劇場に入ると、ボリウッド・ミュージカルを思わせるような金ぴかの派手な装置に出迎えられる。舞台袖の2階部分は、左で電飾で彩られた風車が回り、右には青く光る象が控えている。開演前からワクワクさせられる舞台版『ムーラン・ルージュ!』(Moulin Rouge!: The Musical)の道具立てだ。

 バズ・ラーマン監督のミュージカル映画『ムーラン・ルージュ』(Moulin Rouge!)が公開されたのは2001年(映画邦題には「!」が付いていない)。ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーを主役に迎えた同作は、過去の物語に現代の意匠を持ち込んでみせるというラーマンお得意の手法が、洗練されたCG技術と共に炸裂。全編に流れる巧みにアレンジされたポップ・ミュージックに乗せて、前時代的なラヴ・ストーリーを新鮮に蘇らせてみせた。

映画「ムーラン・ルージュ(2001)パリにあるキャバレー「ムーランルージュ」を舞台に、踊り子と作家のラブストーリーを描いた作品。誰しもが一度は耳にしたことはあるであろう、ビートルズやマドンナといった有名アーティストの曲が使われたことでも話題になった作品だ。 写真:Album/アフロ

 その翌年、ラーマンは舞台の演出家としてブロードウェイに登場。作品は、『ムーラン・ルージュ』の原型の1つとも言える、プッチーニの『ラ・ボエーム』(La Boheme)。夫人であるキャスリーン・マーティンの手がけた装置デザインが、映画版『ムーラン・ルージュ』の美術同様に美しく、陶然とさせられたものだ。そして、その先に、いつの日かラーマン自身が持ってくるであろう舞台版『ムーラン・ルージュ!』を夢想した。

バズ・ラーマン的な部分を残しながらも生み出す別の世界観

映画「ムーラン・ルージュ(2001)より 写真:Visual Press Agency/アフロ

 が、今回『ムーラン・ルージュ!』ブロードウェイ版を演出したのは、昨シーズン登場の『ビートルジュース』(Beetlejuice)を手がけたアレックス・ティンバーズ。2010年の『ブラッディ・ブラッディ・アンドリュー・ジャクソン』(Bloody Bloody Andrew Jackson)で頭角を現した人で、同作は第7代合衆国大統領を野蛮な愚か者として描いたパンク・ヴォードヴィルとでも呼びたいような野心作。その後も、『ロッキー』(Rocky)、『ピーターと星の守護団』(Peter And The Starcatcher)、そして『ビートルジュース』に到るまで、内容もさることながら、とりわけ視覚的に“濃い世界”を描いてきた。そういう意味では適役だろう。

 だが、当然だが、バズ・ラーマンとは感性が違う。装置(デレク・マクレイン)には明らかにラーマンに対するオマージュと思われる部分もあったりして、映画版の印象を受け継いではいるが、ティンバーズの演出はそこに留まらず、舞台ならではの新時代の『ムーラン・ルージュ!』を作り出そうとしている。映画版の夢幻的な世界観に思い入れのある方は、そこは理解した上でご覧になった方がいい。

既成のヒット曲の楽しい使われ方は映画版同様

劇場前のディスプレイ、アーロン・トヴェイト 筆者撮影
カレン・オリーヴォ 筆者撮影
上演中のアル・ハーシュフェルド劇場 筆者撮影

 逆に映画版のシャレたやり口をまんま引き継いでいるのが、楽曲の使い方。場面の状況に見合った内容の既成のヒット曲を、時には細切れメドレーとして繋いだりしながら、登場人物が心情吐露として歌うという、半ばギャグのような手法を踏襲。ある意味、曲名当てクイズのような使われ方を観客は大いに楽しんでいる。加えて、ビートを強化したディスコ的なアレンジも場を盛り上げる。エルトン・ジョンの「Your Song」をはじめとする映画版で使われていた楽曲に加え、後半で印象的に歌われるナールズ・バークレイの「Crazy」など、映画版より後のヒット曲が多用されているのも聴きどころのひとつだ。

 設定が劇場ムーラン・ルージュのショウだけに、ダンス場面も豊富。振付のソニア・テイエはブロードウェイ初登場だが、伝統から一歩踏み出した斬新さを目指しているのは演出のティンバーズ同様。その辺も舞台版ならではの面白さ。

映画「ムーラン・ルージュ(2001)より 写真:Moviestore Collection/AFLO

 現時点で最大の話題作。この後さらにブレイクするかどうか注目だ。

上演日時および劇場は、Playbill(http://www.playbill.com/production/moulin-rouge-the-musical-al-hirschfeld-theatre-2019-2020)でご覧ください。

『ムーラン・ルージュ!』の公式サイトはこちら(https://moulinrougemusical.com/

この記事の執筆者
ブロードウェイの劇場通いを始めて30年。オンのミュージカルは99.9%網羅。たまにウェスト・エンドへも。国内では宝塚歌劇、歌舞伎、文楽を楽しむ。 ミュージカル・ブログ「Misoppa's Band Wagon」(https://misoppa.wordpress.com/)公開中。 ERIS 音楽は一生かけて楽しもう(http://erismedia.jp/) で連載中。
公式サイト:ミュージカル・ブログ「Misoppa's Band Wagon」