ラグビーW杯開催を翌月に控え、どこで観戦しようかと今から考えていると思うが、どうせなら形から入りたいもの。露骨にラグビースタイルでは仕事に支障が出てしまうが、普段のジャケパンスタイルに違和感なく溶け込むのであれば問題ないはず。

今一番の注目であるラガーシャツだからこそ、ビジネスパーソンがもっとも意識すべきアイテムだろう。さまざまなブランドからリリースされているが、その中でも特に注目したいのがブルックス ブラザーズだ。

いつの時代も色褪せないオーセンティックな柄

ラガーシャツ各¥16,000(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

スーピマコットンを使用したラガーシャツは、表地を毛羽立たせたことによりフリースのように柔らかく温かい。ゆったりとしたボックスシルエットは着るものを選ばず、またオーセンティックな柄はそのまま1枚で着ても、ジャケパンコーデでも様になる。胸元に施されたお馴染みのゴールデン フリースのロゴは、同色で揃えることで大人らしい印象に仕上がった。

ジャケットの代わりにラガーシャツでコーディネート

ラガーシャツ¥16,000・シャツ¥19,000・パンツ¥13,000・タイ¥12,000・シューズ¥110,000(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

ラガーシャツ1枚でスポーティな着こなしもよいが、せっかくなら大人らしい着こなしで他と差をつけたい。アメリカントラッドの王道な着こなしであるオックスフォード地のボタウンダウンシャツとチノパンにレジメンタルタイ。これにラガーシャツを合わせれば適度な遊び心ある雰囲気になる。シャツの襟元のボタンを外し襟や袖をラフに着崩して、あとは全力で応援するのみ!

定番アイテムとミックスすることでスポーティさが和らぐ。ラグビーワールドカップを応援するのなら、やっぱりラガーシャツを着こなして試合もファッションも楽しみたい。以上、ブルックス ブラザーズのラガーシャツを紹介した。

※価格は全て税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
島本一男
STYLIST :
河又雅俊
EDIT&WRITING :
河又雅俊