「声を荒らげる」…あなたはなんと読みますか?古来の日本語に目を向けているのは、大人だけではないようです!

今回、シンプルですが超難問なのです。

「言葉遣いが古い」と指摘されたら、あなたはどう感じますか? 自分が自信をもって使っている正しく美しい古来の言葉、と胸を張って使い続けますか? それとも、イマドキの感覚も取り入れないとダメね、と、改めますか?

どちらが正解、ということは言えませんが、今回は、文化庁の調査でとても意外なデータの出た「声を荒らげる」という言葉をおさらいしながら、言葉遣いについて考えてみたいと思います。

Respect(尊敬される)女性から、Shame(残念な)女性にならないために、自身の言葉遣いや姿勢を、今一度見つめ直してみましょう。

というわけで、クイズです。

【問題1】

「大きな声を出す」を意味する慣用句『声を荒らげる』の、”荒らげる”の読み方は、以下のどちら?

1:あららげる
2:あらげる

文化庁の『国語に関する世論調査』(平成22年度)で、正解率11.4%だった超難問です! あなたは正解できますか?

正解はどちら?…迷いますね。
次ページ 超難問の正解発表!
この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
参考資料:文化庁「国語に関する世論調査」(平成22年)
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
小出 真朱