夏の新定番アイテムとして人気急上昇中なのがパイル生地だ。パイルってなんだ?と思うが、タオル地をイメージすると良い。タオルのように吸湿性に優れているため、夏ならば汗を素早く吸収し快適で爽やかさをキープできる。肌触りはご想像の通りふわふわで柔らかく気持ち良く、リラックスムードな雰囲気は大人の休日に持ってこいのアイテムだ。ドレスライクなポロシャツタイプを選べば適度な抜け感がおしゃれにキマる、この夏必須のアイテムとなること請け合いだ。

タオルのように気持ちいい! パイルポロシャツでリラックスした休日を!

ダークトーンのボーダー柄でシックな着こなしを!

ポロシャツ(左)¥26,000(ビームス 六本木ヒルズ〈ロベルト コリーナ〉)、(右)¥17,000(バインド ピーアール〈ギ ローバー〉)

パイル初心者は、起毛感が目立ちにくいダークトーンのボーダー柄を選ぶのが正解だ。ボーダー特有のスポーティーな雰囲気とシックなカラーリングが大人らしい印象を与え着こなしやすい。近くに寄ってみたら実はパイルだった!なんて遊び心を演出できるのは柄物ならではだ。

リゾートに映えるカラーもパイルポロシャツなら爽やか!

ポロシャツ(左)¥32,000(バインド ピーアール〈ドルモア〉)、(右)¥25,000(トレメッツォ〈フェデッリ〉)

コーディネートの中心となる派手なカラーリングのアイテムは素材を間違えると取り返しのつかないことになってしまいがちだが、パイルポロシャツなら脱力した素材感がカラーリングを巧みに中和しお洒落な印象に早変わり。せっかく着るのなら好きな色を選び、自分らしい着こなしを楽しみたい。

レトロな雰囲気を楽しめるホワイトのパイルポロシャツ

ポロシャツ(左)¥23,000(コロネット〈アンドレア フェンツィ〉) (中)¥24,000(マクローレン) (右)¥14,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈カモシタ ユナイテッドアローズ〉)

クリームのような優しいホワイトのパイルポロシャツはレトロなムード満開で、コーディネートの守備範囲が広く、ジャケットにブルゾン、デニムにショーツなどどんなアイテムとも相性が良い。大人らしさを持たせつつもパイル特有の起毛感がコーディネートにリラックスした空気感を生んでくれる。

ショーツを合わせ、夏らしい着こなしを楽しもう!

ポロシャツ¥23,000(コロネット〈アンドレア フェンツィ〉)、パンツ¥23,000(ビームス 六本木ヒルズ〈ジャブスアルキヴィオ〉)、ストール¥24,000※参考価格(アマン〈アルテア〉)、サングラス¥24,000(ルックスオティカジャパン〈レイバン〉)、靴¥39,000(コントレアリー)

シンプルな白ポロシャツも、パイル地に変えればぐっと大人びた印象に早変わり。クリースの入ったショーツやキレイ目な小物を足せば、リラックスした雰囲気の中にもきちんとしたドレス感が存在するので、海やリゾートなどのシチュエーションだけでなく街着だって可能となる大人のカジュアルスタイルが完成する。

以上、パイル地のポロシャツを紹介した。鹿の子やニットなどのポロシャツとはまた一風違った雰囲気を醸し出すパイルは、大人のリラックスしたコーディネートにすんなりとハマる優れたアイテムなのだ。一度着てしまえば、その見た目、着心地ともにクセになる。これから訪れる夏に向けてぜひ手に入れておくべし!※価格はすべて税抜きです。

※価格はすべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊