着る物が少ない夏だからこそ、足元には気を使うべきである!それこそファッションに気を使うのがマナーであり、アイテムにはさりげないエレガントさが必要であるが、毎回コーディネートや使うアイテムを考えるのは大変である。そこでオススメしたいのが、スニーカー感覚で履けるホワイトバックスのシューズだ。これさえあれば、いつものコーディネートが格段に見違えるはずだ。

日本の粋を表現する紳士靴ブランド「三陽山長」のホワイトバックスを使用したシューズ

靴各¥68,000(三陽山長 日本橋髙島屋S.C.店)※全て綿谷画伯コラボモデル、全て数量限定商品。

日本を代表するメンズファッションイラストレーター綿谷寛氏とのコラボレーションモデルであるホワイトバックスのシューズは、左からサドル、リボンタッセル、ギリーの3モデルで展開。なめらかな質感と柔和な白の発色が美しいシューズは、履くだけで男のエレガンスを引き立てる。写真左のシューズは、同ブランドの中では珍しい、ぽってりとしたトゥにボリュームを持たせた新しい木型を採用。写真中・右のシューズにある甲の美しいモカは、職人が手作業で縫い上げている。

ホワイトバックスで、上品な夏の着こなしを!

シャツジャケット¥39,000(マラケシュライフ)、シャツ¥21,000(ポール・スチュアート 青山店)、パンツ¥39,000(ピーティージャパン〈ピーティーゼロウーノフォワード〉)、靴¥68,000(三陽山長 日本橋髙島屋S.C.店)

三陽山長のホワイトバックスであれば、ドレススタイルだけでなくカジュアルなスタイルもお手のもの。男らしい太めのカーゴパンツでカジュアルな印象を与えながらも、靴とトーンを合わせることで野暮ったくならず爽やかな印象になる。鮮やかなイエローのシャツジャケットを合わせれば夏らしいコーディネートが完成する。

ホワイトバックスは通年履けるアイテムであるが、カジュアルになりがちな夏にこそおすすめしたい。白のレザー靴だからといって気負いせず、白スニーカーと同じように履きこなしていただきたい。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊