「Precious.jp」の記事の中から、今人気のお団子ヘアの作り方の記事をピックアップ。長い髪をすっきりとまとめたい40代~50代女性にぴったりのお団子ヘアが盛りだくさんです。簡単にできるエレガントなお団子ヘアで毎日を楽しく。

【目次】

短めヘアでもできるお団子の作り方


■コームを差し込むだけの簡単お団子ヘア

ヘアアレンジにプラスするだけで、印象がガラリと変わるヘアアクセサリーを使って作るお団子です。ゴムとピンを使ったシンプルなアレンジに飽きているなら、ヘアアクセサリーでいつもと違う雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?定番のアレンジから上級者風の装いになります。

完成
サイド
バック
アレンジ前

【お団子の作り方】

1:耳上ラインの髪をひとつにまとめてゴムで結ぶ
耳上の髪を手ぐしで集めて耳の中間くらいの高さで結ぶ。
2:結んだ毛束に穴を開けて毛先を通す
結んだ毛束を穴に通してくるりんぱする。
3:ゴムを持ちながらトップの毛束を引き出す
結んだ箇所を抑えながらトップの毛束を引き出す。中央付近の毛束を2?3箇所引き出して。
4:残りの髪をひとつ結びにして、2と同様にくるりんぱする
くるりんぱした上の毛束を留めておくとやりやすい。結んだら、中央に穴を開けて毛先をくるりんぱして。
5:くるりんぱした耳下の毛束の穴に、上の毛束の毛先を入れる
下のくるりんぱの穴に下から指を通して、上の毛束を掴むとやりやすい。
2回にわけたくるりんぱのできあがり。
6:上の毛束と下の毛束の毛先をまとめてゴムで結ぶ
上下の毛束がバラつかないように結んで。
7:結んだ毛先を上のくるりんぱの穴に収める
上のくるりんぱの穴に入れてお団子にする。
8:収めた毛先をピンで留める
うまくまとまらない場合はピンで数カ所留めても◎。お団子になるよう固定する。
お団子のできあがり。
9:最後にコームを上から差し込む
お団子の上から根元に向けてコームを差し込めば完成。

髪を上下に分けて作ったダブルくるりんぱをひとつにまとめてお団子にし、その上からコームを差し込むだけです。お団子にしただけでも様になりますが、品のあるコームを差し込むだけで印象がエレガントに。こなれ感のあるアレンジ上級者風の仕上がりになります。

お団子にコームを差し込むだけ。上品さと色気を併せ持つ、簡単くるりんぱアレンジ

ふわふわ系のお団子の作り方


■大人の「シニヨン」風のお団子の作り方

いつもと雰囲気を変えたい時や、フォーマルな装いの時に便利な「お団子ヘア」。40代の定番アレンジですが、ついつい張り切ってしまい、若づくりなお団子ヘアになっていませんか?さり気ないのに存在感がある。次は、上品&清楚なお団子ヘアをご紹介します。

完成
サイド
バック

40代以降は、髪がヘタってしまったりパサつきも気になると思うので、適度なボリュームと毛束の艶を出すために、頭頂部の髪を巻いておくと◎です。この仕込みをするかしないかで、印象がガラッと変わります。頭の型もきれいに見えます。

アレンジ前

【お団子の作り方】

1:頭頂部の髪をアイロンで巻く
アイロンは32mmを使用。トップの髪をざっくりと取って根元をランダムに巻く。
2:髪を後ろにまとめて後れ毛を出す
髪をまとめる時は手グシでザックリと。耳は半分だけ隠すのがポイント! 後れ毛はもみあげの少し上を、ひとつまみだけ引き出して。
3:ゴムでひとつ結びにする
きっちりまとめすぎないように注意!
4:ゴムを持って左右前後の毛束を引き出す
全方位少しずつ引き出して。
5:後頭部の髪を引き出して高さを出す
ゴムを持つと引き出しやすい。高さを出すことで頭の型がよく見える効果も。
6:結んだ毛束の毛先をピンで数回に分けて固定する
お団子になるよう、数回に分けて毛束をゴム付近にピン留めする。

お団子の位置は、下過ぎず上過ぎない、耳裏あたりを意識するのがポイント。後れ毛は出しすぎると〝疲れたオバさん風〟になるので、こめかみの上をひとつまみ分だけ出して。後れ毛の広がりやパサつきが気になるときは、ワックスなどをつけましょう。

「若作りなお団子ヘア」に見えない!大人のシニヨンの作り方6ステップ

■40代でも似合うお団子ヘア「メッシーバン」の作り方

「メッシーバン」とは、くずれかけたお団子ヘアのこと。ゆるっとルーズに仕上げることで「こなれ感」が増すと、ヘアアレンジ好きの女性を中心に話題となっています。

ルーズでこなれ感のある「メッシーバン」ですが、カジュアルな印象が強く、「若い世代の髪型」「40代には似合わないのでは?」と敬遠している方も多いのではないでしょうか?

大人の女性のための「低めお団子スタイル」。ポイントは2点!「お団子の位置」「引き出す髪の量」に注意すれば誰でも簡単にできます。

完成
サイド
バック
アレンジ前

【お団子の作り方】

1:耳半分から上の髪の毛を結ぶ
耳半分の上の髪の毛をざっくりと取ってゴムで結ぶ。

2:襟足を左右に分けて1の上で結ぶ

襟足は左右に分けてプロセス1で結んだ髪の上でひとつ結びにする。
結んだ後にキュッと左右に引っ張ると崩れにくくなる。
3:1と2のゴム回りの毛を引き出す
結んだゴムを片手で抑えて後頭部の髪を引き出す。後頭部が丸いシルエットになるようしっかりと引き出して。
4:頭頂部の髪を引き出す
ゴムを持ったまま頭頂部の髪も引き出す。頭頂部に高さとボリュームを出す。
5:2で結んだ毛束をねじりながら、お団子にしてピンで留める
毛束をねじり、毛先をゴムの根元にピンで固定。毛束は2?3つに分けて、数回繰り返す。
6:1で結んだ毛束もねじってお団子にする
毛束をねじり、毛先をゴムの根元にピンで固定。毛束は2?3つに分けて、数回繰り返す。
7:前髪を細かく巻く
26mmを使用。前髪が割れないように細かく毛束を取ってワンカールする。

お団子をきっちり、きれいにまとめようとすると、ルーズな動きが出にくくお団子も小さくなってしまいます。ある程度ラフに、ザクザクとピンで留めることが成功の鍵です。髪のパサつきが気になるときは、下準備でワックスやトリートメントをなじませると、アレンジしやすくなります。

40代でも似合うお団子ヘアって?「メッシーバン」のやり方7ステップ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: