気温15度の日におすすめのコーディネートをまとめました。最高気温が15度か最低気温が15度かで大きく変わるコーディネートをそれぞれご紹介します。

【目次】

最高気温15度の日におすすめのレディースコーデ


ベージュのノーカラーコート×パンツ×スカーフ

ベージュのノーカラーコート×パンツ×スカーフ
コート・ブラウス・パンツ(ebure)、スカーフ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

風をはらんで軽やかになびく、やわらかな質感のノーカラーコート。エポーレットやガンパッチなど、トレンチのディテールを採用しながら、ボタンレスでフェミニンな仕上がりが魅力です。ビタミンカラーのシルクスカーフをふんわりと巻いて、春らしい爽快なイメージを満喫しましょう。

イヴ・サンローランのウールジャケット×ブラウス×スカート

イヴ・サンローランのウールジャケット×ブラウス×スカート
ジャケット・ブラウス・ボウタイ・スカート・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

細ラペルが端正なウールジャケットは、はおったときにいちばんきれいに見えると打ち出されたこだわりの74㎝丈。小さめの袖ぐり、細身な身幅で、ロングシルエットでもスマートに着こなせます。マニッシュな表情のジャケットには、リボン風のボウタイで、ほのかな女らしさをプラスさせましょう。

グッチのミントグリーンコート

グッチのミントグリーンコート
コート・バッグ・ブラウス(グッチジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

思わず笑顔を誘うような春らしいミントグリーンと、パールビーズやスパンコールを立体的にあしらったフラワービジューの組み合わせが、なんともキュートなコートを主役に。そして、バッグのハンドル部分は、なんとクリスタルがちりばめられたプレキシガラス! クラシカルなバンブーバッグがモダンに進化した心浮き立つ逸品です。きれい色のレトロなコートに、ピュアなホワイト×クリアなグリーンハンドルが映える洗練モードを満喫しましょう。

ミックスツイードコート×ワンピース

ミックスツイードコート×ワンピース
コート・バッグ『DG ミレニアルズ』・ワンピース・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

黒をベースにさまざまな色をミックスしたツイードコート。着丈90㎝とひざが隠れるかどうかの着やすい丈感が、シーンを選ばず活躍しそう。同素材のワンピースとセットアップで着こなせば、よりドレスアップ効果も狙えます。フラワー柄のポケットが愛らしいワンポイントに。春気分あふれるピンクのチェーンバッグは、カーフレザーにイグアナプリントを施したもの。ブランドロゴを描くビジューが、動くたびにきらめきます。

マッキントッシュのグリーンコート×ニット×パンツ

マッキントッシュのグリーンコート×ニット×パンツ
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、ゴム引き素材ならではのマットな発色のオリーブグリーンが上品。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートは、インナーとボトムを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

ブルーのニット×ブラウス×パンツ

ブルーのニット×ブラウス×パンツ
ニット・ブラウス・パンツ・手に持ったストール(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

遠目からでも印象的に輝く、鮮やかなブルーのプルオーバーは、うっとりするほど贅沢な太ゲージのカシミア素材。ネット状の編み目から、インに着た白のブラウスが透かせて爽快さを表現。クリーンな白との相乗効果で、好感度の高い着こなしに仕上がります。

ペールピンクのロングカーディガン×ワイドパンツ

ペールピンクのロングカーディガン×ワイドパンツ
カーディガン・Tシャツ・ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適なペールピンク。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気に仕上げましょう。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせて、こなれた余裕を感じさせて。

カーキのトレンチコート×ネイビーのワンピース

カーキのトレンチコート×ネイビーのワンピース
コート(アマン〈パルト〉)、ワンピース(VINCE 表参道店)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ヴィンテージ風のこなれ感を印象づけるのがカーキのトレンチです。胸元スリットとブラウジングデザインがフェミニンな黒ワンピースで今どきのリラックス感も表現しましょう。

ラベンダーピンクのニット×ベージュのスエードスカート

ラベンダーピンクのニット×ベージュのスエードスカート
ニット(ADORE)、スカート(MOGA)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エストネーション〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ざっくりとしたニットとスエードスカートのシンプルな装いも、春色でリズムをつけることで、可憐な表情に。コットンリネンのニットは、前身ごろがショート丈に設定されているため、ボトムとのバランスもとりやすいデザインです。バックルまで白を採用したショルダーバッグで、着こなしの明度を上げれば完璧です。

ベージュのトレンチコート×ブラウス×パンツ

ベージュのトレンチコート×ブラウス×パンツ
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツや細めのデニムにヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極める方向を目指すべき。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

最低気温15度の日におすすめのレディースコーデ


エミリオ・プッチのワンピース

エミリオ・プッチのワンピース
ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

果実のような鮮やかなワンピースで、おしゃれ心を活性化。肌をワントーン明るく見せる、フレッシュなオレンジは、イタリアの陽気な太陽を知り尽くしたエミリオ・プッチらしさが光ります。一点の曇りもない、クリアなホワイトのローファーを合わせれば、足どりも踊るように軽やか。

グリーンのニット×プリーツスカート

グリーンのニット×プリーツスカート
ヴァレンティノのニット・ニットスカート・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・バッグに付けたIDケース・靴(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)46 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グリーンベースに細いホワイトストライプが配されたプリーツスカートは、歩くたびにすそが戯れ、爽やかなオーラを振りまいてくれます。

ベージュのブラウス×オリーブグリーンのペンシルスカート

ベージュのブラウス×オリーブグリーンのペンシルスカート
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ebure)、ベルト(yoshie、inaba)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

立体的なフラワー刺しゅうを施したコットンブラウスで、エレガントな雰囲気に仕上げましょう。カーキにも似た、コクのあるオリーブグリーンのペンシルスカートを合わせて、凛と美しく。細ベルトやバッグで、クリーンな白を投入して、地味な印象に終わらせないのが、リッチ配色の掟です。

ブルーのレザーブルゾン×白ニット×パンツ

ブルーのレザーブルゾン×白ニット×パンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春先に欠かせない、レザーブルゾン。定番アイテムこそ、淡いブルーを選べば、カジュアルスタイルがぐっとこなれて見えます。インに合わせた白のニットはレフ板効果をもたらし、笑顔を溌剌と輝かせてくれます!

ノーカラージャケット×ブラウス×タイトスカート

ノーカラージャケット×ブラウス×タイトスカート
ジャケット(ebure)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ピアス(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ・靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはネイビー×白のバーズアイ(ごく小さなドット)を黒のレザートリミングが引き締めて。ゆったりとした身ごろと袖でノーカラージャケットをモードに更新しましょう。端正なブラウス+タイトスカートにはおって、こなれたきちんと感を演出。華奢な小物を合わせれば、仕事の後にエレガントな予定がある日にも向く装いになります。

ピンクのブラウス×ベージュのロングスカート

ピンクのブラウス×ベージュのロングスカート
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

イエローのニット×ピンクのスカート

イエローのニット×ピンクのスカート
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュな印象になります。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

マックスマーラのジャケット×ブラウス×パンツ

マックスマーラのジャケット×ブラウス×パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン〈)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュなロングジャケットを主役に。
ジャケットの着丈が長いぶん、ハイウエストを意識しましょう。

ショート丈ブルゾン×スキニーデニム

ショート丈ブルゾン×スキニーデニム
ブルゾン(ヘルノ・ジャパン)、ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DESPRÉS〉)、デニム(アマン〈アトリエ ノティファイ〉)、ストール(シジェーム ギンザ〈フランコフェラーリ〉)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(SUPER A MARKET〈WAIWAI〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ヘルノのハイテク素材「ラミナー」を使用したブルゾンは、防水、防風、汗発散に優れた機能性の高さが魅力です。緩やかに広がるテントラインのショート丈ブルゾンには、スキニーデニムを合わせ、ボリュームを上に置きましょう。

ジャケット×パンツのスーツスタイル

ジャケット×パンツのスーツスタイル
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常にも取り入れましょう。