銀座 レイジー GINZA LAZY 24:00 L.O.
たまらなく恋しくなる老舗の変わらぬ味

 メニューを見ると、前菜からパスタ、メイン、そのほか、本日のおすすめだけでも約30品と、うれしくなるほど料理の数が多い。初めての訪問で迷ったら、まずはゴルゴンゾーラチーズとパンのグラタン、ウニのクリームグラタンなど、メニューに「名物」と赤い目印しがついた料理をオーダーしてみるのもいい。

 イタリア料理が主体だが、スペインなど近隣の地中海諸国の料理もあるし、オリジナルの料理も多い。その個性的なメニューは、「レイジー」誕生の時に、ちまたにあるような“流行”のイタリア料理店にはしたくないという思いで、一戸さんが石川シェフと練り上げた結果。それが今も変わらず受け継がれているわけだ。

 銀座一丁目という場所柄、仕事帰りの客も多く、遅めの時間まで賑わうが、ひとりで食事と酒を楽しみたいという人のために、寛げるカンター席も用意されている。

 座ると目の前にセットされているのが、有田焼の皿に箸。今でこそ少なくない箸で食べるイタリアンの先駆けといえるのが、この「レイジー」なのだ。

 さて、まずはよく冷えた白ワインでクールダウン。メニューから選ぶのは、日本一のチーズと称される吉田牧場の酪農家・吉田全作さんが作るモッツァレラチーズとフルーツトマトの前菜がお薦めだ。これからの暑い季節に向かっては、ビシソワーズや冷製ニョッキなとの冷たい料理も用意されている。

 「遅い時間のおひとり様でしたら、半分の量でも承ります。塩加減などのお好みも遠慮なくおっしゃってください」。オーナーのそんな心遣いが嬉しい名店だ。

カウンターは5席。こじんまりとしたスペースだが居心地がよく、つい長居をしてしまう。賑わいがおさまった遅い時間なら、オーナーの一戸さんとの会話も楽しめそうだ。グラスワインは白・赤とも2種。¥640~(税抜)
香ばしく、骨まで美味しいイワシの唐揚げ。メニューでは2尾(¥1,155税込)だが、1尾のオーダーもできる(¥578税込)。脇役の揚げパセリ、こちらも美味い!
 

【問い合わせ先】
■GINZA LAZY
東京都中央区銀座1-4-8 銀座ビッグウェストビル7階
TEL:03-3538-3338
営業時間/平日18:00~25:00(24:00 L.O.)、
土曜・祭日17:00~24:00(23:00 L.O.)、
定休日/日曜 (日曜が祭日の場合は、日曜営業、月曜休み)
アクセス/有楽町線「銀座1丁目」3番・4番出口から徒歩約3分

PHOTO :
安里昌悟
EDIT&WRITING :
掘けいこ