働く女性に向けたリアルクローズの宝庫「エブール」

ローンチから3年目を迎えたエブール。3月には5店舗目となる六本木店をオープンさせ、その人気は高まるばかりです。ブランドを統括するのは酒井典子さん。これまでもキャリアブランドを成功に導いた名ディレクターです。

「クリエイションの過程で大切にしているのは、企画チームとのディスカッション。30~50代の感度の高い女性スタッフたちとの対話が、次なる展望の足がかりとなり、服づくりのコンセプトにつながります」

働く女性のリアルな声と酒井さんの感性、大人の女性の体を美しく見せるノウハウがあるから、エブールには私たちが「今、着たい!」と思える服があるのです。

なかでもワンピースは、エブールらしい繊細なパターンと洗練されたデザインで着る人の魅力を引き出し、印象的なたたずまいへと導く名品ぞろい。

「シーンや相手の気持ちに寄り添える着こなしが大切」という酒井さんの考えが反映され、きちんと感と旬のニュアンスを両立。頼りになる一枚が見つかります。

スタイルよく見えるフォルムは感動もの! クリーンな女らしさの香るフェミニンなワンピース

ワンピース¥58,000(ebure) [Precious2019年6月号116ページ]

肩を落とした続き袖から漂うリラックスしたムードと、浅めのVネックが演出するきちんと感のさじ加減が絶妙なAラインワンピースです。付属のベルトでマークすると、メリハリが出てエレガントなたたずまいに。

重厚感のある上質なミディアムリネンは、愛知の尾州地区で製作した定番のオリジナル生地です。ドレープによる陰影とグレイッシュなダークブルーの色合いに魅了されます。

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
佐藤 彩