

SPECIAL WEAPON

男の冒険心を否応なくかきたてた現実離れした兵器たち

秘密兵器がボンドをさらに男の憧れにした/ボンドが拳銃を操るシーンは、男がきっとまねをしたものだ。またボンドの秘密兵器には、男を童心に帰してしまう魅力があった。そして男のだれもがそれが現実ではないと知っている。でもそれだからこそボンドは男の永遠の憧れなのだ。写真:AFLO
秘密兵器がボンドをさらに男の憧れにした/ボンドが拳銃を操るシーンは、男がきっとまねをしたものだ。またボンドの秘密兵器には、男を童心に帰してしまう魅力があった。そして男のだれもがそれが現実ではないと知っている。でもそれだからこそボンドは男の永遠の憧れなのだ。写真:AFLO

各時代の格好よさを象徴する歴代ボンド名鑑

ボンド映画は1962年の第1作から50周年の現在までに全23作が6人のボンドにより製作されている。ボンド役は常に賛否両論があるが、いずれも個性派の名優ばかり。あなたはだれが最高のボンドとお考えだろうか。

'62~'67、'71 ショーン・コネリー
ボンド映画を確立した大功労者
監督のテレンス・ヤングとともに映画版ボンドを確立した大功労者。ボンド映画のお約束の小粋なジョークも、コネリーの即興が生んだものだ。第1作~5作で降板したが、第7作で呼び戻され全6作に主演。番外編の『ネバーセイ・ネバーアゲイン』もある。写真:Everett Collection/アフロ
'69 ジョージ・レーゼンビー
悲運な運命だった2代目ボンド
コネリーの降板で急遽選ばれたためスーツはコネリーのもの。スポーツ万能でスキーシーンなどではコネリーをしのいだが、演技経験が浅く洒脱さに欠け、原作が屈指の暗いストーリーでラストが悲しい。結果、興行成績も不振で第6作のみとなった悲運のボンド。写真:PictureLux/アフロ
'73~'85 ロジャー・ムーア
初代候補でもあった歴代最多出演ボンド
初代の候補にされたが多忙であるため見送られた、つまりフレミングが認めたボンドのひとり。軽妙な演技とジョークが人気を博し第8作~14作の歴代最多の7作に主演。ただムーア時代のボンドはフレンチテイストのフレアスーツで、これに異論がある男も多い。写真:PictureLux/アフロ
'87~'89 ティモシー・ダルトン
最も原作に近い、と賞された4代目
2回のオファーを断り、3回目で就任。当時「最も原作のボンドに近い」と言われた4代目ボンド。事実、原作のボンドの持つニヒルさはダルトンがいちばんでもある。そして自ら「ボンドは3作やらない」と言い第15作、16作の2作で降板。やはりニヒルなのだ。写真:AFLO
'95~'02 ピアース・ブロスナン
イタリアスーツを着た新時代のボンド
ブロスナンも以前から候補とされたひとり。甘いマスクとエレガントな所作はまさに新時代のボンドで、第17作~20作の4作で世紀をまたぎボンドを演じた。スーツがブリオーニになり、初のイタリアスーツを着たボンドとなったことも、記憶に強く残る。写真:Everett Collection/アフロ
'06~ ダニエル・クレイグ
原点回帰も楽しみな最新6代目ボンド
6代目となる現在のボンド。原作の黒髪とはまったく違う初めての金髪のボンドだが、しかしクレイグになってからは奇想天外な秘密兵器が少なくなるなど原点回帰がされている。スーツもトム フォードの正統の仕立て。最新作ではボンドカーも『DB5』である。写真:Collection Christophel/アフロ
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: