天才と称され「世界に認められた」才能あふれる逸材

早熟であり、多角的な才能を発揮したデザイナー(C)CHANEL

享年85歳。1935年9月10日、ドイツのハンブルグの裕福な家庭に生まれた。14歳でパリに移住。16歳のとき、国際羊毛事務局(以降IWS)開催のコンテストで、コート部門でグランプリをとる早熟な天才だった。

同時期にドレス部門のグランプリを取ったのが、イヴ・サンローラン。パリオートクチュール組合が経営する学校の同級生であり、卒業してからも、良きライバルとして存在し合い、ときには愛人を取り合うなど紆余曲折はありながら、ふたりは親友であったと、のちに雑誌のインタビューで答えている。

カール・ラガーフェルドが自ら撮影した『The Little Black Jacket』

ポップでキッチュ、ファッションデザイナーにしてカメラマン、本も書いて出版する。ドイツ人だけどフランスが大好き。そして、不世出の才能を持つカール・ラガーフェルドを得て、不死鳥のように蘇ったシャネル。

たくさんの魔法と神話が絡み合ったツィードのように、カラフルで起伏に富むカール・ラガーフェルドの物語は、亡くなってもまだ終末を見せず、これからも、カールの迷宮でうっとりと彷徨っていたいと願う私たちの気持ちを見透かしたように、鼓動を打ち続けている。

次ページ カールが魔法をかけたシャネルとは!?
この記事の執筆者
1987年、国際羊毛事務局婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。2000年より情報用語辞典『イミダス』でファッション分野を執筆。毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。好きなもの:ワンピースドレス、タイトスカート、映画『男と女』のアナーク・エーメ、映画『ワイルドバンチ』のウォーレン・オーツ、村上春樹、須賀敦子、山田詠美、トム・フォード、沢木耕太郎の映画評論、アーネスト・ヘミングウエイの『エデンの園』、フランソワーズ ・サガン、キース・リチャーズ、ミウッチャ・プラダ、シャンパン、ワインは“ジンファンデル”、福島屋、自転車、海沿いの家、犬、パリ、ロンドンのウェイトローズ(スーパー)
PHOTO :
(C)CHANEL、AFLO
WRITING :
藤岡篤子
EDIT :
石原あや乃