大好評!人気ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんの連載です。シミやくすみ、たるみなど…、大人の女性を悩ませるエイジングサインを、長井さんの経験と知識、独自のテクニックをフルに生かし、メイクだけでお悩みをスッキリ解決。大人の肌や骨格の悩みをなかったことに…!

第17回目は、ビジネスシーンでも浮かないカラーメイクの提案です。カーキを効かせたアイメイクなら、きちんと感をキープしたまま、脱・ブラウンメイクがかなうんです。

「カーキ」のアイシャドウで品よく洗練顔に

【セルフメイク→長井メイク】

カラーレスな目元から、ほんのりカーキを効かせて上品な華やぎEYEに。

PR会社を経営する浅井さんは、クライアントとの打ち合わせなどが多く、社内外を駆けまわる日々を送っているそう。「人と会うことが多いので、清潔感ときちんと感のあるメイクを心がけています」という浅井さんは、目元はブラウンシャドウを使ったアイメイクが定番に。飽きてはいるものの、ビジネスシーンで浮いてしまいそうなアイメイクには手を出せずにいるのだとか。

浅井あさこさん(36歳)
「きちんと感を重視すると、ブラウンメイクに行き着くのですが、メイクがルーティンになってしまって少し飽きています。トレンドのカラーメイクは気になるものの、ビジネスシーンで浮いてしまうのではないかと思うと、手を出すことができず、結局いつものワンパターンメイクに落ち着いてしまいます…」

■A.「カーキならビジネスシーンでも浮きません!」(長井さん)

「カラーメイク=派手、ではありません。ファッションでベーシックカラーにカテゴライズされる色味なら、メイクで取り入れてもビジネスシーンで浮いたりしません。特に大人の女性におすすめしたいのはカーキ。目元を締めながら、目元に抜け感をもたらす効果絶大です。日本人の肌色になじみやすい点も◎」

【おすすめのアイメイクアイテムはこちら】

左から/美容成分配合でしっとりとしたテクスチャー。重ねてもヨレたりムラになることなく、まぶたを心地よく彩る。ポーラ B.A カラーズ アイパウダー 7 ¥5,000、ソフトでなめらかなテクスチャー。ほんのり光沢感のあるブルーグレーで洗練された印象に。シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ 944 ¥3,200

【カーキを効かせたカラーメイク3STEPプロセス】

1.ブラウンをベースに塗っておく
ゴールドブラウンで軽く囲んでおくことで、目元の印象がグッと強まります。

アイシャドウ(ポーラ)の左のゴールドブラウンをチップにとり、アイホールに薄くのばし、まぶたに彫りをつくっておきます。その後、目の下のキワ、目尻側1/3にもゴールドブラウンをオン。

2.上まぶたにカーキを細く入れる
少し薄いかな?くらいのさりげない発色でOK。

チップにアイシャドウ右のカーキをとり、太めのアイラインを引く要領でチップを動かし、二重の内側に色をのせます。

3.インサイドラインを引く
片手でまぶたを持ち上げておくと、ラインの引きやすさがアップします。

ペンシルアイライナー(シャネル)で上まぶた目のキワにアイラインを。一気に引くのではなく、まつげの隙間を埋めるように、短い線をつなげるのがポイント。

【AFTER:知的さと抜け感が共存するカーキEYE】

目のキワの透け感のあるカーキで、目元を引き締めながら洗練された印象に。
長井かおりさん
ヘア&メイクアップアーティスト
多くの女優やモデルからの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌や広告など第一線で活躍する傍ら、メイクレッスン講師としても活躍。ひとりひとりの個性や魅力を引き出す、上品なメイクテクニックにファン多数。Precious.jpでは、大人のリアルな肌や骨格の悩みをメイクだけで見事解決。

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
永谷知也(will creative)
HAIR MAKE :
長井かおり
EDIT&WRITING :
新田晃与