ヴィンテージ人気がじわじわとメンズファッションの世界でも再燃している。 これは世界的な傾向で、本年のピッティ・ウォモの来場者を見てもジャケット姿にヴィンテージのトレンチコートやカーゴパンツをあわせるジェントルマンが多数見受けられた。

中でもこの春注目されているのが、「ファティーグジャケット」と呼ばれるアウターで、前身頃にポケットが4個ついたもの。これはミリタリーにそのルーツがあり、ヴィンテージの年代によっては価格が高騰しているものもあるほどだ。

福岡のオーダー&リフォームショップ「アルテ平和本店」が手がけた紳士のための1着

猛暑を乗り切る秘策は洗練サファリジャケットにあり!

福岡のオーダー&リフォームショップが手がけるこのサファリジャケットは、オリジナルを忠実に再現し、生地をイタリア、イギリス、日本の有名どころから選びオーダーが可能。写真のコットンのコードレーン地を使ったジャケット ※オーダー価格¥55,000(アルテ平和本店)ニット¥28,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉)パンツ¥32,000(PT JAPAN〈PT01〉)スニーカー¥46,000(伊勢丹新宿店〈カメルレンゴ〉)※価格はすべて税抜きです。
バックルなしのベルトが付いているので、トレンチコートのようにウエストを絞って着ることも可能。貝ボタンを使用しているのでミリタリーデザインでありながらエレガントな雰囲気。

このミリタリージャケットをルーツに持つ傑作デザインのサファリジャケットが、上質な素材を纏ってよみがえった。

特徴は、テーラード仕立ての美しい襟に代表される、モダンなディテールの数々。このためサファリジャケットの機能を持ちながら、エレガントで洗練された印象も漂わせている。

この一着なら猛暑の日本でも、クールなジェントルマンスタイルが手に入れられるはずだ。

<出典>
MEN'S Precious 春号「世界の名品図鑑」2019
【内容紹介】創刊10周年記念・完全保存版特集/名品を巡る旅は終わらない!/気楽に着よう、成熟の「ブラウンスーツ」/今、改めて考えよう「紳士とジーンズ」第2章/男たちよ「ハイエンドGT」に浸れ!
2019年4月6日発売 ¥1,2000(税込)
この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2019年春号より / 2019.5.14 更新
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/五十嵐和則(ウィッシュ)  スタイリスト/大西陽一
TAGS: