紳士のワードローブに欠かせないトレンチコート。なかでも傑作といわれているのが、「アクアスキュータム」のトレンチコートだ。このコートを現代的に着こなすためには、軍用コート特有の重厚なイメージの払拭がテーマになる。ここでは問題解決のため、ふたりのスタイリストに現代風にアレンジたコーデを紹介してもらう。

 まずは、知的なコンサバスタイルを得意とする大西陽一氏に「軽快感」を意識したコーデを披露してもらおい。シャツとジレの上にジャケット感覚でコートをはおりつつ、ジーンズとレザースニーカーで軽さを演出。ブルーをキーカラーにしているのもポイントだ。

 次に、櫻井賢之氏は得意のモードミックスでコーデを披露。白のタートルネックとピーチスキンのパンツ、そしてロング丈の乗馬ブーツを合わせることで、モダンかつノーブルなムードを演出した。肩にかけた大判のカシミアストールも効果的。

 いずれのコーデにも、懸案だった重さや野暮ったさは微塵も感じられない。トレンチコートを現代的に着こなす秘訣が満載されたコーデに仕上がった。トップスタイリストのコーデテクニックをご覧あれ!

知的コンサバスタイルの匠、スタイリスト大西陽一氏が提案する
アクアスキュータムのコーデテクニック

アイテムや色使いで軽さを演出! 技ありコーデを披露

コート¥190,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉) ベスト¥34,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉)シャツ¥28,500(トレメッツォ〈ベヴィラクア〉)パンツ¥88,000(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店) スカーフ¥6,000(アルソーレ) ベルト¥30,000(アルソーレ〈クアトロ ガッティ〉) 靴¥72,000(玉川髙島屋〈ヘンダーソン〉)

「ジャケットがわりにトレンチコートをはおる着こなしはイタリアの伊達男の常套テク。軽さの演出にも有効です」(談・大西)

さらにブルーを基調にしたカラーコーディネートも軽やかさを強調する。

「インナーに合わせたブルーのジレもポイント。ただ、印象がプレーンになりすぎないようチェック柄のジレを選びました。折しも今シーズンは英国調がトレンドなので、旬度も高まります」(談・大西)

肩のエポレットを外して着るのも大西氏流。印象が格段にすっきりして見える。ベテランらしいテクニックが随所に光るスタイリングだ。

モードミックスの天才、スタイリスト櫻井賢之氏が提案する
アクアスキュータムのコーデテクニック

コートは1枚目のコーデ写真と同じ、ニット¥156,000・パンツ¥72,000・ベルト¥42,000(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン パープル レーベル〉) ストール¥190,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)ハット¥36,000〈レインハート プランク〉・サングラス¥45,000〈レスカ〉/以上スーパーエー マーケット 手に持ったグローブ¥28,000(ビームスF 新宿〈マドヴァ〉) 靴¥72,000(ステップ インク〈ハンター〉)

英国アウターを得意のモードミックスの手法でアレンジした櫻井氏。

「大判のカシミアストールを肩かけしたり、ロングの乗馬ブーツにオフホワイトのパンツをブーツインしたり、ノーブルなイメージを演出することで、トレンチコートの優雅さを引き出しました」(談・櫻井)

ウエストのベルトをやや高い位置で結ぶのも櫻井氏流のテクニック。全体のシルエットがシャープになるため、モードなイメージがいっそう際立つ。

いかがだろうか? 同じコートを使用してもアレンジ次第で大きく印象が変わってくるもの。ふたつのコーデを参考にしながら、あなた流のアレンジで楽しんでいただきたい。

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年秋号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN’S Precious2016年秋号 英国「名品」アウター着こなしバトルより
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/渡辺修身、スタイリスト/河又雅俊 ヘア&メーク/KOTARO(SENSE OF HUMOR) モデル/Cuba 文/押条良太