旅行好き、鉄道好きのみならず注目を集めている、クルーズトレインこと、豪華観光列車。最初に運行開始したJR九州による「ななつ星 in 九州」が、3年半経った今も人気は衰えず、さらに今年、2017年5月1日より、JR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が運行開始。JR上野駅には、その姿をひと目見ようと人が押しかけ、入場規制がかけられたニュースも記憶に新しいですね。

そしていよいよ2017年6月17日には、JR西日本のクルーズトレイン、「トワイライトエクスプレス瑞風」が運行を開始します。

【関連記事:ワイライトエクスプレス瑞風は、走る豪華ホテルです】

「瑞風」の観光地立ち寄り専用バス、「瑞風バス」
「TWILIGHTEXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風と並走する、瑞風バス

この「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行を支えるのが、中国ジェイアールバスによる「瑞風バス」。

「トワイライトエクスプレス瑞風」の立ち寄り観光先へのアクセスを担うために、1日目の立ち寄り観光駅から最終日の立ち寄り観光地まで運行し、「瑞風」と並走するのだとか。

最新型の安全装置を備え、デザインは「瑞風」のデザインを手がけた浦 一也氏が監修しています。

「TWILIGHTEXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風と並走する、瑞風バスの内観


車体及び内装を「瑞風」の車両と世界観をあわせた「瑞風グリーン(深緑色)」を用い、 エンブレムも同じ仕様のものを装着。また、内装も「瑞風」の車両と世界観をあわせるため、同じデザインのオリジナルカーペットを採用、 シートも緑色に。さらに。乗務員の制服も「瑞風」の車内クルーと同じデザインのものを 着用いし、終始一貫して「瑞風」の世界観を壊さぬよう、配慮されています。

「TWILIGHTEXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風の大山での走行姿

「瑞風」立ち寄りエリアも準備着々!

また、「トワイライトエクスプレス瑞風」の乗降駅となる東浜駅は、運行開始に合わせてリニューアル。さらに、東浜駅で降車した乗客が立ち寄る、地元の食材をふんだんに使用したレストラン「AL  MARE(アル マーレ)」を2017年5月からオープン(東浜駅へ立ち寄るのは「山陽・山陰コース(2泊3日・周遊)」のみ)。

「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始に向けて、各地各所も着々とスタンバイOK。6月の運行開始時には、各メディアにも大きく取り上げられ、盛り上がること間違いなしです!

 

お問い合わせ先(瑞風バス)

中国ジェイアールバス株式会社

TEL:082-261-0512

お問い合わせ先(トワイライトエクスプレス瑞風)

JR西日本・トワイライトエクスプレス瑞風専用サイト

http://twilightexpress-mizukaze.jp/


 

おすすめ記事はこちら >>「クルーズトレイン」での国内旅行は、2017年争奪戦間違いなし!


>>今治タオルのクリエイティブディレクター・佐藤可士和さんが語る、「地方」を活かしたブランディングとは

>>「押すスーツケース」で、旅のストレスが劇的に軽減【GINZA SIX追記】
TAGS: