最高気温が25℃に満たない梅雨寒のある日、
カジュアルな場所ではありましたが、
夜に会食の予定が入っていました。

数年前、ユニークなパイル地にひと目ぼれしたセットアップ。海に行く日などにも活躍しています。ブラウス・スカート/マディソンブルー 時計/カルティエ バッグ/Sans Arcidet 靴/プラダ

肌寒いけれど、7月という夏らしさは欲しい。
人が集まる席ならではの、きちんと感や華やかさも必要。
かなり迷った末に、パイル地でできた
ネイビーのセットアップをセレクトしました。

パイル地というカジュアルな素材ではありますが、
トップスがボートネックにブレスレットスリーブと、
エレガントなディテールを持っていること。
スカートもひざ下丈のタイトシルエットで、
女性らしさを醸し出してくれること、
さらにセットアップならではのきちんと感があることも
このアイテムを選んだ決め手に。

ただ少々華やかさに欠ける印象があったので、
普段なら白小物を合わせるところに、
差し色として、靴と時計に赤を効かせてみました。
気分としては、ちょっとだけマリンテイスト。
これで夏らしさも出せたのではないかと思っています。

薄手のシルクニットは、蒸し暑い今の季節でも快適。今はなきセレクトショップで購入した、“KATAYONE ADELI”というブランドのもの。

ちなみにボートネックは、トップスのなかでも
好きなディテールのひとつです。
なぜなら女性のデコルテというものは、
年齢を重ねても肉が付きにくく、
カリッとした印象をキープできる部位だと
大昔に聞いたことがあるから…。
以来、ボーダーのカットソーに始まり、
ニットやブラウスなど、かなり増えてまいりました。

写真の一枚は、20数年は愛用しているニット。
肩ぎりぎりまで開いているボートネックが潔く、
肌の露出は控えめなのに、
デコルテを女らしく演出してくれます。
さらにそで口とすその左右にスリットが入っていて、
直線的でシンプルなデザインながら、
上半身に存在感を与えてくれるのです。
同じようなデザインのトップスとはなかなか出会えず、
長年愛用アイテムのなかでも、大切な一着となっています。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152㎝の着こなし】シリーズはこちら