以前、モト・グッツィを友人から借りて少しばかり走ったことがある。国産車は当然、BMW、さらにはドゥカティというイタリアンにも跨がり、走ったことがある。どれも独特のライディングフィールを感じたが、乗りにくい感覚を抱いたことがなかった。だがモト・グッツィだけは違った。やや癖が強く、乗りにくいというか、ちょいとコツがいる印象だった。

 それが1年ほど前、雑誌の企画で久し振りに乗る機会を得た。赤く塗装されたフレームにゼッケンカウルやメッキタンク、そしてバックステップなどが与えられた、V7 IIIレーサーというカフェレーサーモデルだった。過去の印象から乗りにくさを覚悟して走り出したのだが、それは杞憂に終わった。

 ごくごく普通に乗りこなせるし、癖もあまり感じることなく、混み合った都内の道をヒラリヒラリ。郊外に出ると、これがまた好ましい人馬一体感を得ることが出来たのだ。それ以降、モト・グッツィを敬遠することはなくなり、機会さえあれば積極的に跨がるようになった。

ぎらぎらしない上質をまとう

V7 IIIはモト・グッツィの中核を成すツーリングモデル。ミラノの名を冠したこのモデルは、専用の外装をまとう。
クロームやアルミパーツをふんだんに使った美しいスタイリング。

 そして今回のV7 IIIシリーズの特別仕様、「ミラノ」である。上質感溢れるクロームやアルミパーツ、そして渋い輝きの燃料タンクを与えたカスタムモデルだ。よく「大人の仕上げ」とか「高級」などというが、それを端的に表現したのが、このモデルだ。

 縦置きV型2気筒エンジンはブラックアウトされているが、そこから連なるエキゾーストパイプ、そしてサイレンサーまでが煌びやかなクローム仕上げ。さらに前後のタイヤをカバーするフェンダーもアルミ化されている。一方で、カラーリングはあくまでも渋めを貫いている。クロームパーツとの絶妙なバランスは、さすがイタリアンと感心させられるばかりである。

 それだけではない。シートをよく見ると、白いステッチがアクセントとして効いていることがわかるはず。側面に合皮を、座面にはアルカンターラを用いるなど、素材の使い方もうまい。

 おまけにシート後方の、「MOTO GUZZI」のロゴは刺繍という贅沢さだ。全体に漂う大人っぽさ、上質さは、写真からも感じ取ってもらえるはず。これならカジュアルな装いのみならず、ドレスアップして乗っても似合いそうだ。

扱いやすい750ccエンジン

エンジンヘッドが左右に突き出す縦置きVツインエンジンを搭載。
4輪の縦置きエンジン同様、クランクシャフト(ピストンの往復運動を回転力に変える軸部分)が進行方向と平行になるため、効率がいい。

 外観ばかりに話は及んでしまったが、乗りやすさはベースモデルのV7 IIIと共通。750ccという、今となっては扱いやすい排気量のエンジンは、4,000回転辺りまで使いながら走れば、ほとんどの交通の流れに乗って軽快に走ることが出来る。近頃のビッグバイクに慣れた方には、38kwという最高出力が少々物足りなく思うかもしれないが、実際にはそれがかえって扱いやすさにつながり、どんなシーンでもストレスを感じることなく走れるのだ。

 エンジンヘッドが横から出ているが、ボディはスリムで足つき性も良く、街乗りからツーリングまで楽しめる。チェーンではなく、シャフトドライブにつき、スロットルを急に開けると回転するシャフトの反力で車体が少し右へ傾く特性はあるが(トルクリアクション)、ごくごく普通に走っている限り、ライディングの快適さをスポイルするようなレベルのものではない。乗りにくさや扱いにくさはどこにもなく、ごく普通に乗れるバイクとして、リターンライダーにもおすすめできる。お乗りの際はぜひ着こなしも工夫して、モト・グッツィの洒脱な魅力を引き出していただきたい。

<モト・グッツィV7 IIIミラノ>
全長×全幅×全高:2,185×800×1,110㎜
車両重量:213kg
シート高:770㎜
トランスミッション:6速リターン
エンジン:空冷V型2気筒OHV 2バルブ744cc
最高出力:38kw(52PS)/6,200rpm
最大トルク:60Nm/4,900rpm
価格:¥1,148,000(税込)

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
男性週刊誌、ライフスタイル誌、夕刊紙など一般誌を中心に、2輪から4輪まで「いかに乗り物のある生活を楽しむか」をテーマに、多くの情報を発信・提案を行う自動車ライター。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。
TAGS: