私が大切にしていること。まず、友達を大切にしています。子供たち。仕事。食事。料理。そんなことかしら。順番で言うと、子供たちが一番かな。二番に友達かな。私の娘とべべちゃん(※島田さんのお孫さん)は、パリの自宅の上の階に住んでいます。出て行ってほしいけど、出ていったらそれはそれで寂しいし。一緒にいられるうちには一緒にいたいですね、小さいべべちゃんが6才でかわいいから。親子だから難しいですよ、ケンカもたくさんあるし。

自宅でリラックスして話す島田さん

友達は、兄弟とか親――はもういなくなっていますけど、そういった肉親は、自分が選んだ人たちじゃないじゃない。友達は大人になってから自分で選べるし、選んだ友人だから、大切にしたい。行き違いや喧嘩っぽいことがあっても、許しあえる友達。そういうのが大事だなって。空気みたいな存在の友達が一番いいですね。言い訳しなくていい。私はすごく気を遣う人なので、傷つきやすかったり、相手にも同じようなことを感じると、すごく苦しいのね。そういうときも、もう一度話し合えて仲よくなれるっていう。

 

私の友達関係というのは、長いんです。大事にするから。私たちの年齢に合った友達というよりも、すごく年上だったり、年下だったり、年齢は関係なく友達って大事。いろんなことを教えてくれるし、シェアできる。食事に行くだけじゃなかったり、仕事をするだけじゃなかったり。本当の友達は、苦しいときには駆けつけ合ったり、それだけじゃないですけど、よいところも悪いところもみんな飲み込んで友情は生まれますよね。誰だってよいところばかりじゃない、人間、誰でも欠けているものがあります。私なんて大(おお)欠けだから、そういうのを許してくれる……そして私も許せる。

 

言葉がすれ違ってしまって悲しいときには、運転して車の中で歌を歌うのは、私なりの悲しいときの解決方法。友人関係にはグチを言ってしまうけど、仕事のことやなんやかや言いたくなっちゃうけど、お互い思いやらないとね。私ばっかりグチを言っていても失礼だし、自分で解決しないといけないことは、たくさんあるのよね。そういうときは車の中でひとりになって、なんかしてたりするわね。お互い一緒にいる時間をハッピーでいられるよう努力するような、お互い同じ価値観を持っている人とは理解し合えます。そうじゃないと、いちいち説明しないといけないような人は友達にはなっていないですね。

島田さんが愛するライダースジャケットを、ベアにも

私は自分のほうは、気が合いそうな人ってすぐわかるけど、相手の人は例えば仕事で出会っていたら、仕事は仕事って割り切る人は割り切るしね。仕事の作業を通してだけのつきあいって、私にはすごく冷たく思えるの。でもそれはそれで、私もそれ以上は深くその人に入っていけないので、そこまでですけど、本当は仕事でも、付き合うなら泥足で踏み込んでいけるくらいの人がいい。私たちの仕事って、わかり合うことがすごく大事だから、プライベートの暮らしでも、どんどんお互い中に入って、自分のことわかってもらうのって大事じゃないかなと思ってるんです。

 

■『島田順子おしゃれライフスタイル Shimada Junko Style 』
パリコレ35周年を記念した、島田順子さんのかっこいい生き方が詰まった、ファン待望の最新ライフスタイル本が好評発売中。

¥1,500(税別) マガジンハウス刊

【関連記事】
>>島田順子さん、東京の自宅で語る「時間の使い方」
>>島田順子さんらしい人づきあい。「泥足でその人に踏み込んでいけるくらいの関係がいい」
>>島田順子さんの宝物は旦那さまからプレゼントされた指輪

>>【動画】安藤優子さんが伝授! “きれいな言葉”を話すコツ

この記事の執筆者
1941年7月7日生まれ。杉野学園ドレスメーカー女学院デザイナー科卒業。1966年、渡仏。1968年、パリの百貨店・プランタンの研究室へ入る。1970年、デザイナー集団マフィア入社。1975年、キャシャレル社入社。1976年、女児出産。1981年、パリに「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」設立。パリにて初めて「JUNKO SHIMADA」コレクションを発表。東京にて初めて「49AV.JUNKO SHIMADA」コレクション発表。1988年、山地三六郎氏と結婚。1996年、日本ファッションエディターズクラブデザイナー賞(FEC賞)受賞。2010年、孫が誕生。2012年、フランス文化勲章シュヴァリエ授与。2013年、東京オリンピック招致委員ユニフォーム監修(AOKI)。2016年、パリコレクション70回・35周年を迎える。 好きなもの:子供、友達、仕事、食事、料理、包丁、皿、台所用品、動物のもの、ガラス
クレジット :
撮影/篠原宏明 構成/安念美和子