ポロシャツといえば、誰もが真っ先にラコステを思い浮かぶだろう。あらゆる世代に知られているブランドだが、それは何故か? ただ着心地がよくお洒落だからではない。そこには微差にこだわったサイジングや見ただけではわからない工夫が施されているからである。

老若男女に支持されるポロシャツ「ラコステ」

程よいゆとりの「ラコステ」の定番L.12.12

ポロシャツ各¥13,000(ラコステお客様センター)

すべてのポロシャツの原型とされるクラシックフィットのL.12.12は、2つボタンで袖周りはゆとりを持たせ、ストレートでリラックスしたシルエットが特徴的だ。単一の高級糸を使用して編み上げた鹿の子地は、スポーティかつエレガントな印象を与える。カラバリも豊富なためその日の気分で違った着こなしをするのも良い。

よりモダンに生まれ変わったスリムフィット

ポロシャツ各¥13,000(ラコステお客様センター)

スリムフィットの大きな特徴は、すっきりとした袖周りに程よくシェイプされたウエストだ。2つボタン、グリーンのワニ、コットン100%の従来のモデルだけでなく、ポリウレタンを混紡させストレッチ性を持たせた生地に、3つボタン、さらにはグレーワニ仕様など様々なバリエーションが揃う。

フレンチシックな佇まいのパリポロ

ポロシャツ各¥15,000(ラコステお客様センター)

見た目にも違いがわかりやすいパリポロは、ボタンが見えない比翼仕立て、襟は小さく変わり、立てても美しい着こなしが可能となった台襟付き。さらに代名詞でもあるロゴマークのワニは、同系色でまとまりそのさりげなさが愛くるしい。2つのモデルと比較すると、よりインテリジェンスな空気感をまとうポロシャツである。

以上、ラコステのポロシャツを紹介した。幅広い選択肢に加えカラバリも豊富なポロシャツは、何枚でも集めたくなってしまう存在だ。男性だけでなく女性や子どものサイズも揃うので、家族や恋人と揃えてコーディネートを楽しむのもいいだろう。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊