2019年に彗星のごとく日本に上陸を果たしたフランス発のシャツ専業ブランド「ブリエンヌ パリ」。ブランドが始動してからまだ歴史は浅いものの、生み出されるシャツはどれも、目を見張るほどの美しさを持ち、ひとつひとつのディテールにこだわっている。またクラシックな要素を取り入れつつもモダンでエレガント。1枚あればいつものコーディネートの魅力を何倍にも引き立ててくれるはずだ。

シャツ専業ブランド「ブリエンヌ パリ」の白シャツ

ミニマルでモードな装いのシャツ

シャツ¥29,000(トゥモローランド〈ブリエンヌ パリ〉)

小さな襟が特徴的なシャツは、前ボタンを隠した比翼仕立て。さらに襟とカフはステッチが見えず、上品でありながら女性的な優しさが垣間見える。シックな黒のパンツと合わせれば、モードな佇まいが演出できるシャツだ。

オンオフ使える万能型シャツ

シャツ¥25,000(トゥモローランド〈ブリエンヌ パリ〉)

レギュラーカラーは、カジュアルもドレスにも対応が可能で幅広く着用できる。通常のレギュラーカラーに比べ、ショートポイントでコンパクトに仕上げているため、タイドアップをしてもボタンを外してラフにきても主張が少なく綺麗な着こなしとなる。

タイドアップスタイルに華を添える

シャツ¥25,000(トゥモローランド〈ブリエンヌ パリ〉)

襟幅が大きく開いたワイドスプレッドは、ネクタイだけでなくボウタイをするにも適したシャツだ。袖はスクエアカフを採用し少し堅めな印象を残し、きちっとしたスタイルを可能としてくれる。

クラシックのスパイスが融合したモダンなシャツ

シャツ¥30,000(トゥモローランド〈ブリエンヌ パリ〉)

ボタンレスのバンドカラーシャツはエスニックな雰囲気の香る一枚。袖につけられたストラップやボタンは、フランスのヴィンテージのイブニングシャツなどに見られるディテールだ。サラリと一枚でラフな着こなしを楽しみたい。

Vゾーンで男の色気を醸し出す

シャツ¥29,000(トゥモローランド〈ブリエンヌ パリ〉)

大胆なスタンドカラーが特徴的なシャツは、後ろ身頃に細かくギャザーが入った、ドレープが美しい色気のあるシャツ。あえて胸元は開けてスカーフなどを挿し、華やかなVゾーンを演出するのもよい。

細部にまでブランドのこだわりが見受けられる

首元に添えられたブランド名は、ダグではなく刺繍で丁寧に縫い付けられている。
シャツの袖はそれぞれが異なり、襟や前身頃のデザインなどとバランスをとっている。
補強布としての役割も果たすガゼットには、ブランドのシャツの型番であるナンバリングが施されている。

写真で見られるよう、様々な箇所にブランドの細かなこだわりが垣間見える。このように「やらなくてもいいこと」を手間暇かけてひとつひとつ施すの、はブランドの真髄を表現していること他ならないのである。

定番で王道である白シャツだからこそ、意図的に考えて着るのが大切である。男の白シャツ姿は、どんなときでも素敵な立ち姿であってほしい。そんな確固たる決意を感じるのが「ブリエンヌ パリ」の白シャツだ。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

関連記事

 

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊
TAGS: