面長女性におすすめの小顔メイクテクニックをまとめました。チークの塗り方や眉、アイシャドウまで簡単にできる大切なポイントをご紹介します。

【目次】

面長の人が試したい小顔メイクテクニック


■小顔&若返りには「寒色系コントロールカラー」

佐藤佐奈さん(38歳)

学生時代からメイクのアップデートができていないという佐藤さん。20代のころから同じファンデーションを愛用し続けているそうですが、アラフォーに突入してから、クマやくすみなど肌の色ムラをカバーできなくなってきたとのこと。「厚塗りに見えずに、色ムラをカバーする方法を知りたいです」

均一な透明肌に仕上げるには、寒色系のコントロールカラーとパウダーが必須

「肌の状態は日々変わっていきますし、ベースメイクアイテムも毎シーズン進化しています。肌悩みが少ない学生時代と同じベースメイクのままでは、肌のアラを隠しきれないのは当然のこと。最新のベースメイクにアップデートすることがマストです。

それから、ファンデーションだけでカバーしようとしないこと。赤みや黄ぐすみカバーに効果的な明るめグリーンのコントロールカラーと、パープルのパウダーを取り入れることで、厚塗り感のない均一で透明感のある肌を演出することができます」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

均一透明肌をつくるベースメイクアイテム

1.赤みや黄みを抑え、透明感のある肌色に整える。コルセットのように顔を上向きに記憶。コスメデコルテ AQ コントロールカラー02 SPF25/PA++ 20g ¥5,000 2.肌と一体化するようにフィット。毛穴などの凹凸をカバーし、きめ細やかな美肌に。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ タンプードルクレームエクラ SPF25/PA+++ 12g ¥10,000 3.肌に溶け込みながら、ハリ感と上品なツヤをもたらす極上のテクスチャー。毛穴やくすみなど、肌の欠点を一掃。コスメデコルテ AQ フェイスパウダー 30g ¥12,000 4.肌にのせるとパウダーに変化し、フワッと広がり肌に自然な血色感をもたらす。ひと挿しで洗練された印象に。Amplitude コンスピキュアス クリームチークス 04 ¥4,000 5.顔のパーツにフィットするハート型。曲線を使えば、目頭やフェイスラインまで塗り残すことなく、きれいに仕上がる。THREE ワンラヴパフ(ケース付き)¥700
1.赤みや黄みを抑え、透明感のある肌色に整える。コルセットのように顔を上向きに記憶。コスメデコルテ AQ コントロールカラー02 SPF25/PA++ 20g ¥5,000 2.肌と一体化するようにフィット。毛穴などの凹凸をカバーし、きめ細やかな美肌に。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ タンプードルクレームエクラ SPF25/PA+++ 12g ¥10,000 3.肌に溶け込みながら、ハリ感と上品なツヤをもたらす極上のテクスチャー。毛穴やくすみなど、肌の欠点を一掃。コスメデコルテ AQ フェイスパウダー 30g ¥12,000 4.肌にのせるとパウダーに変化し、フワッと広がり肌に自然な血色感をもたらす。ひと挿しで洗練された印象に。Amplitude コンスピキュアス クリームチークス 04 ¥4,000 5.顔のパーツにフィットするハート型。曲線を使えば、目頭やフェイスラインまで塗り残すことなく、きれいに仕上がる。THREE ワンラヴパフ(ケース付き)¥700

厚塗り感ゼロの均一肌に仕上げるベースメイクプロセス4

1.明るめグリーンのコントロールカラーを目の下に広げる
肌に透明感をもたらす明るめグリーンのコントロールカラーを目の下に広げる。
肌に透明感をもたらす明るめグリーンのコントロールカラーを目の下に広げる。

明るめグリーンのコントロールカラーを小豆ひと粒分手の甲にとり、目の下にオン。その後、くすみが気になる目の下〜小鼻のワキにかけて、二等辺三角形に広げる。

2.フェースラインと生え際を残しファンデーションを塗る
クリームファンデーションを中心から外側に向けて広げる。
クリームファンデーションを中心から外側に向けて広げる。

クリームファンデーションをスポンジにとり、肌にオン。コントロールカラーがヨレないように、ポンポンと置き塗りするのがコツ。生え際やフェースラインは、あえてファンデーションを塗らない。こうすることで、自然な陰影が生まれ、グッと小顔に!

3.ローズのクリームチークで血色感を仕込む
スポンジに適量のクリームチークをとる。頬にのせる前に、手の甲で余分なチークを落としておくのがポイント。
スポンジに適量のクリームチークをとる。頬にのせる前に、手の甲で余分なチークを落としておくのがポイント。
頬骨の上に横長にチークをオン。左右交互に少しずつ色を挿していくのがコツ。
頬骨の上に横長にチークをオン。左右交互に少しずつ色を挿していくのがコツ。

ローズカラーのクリームチークをスポンジにとり、手の甲で余分なチークを落としてから頬の高い位置に横長にオン。スポンジを滑らせずにポンポンと起き塗りすることと、左右交互に同時進行で少しずつ色みを足していくのが自然に仕上げるコツ。くすみの多い大人の肌は、ベースメイクの段階で血色感まで仕込んでおくのがポイント。

4.パープルのフェイスパウダーで透明感をプラス
パウダーをふくませたパフを揉み込んでおくと、粉っぽくならず自然な仕上がりに。
パウダーをふくませたパフを揉み込んでおくと、粉っぽくならず自然な仕上がりに。
小鼻のワキは、圧をかけながら叩き込むようにしてパウダーをオン。
小鼻のワキは、圧をかけながら叩き込むようにしてパウダーをオン。
額や頬には優しいタッチでパフをポンポンと置くと、フワッと自然な粉づきに。
額や頬には優しいタッチでパフをポンポンと置くと、フワッと自然な粉づきに。

パウダーを含ませたパフをしっかりと揉み込む。まずはパフを山折にしてテカリを抑えたい小鼻のワキに圧をかけながらたたオン。そのままパウダーをつけ足さないで、優しいタッチでパフをのせると、ふんわりパウダーをまとうことができる。

【Before→After:完成を見比べてください!】

左は佐藤さんご自身による普段のメイク、右は長井さんに提案いただいたベースメイクの完成。グリーンのコントロールカラーとパープルのパウダーを駆使したナチュラルな血色感を感じられる透明感あふれる均一肌に!しかも、フェースラインもきゅっと引き上がって小顔に見えませんか?
左は佐藤さんご自身による普段のメイク、右は長井さんに提案いただいたベースメイクの完成。グリーンのコントロールカラーとパープルのパウダーを駆使したナチュラルな血色感を感じられる透明感あふれる均一肌に!しかも、フェースラインもきゅっと引き上がって小顔に見えませんか?

小顔&若返りにはクマやくすみを消す「寒色系コントロールカラー」使いが効く!【H&M長井かおりさん新連載】

■チークは「2色使い」

頬をキュッと上げて、フレッシュに!若々しく!

チークを入れた完成図
チークを入れた完成図

若いころは積極的に入れていたチーク。なぜだか大人になると控えめに、中には入れないという人も出てきます。理由は、頬だけが浮いておてもやん風になってしまうから、チークを入れることで頬が余計にコケて見えるから、ピンクを入れたら若づくりに見られたから…など。

でも実はこれらすべてを解消してくれるのがチークなんです。なぜならチークには、血色をアップさせることと、くすみを払って顔立ちを明るくすっきり見せる効果があるからです。

ただし、重要なのは入れる位置。チークはよく、頬骨に沿って入れると言われますが、正確には、ニコッと笑ったときにぷっくり盛り上がるところ、ここにふんわり入れるのが基本です。

そして大人はその位置よりちょい高めに! ポイントを上げることで、頬がキュッとリフトアップして若々しく見えます。

ナチュラルピンクとコーラルオレンジ、濃淡2色使いで、若々しくメリハリのある顔に

色はナチュラルピンクとコーラルオレンジ、2色を使います。なので、2色以上がセットになっているパレットが便利です。まずナチュラルピンクで、くすみをカバーして肌全体の透明感をアップ。ピンクだとかわいくなりすぎるし、白だと白浮きする可能性があるので、ナチュラルピンクがおすすめです。

肌に明るさが戻ったら、コーラルオレンジで血色感をプラス。コーラルオレンジは、日本人の黄み肌となじみがよく、疲れてよどんだ40代の肌に元気を出してくれる、魔法の色です。

左/見た目よりライトに発色し、ナチュラルに血色感アップ! パルファム・ジバンシイ プリズム・ブラッシュ №04 ¥6,300(使用色) 中/ヌーディなウォームピンクとヌードオレンジの組み合わせ。MiMC ビオモイスチュアチーク 02 ¥3,800 右/ほんのり上気したかのような頬になるコーラルベタル。カネボウ ヴァリアンブラッセ 01 ¥5,500(セット価格)
左/見た目よりライトに発色し、ナチュラルに血色感アップ! パルファム ジバンシイ プリズム・ブラッシュ №04 ¥6,300(使用色) 中/ヌーディなウォームピンクとヌードオレンジの組み合わせ。MiMC ビオモイスチュアチーク 02 ¥3,800 右/ほんのり上気したかのような頬になるコーラルベタル。カネボウ ヴァリアンブラッセ 01 ¥5,500(セット価格)

1:ナチュラルピンクを頬全体に入れてトーンアップ!

頬全体に、上、中、下と3回に分けて入れる
頬全体に、上、中、下と3回に分けて入れる

チークは、ジバンシイの04番を使用。まず、ケース左のナチュラルピンクをブラシに取ります。粉がブラシの中までしっかり入るよう、右サイド、左サイド、そしてブラシの先にもたっぷり含ませましょう。

ぼかすときは、鼻の横からフェースラインに向かって、ブラシを大きく動かして。さらに上、中、下と3回に分けて、頬全体に入れます。

ハイライト系の色は目の下や目尻のCゾーンに入れることが多いのですが、ここに明るい色を入れてしまうと、ハイライトが目立ちすぎて、若づくり感が出てしまいます。頬の広い範囲に淡い色を入れることで、肌なじみがいいのはもちろん、肌全体の透明感がアップするんです。

2:コーラルオレンジを「頬の高い位置」に入れて血色感を出して

頬骨のラインに沿い、スタンプのように押して入れていく
頬骨のラインに沿い、スタンプのように押して入れていく

右のコーラルオレンジもブラシにたっぷり粉を含ませてから、頬骨より気持ち上に乗せていきます。そのとき、くるくる円を描くように入れるのではなく、頬骨のラインに沿ってペタペタとスタンプのように入れていきます。

「スタンプ押し」にすることで、色がしっかり乗って、頬がキュッと上がって見えるんです。頬が上がると、顔全体のポイントも上がるので、もたついたフェースラインがすっきり小顔に!

チークは「2色使い」で、肌の透明感と血色感を取り戻せる!

■小顔もかなう!「左右の高さ」が違う眉を今どき「平行眉」に

左右均等な今どき眉をつくるアイテム

1.眉の毛流れを整えたり、描いた眉をぼかしたり…と大人の眉にマストなスクリューブラシ。ヘッドを少し折り曲げて使うのが長井流。THREE スクリュー ブラシ ¥1,400 2.理想どおりの眉に仕上げるためには、付属のブラシよりもしっかりとしたコシがあり、柄の長い専用のブラシの用意を。THREE アイブラウ ブラシ ¥3,000 3.今どきのニュアンス眉に不可欠な、ほんのり赤みを帯びたブラウン。ふんわりもくっきりも思いのままに。セルヴォーク インディケイト アイブロウパウダー 02 ¥3,500
1.眉の毛流れを整えたり、描いた眉をぼかしたり…と大人の眉にマストなスクリューブラシ。ヘッドを少し折り曲げて使うのが長井流。THREE スクリュー ブラシ ¥1,400 2.理想どおりの眉に仕上げるためには、付属のブラシよりもしっかりとしたコシがあり、柄の長い専用のブラシの用意を。THREE アイブラウ ブラシ ¥3,000 3.今どきのニュアンス眉に不可欠な、ほんのり赤みを帯びたブラウン。ふんわりもくっきりも思いのままに。セルヴォーク インディケイト アイブロウパウダー 02 ¥3,500

左右対象な今どき眉に仕上げる描きかたプロセス5

1.スクリューブラシで眉の毛流れを整える
スクリューブラシで眉の毛流れを整えておくことが美眉への第1ステップ。
スクリューブラシで眉の毛流れを整えておくことが美眉への第1ステップ。

眉を描きはじめる前に、まずはスクリューブラシで眉を眉頭から眉尻に向けてとかし、毛流れを整えておく。スクリューブラシのヘッドを少し折り曲げておくと、眉にフィットしやすく。

2.眉尻部分に軸となるガイドラインを描く
ブラウンのオレンジを混ぜて、旬な赤みブラウンに。
ブラウンのオレンジを混ぜて、旬な赤みブラウンに。
眉山の少し手前から眉尻に向けて、眉の軸を通すようにガイドラインを引いておく。
眉山の少し手前から眉尻に向けて、眉の軸を通すようにガイドラインを引いておく。

パウダーアイブローの濃いブラウンとニュアンス色の2色をブラシで混ぜてとり、まずは眉尻部分に軸となるラインを描く。片方を描き終えたら、もう片方も同様に軸となるラインを描いておく。

3.低いほうの眉頭の上側に眉をプラス
左右対象の眉に仕上げるためにもっとも大切なのが、眉頭の高さを揃えること。
左右対象の眉に仕上げるためにもっとも大切なのが、眉頭の高さを揃えること。

左右で低いほうの眉頭上部分にブラシを置いて眉尻に向けてブラシを動かし、眉に高さを出していく。高い方の眉頭は、隙間を埋める感じで整える程度に。

4.眉尻は高い方は下に、低い方は上に描き足す
眉頭の高さを揃えたら、鏡を見ながら高い方の眉尻下を描き足していく。
眉頭の高さを揃えたら、鏡を見ながら高い方の眉尻下を描き足していく。
低い方の眉尻は、軸の上側を書き足す。
低い方の眉尻は、軸の上側を書き足す。

続いて眉尻部分を整えていく。高い方の眉山〜眉尻の下側を描き足し、低い方は最初に描いた軸に肉付けする要領で上側に描き足す。鏡を見ながら左右対象になるうように少しずつ進めるのがコツ。

5.はみ出た眉をハサミでカット
はみ出た眉をカットしておくと、次回からの眉メイクがしやすく。
はみ出た眉をカットしておくと、次回からの眉メイクがしやすく。

眉を描き終えた状態で、高さを揃えるのに邪魔になるはみ出た部分をハサミでカットして眉を整えておくと、次の日からの眉メイクの時短がかない、目元もスッキリした印象に。

【Before→After:完成を見比べてください!】

写真上段は佐藤さん自前メイクの眉、下段は長井さんにご提案いただいた今どき「平行眉」。眉の低い方は眉の上側に、高い方は眉の下側に少しずつ足りない部分を埋めていく感覚で左右交互に描いていくのがコツ。やや太めの平行眉なら顔の余白が狭まり、グッと小顔な印象にも。
写真上段は佐藤さん自前メイクの眉、下段は長井さんにご提案いただいた今どき「平行眉」。眉の低い方は眉の上側に、高い方は眉の下側に少しずつ足りない部分を埋めていく感覚で左右交互に描いていくのがコツ。やや太めの平行眉なら顔の余白が狭まり、グッと小顔な印象にも。

小顔もかなう!「左右の高さ」が違う眉を、今どき「平行眉」に変えるには?

目が小さい人が試したいおすすめメイクテクニック


■ブラウンの仕込みアイシャドウでたるんだまぶたをすっきり!

ブラウンの仕込みアイシャドウと、アイラインの引き方のコツを押さえて、たるんだまぶたをスッキリ見せる!

平坦な印象のナチュラルメイクから、メリハリと知的さのある華やぎメイクへ。加齢とともに重くたるんできたまぶたは、仕込みシャドウとはね上げアイラインですっきり見せるのがポイントです。
平坦な印象のナチュラルメイクから、メリハリと知的さのある華やぎメイクへ。加齢とともに重くたるんできたまぶたは、仕込みシャドウとはね上げアイラインですっきり見せるのがポイントです。

たるんだまぶたをすっきり見せるアイメイクアイテム2点

人気の4色パレットは、まぶたに陰影をもたらすブラウン+旬カラーの組み合わせを選ぶと、アイメイクの幅がグッと広がる。SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 ¥6,800 ツインアプリケータータイプ。筆先が短くブレないマーキングチップ側を使用。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス 2 ¥5,000
人気の4色パレットは、まぶたに陰影をもたらすブラウン+旬カラーの組み合わせを選ぶと、アイメイクの幅がグッと広がる。SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 ¥6,800 ツインアプリケータータイプ。筆先が短くブレないマーキングチップ側を使用。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス 2 ¥5,000

たるんだまぶたをすっきり見せるアイシャドウの塗り方&アイラインの引き方プロセス3

1.ブラウンのアイシャドウで陰影をつける
締め色を使って、まぶたに影を仕込みます。目の際から上向きにアイシャドウを広げ、自然なグラデーションに。
締め色を使って、まぶたに影を仕込みます。目の際から上向きにアイシャドウを広げ、自然なグラデーションに。
ブラウンシャドウ効果で腫れぼったいまぶたが引き締まり、奥行きが生まれました。
ブラウンシャドウ効果で腫れぼったいまぶたが引き締まり、奥行きが生まれました。

ブラシにブラウンのアイシャドウ(SUQQU・右下)をとり、アイホールよりやや広めに広げて、まぶたに影を仕込み、奥行きを出します。

2.ニュアンスカラーを重ねる
寒色系のニュアンスカラーを選ぶと、すっきり洗練された印象に。
寒色系のニュアンスカラーを選ぶと、すっきり洗練された印象に。

ありがちなブラウンメイクで終わらせないために、上にニュアンスカラーを重ねます。指にミントグリーンのアイシャドウ(SUQQU・左上)をとり、ブラウンシャドウのやや内側にオン。ポンポンと軽く置くようにのせるのがコツ。

3.目の際にアイラインを
アイラインは黒ではなく、目元に自然になじむダークブラウンを。ブラシの毛足が短いタイプを選ぶとブレずにきれいなラインが引けます。
アイラインは黒ではなく、目元に自然になじむダークブラウンを。ブラシの毛足が短いタイプを選ぶとブレずにきれいなラインが引けます。

まぶたを指で引き上げ、皮膚がピンと張った状態でリキッドアイライナー(クレ・ド・ポー ボーテ)でアイラインを。目尻を少し跳ね上げて、リフトアップ効果を目ざして。

完成!仕込みアイシャドウとはね上げラインで、すっきりとした目元に!

仕込みシャドウで腫れぼったい目元に奥行きが生まれ、すっきりとした印象に。目尻をはね上げたアイラインのリフトアップ効果でたるみを感じさせない目元に変身。
仕込みシャドウで腫れぼったい目元に奥行きが生まれ、すっきりとした印象に。目尻をはね上げたアイラインのリフトアップ効果でたるみを感じさせない目元に変身。

「まぶたのたるみ」を解消!仕込みアイシャドウ&アイラインの引き方テクニック


※掲載した商品の価格はすべて税抜です。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。