ファッションジャーナリスト・藤岡篤子さんが、現在開催されている2020年SSのコレクション会場で見つけた、おしゃれなファッショニスタを現地でノーアポ突撃取材! ロンドン・コレクションは終了、イタリアはミラノに移動し、2020年のミラコレへ。ミラノ1日目の様子をお届けします。

2020年SS ミラノ コレクションが開幕!DAY1では奇跡が起こった!?

ciao、藤岡篤子です。ミラノコレクションの初日はスロースタートではなく、まあ忙しいこと。

コレクションの発表は、実際は13時からスタートするのですが、展示会6件とコレクションショー5件にマストで出席しなくてはならず、touch&Goの連続でした。

さすがにミラノの女性達は「フェミニンでエレガンス」! 感心しながら写真をいっぱい撮っていたのですが、なんと、すべてをひっくり返す素晴らしい奇跡が起きたのです!!

私の連載記事「Timeless Style ICON」で(「世界が認めるサウジアラビアのプリンセス&ファッションアイコン、ディーナ妃の素顔とは?」)として配信したばかりのサウジアラビアの王族、ディーナ妃とコレクション会場で遭遇する奇跡が!

配信されたばかりの記事を見ていただいている奇跡の1コマ
配信されたばかりの記事を見ていただいている奇跡の1コマ

PRADAの会場で、さすがに王族だけに、ショーがスタートする直前に入ってこられたのですが、同じ列で近かったこともあり、すぐにご挨拶して、配信されたばかりの記事を見ていただきました!!

場が華やぐ、洗練されたオーラをまとったディーナ妃
場が華やぐ、洗練されたオーラをまとったディーナ妃

とても感じがよく、一般の家庭から王室へ入ったとはいえ、漂う気品は本物のオーラ。

王子が一目惚れしたディーナ妃は、着こなしも超一流!

プラダを個性的に着こなすディーナ妃
プラダを個性的に着こなすディーナ妃

ショーが終わった後にも、駆けつけさらに立ち姿の写真もお願いしましたが、さすがファッションアイコンだけに、ポーズも決めてくださり、さり気ないけど、決まっています。

今季のPRADA(プラダ)のアイコニックなフラワーコサージュをあしらったデザインのコートに、ブラウンのアンクル丈のパンツを合わせ、ハイヒールのサンダルで絶妙なバランス取り。

自分を知り、服を知り尽くしている感じが伝わります。気さくだけど知性を感じる落ち着きがあり、何より、肌の美しさと美貌に驚きました。

写真よりずっと綺麗! 王子さまが一目惚れするはずです。

ということで、本日のお洒落クイーンはディーナ妃に決定です!


以上、藤岡篤子さんが現在開催中の2020年SS ミラノコレクション会場で見つけた、おしゃれなファッショニスタをリアルタイムでご紹介する企画、ミラノ編の初日をお届けしました。明日からはしばらく、ミラコレの様子が続きます。

なお、藤岡篤子さんのインスタグラム(@fiorinatokyo)でも2020年SSコレクションの様子が投稿されていますので、そちらもチェックしてくださいね!

2020SSコレクション速報記事

この記事の執筆者
1987年、国際羊毛事務局婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。2000年より情報用語辞典『イミダス』でファッション分野を執筆。毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。好きなもの:ワンピースドレス、タイトスカート、映画『男と女』のアナーク・エーメ、映画『ワイルドバンチ』のウォーレン・オーツ、村上春樹、須賀敦子、山田詠美、トム・フォード、沢木耕太郎の映画評論、アーネスト・ヘミングウエイの『エデンの園』、フランソワーズ ・サガン、キース・リチャーズ、ミウッチャ・プラダ、シャンパン、ワインは“ジンファンデル”、福島屋、自転車、海沿いの家、犬、パリ、ロンドンのウェイトローズ(スーパー)
WRITING :
藤岡篤子
EDIT :
石原あや乃