暗くなりがちな秋冬の装いから脱したい! そんなときに便利な色が、白である。とくに、洗練を極めた淡色コーディネートには、なじみつつも存在感を発揮する、品格を宿した白小物が必要不可欠なのだ。そんな伊達男の美意識に見合った小物をリストアップした。

純白のブランケットでエレガンスに包まれる

ブランケット¥310,000・ニット¥156,000(三崎商事〈マロ〉) パンツ¥35,000(ボリオリ 東京店) 時計¥810,000(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

 イタリアが生んだニットの最高峰として知られるマロ。この180×140cmのブランケットはカシミア100%。その上質さは色が白であることによって、より鮮明に浮かび上がる。もちろん、淡色のコーディネートで活用し、白の真価を発揮させたい。ドレープを演出して上半身を覆えば、たちまち優雅さが立ち上る。

携えたその姿に洗練が表れる!

¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン)

取り外せるウォレット、カードケース、パスポートケースを内蔵したオールインワンのポーチ。トラベルスタイルを格上げするヴァレクストラは白レザーの名手。発色の上品さや手に吸い付くようなレザーの質感はさすがだ。

生粋の英国製が放つ類いまれな上質感!

¥62,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ジョンストンズ〉)

昔から変わらぬ製法を続ける英国の老舗、ジョンストンズのストール。素材は贅沢にもカシミア100%で、その滑らかさは頰ずりしたくなるほど。黒の格子柄は淡色の着こなしでさりげないアクセントになる。

純白のハットをかぶって気障な男を目ざせ

¥65,000(ボルサリーノ ジャパン)

淡色の着こなしで洗練を極めるなら、小物に妥協してはいけない。無論ハットも例外ではない。そこで、ボルサリーノだ。しっかりと白の名品ハットをラインナップしている。素材はラビットファー。リボンテープまで白で統一。

旅路を格上に演出する、白レザーの存在感!

¥290,000(グローブ・トロッター 銀座)

グローブ・トロッターのレザーコレクション、『ジェット』のトラベル用ブリーフケース。英国産グレインレザーの上質さが、美しい白で際立つ。傷がつきにくいことも特徴。トロリーケースに固定することも可能。

上質なソックスで細部に美意識を投影

¥4,800(ホームステッド リミテッド〈コーギー〉)

白のグラデーションの着こなしでは、ソックスのファーストチョイスも白とするべき。しかし、平凡な白ソックスは品性を下げる。英国の名門、コーギーなら心配はいらない。ふくらみが豊かなウール×コットン。

白のスニーカーにもラグジュアリー感を!

¥90,000(バリー 銀座店)

休日スタイルにはコンフォタブルなスニーカーを取り入れたい。ただし、伊達男たるもの、スニーカーにもラグジュアリー感を求めるべき。丸いトウのバリーの一足は白のメッシュレザーで格が上がる。かかとにはアイコンのストライプが。

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年秋号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
鷲尾顕司 エディター
BY :
MEN'S Precious2016年秋号 洗練を極めるラグジュアリーな休日に、白が導く、淡色コーディネートより
雑誌、新聞、アパレルブランドのカタログなど、メンズファッションの幅広いフィールドで手腕を発揮。フォーマルスタイルやカジュアルスタイル、名品アイテムなどすべてに精通した敏腕編集者である。
クレジット :
撮影/小池紀行(静物/パイルドライバー) スタイリスト/大西陽一 ヘア&メーク/Masayuki (the VOICE)モデル/Yaron 構成/鷲尾顕司