メンズファッションの注目株は、男らしいスタイルの復権を表す、スリーピースを中心とした伝統的なスーツである。

男っぽいスーツには、しっかりとした感触の生地が必須だ。英国生地を中心とした服地輸入卸商社、マルキシの岸 秀明氏をガイド役に、伝統的かつ男らしさを伝える、生地選びのポイントを伺った。

スーツ選びの本領は、生地を見立てる知識にある

写真上から/グレーフランネル(※1)、バンカーズストライプ(※2)、グレンチェック(※3)、ドネガルツイード(※4)、バーズアイ(※5)

「まず、生地は触って選ぶことです。張りやコシなど、ボディがしっかりとしている生地は、仕立て映えがよく、長い期間、着用できます」

ボディがしっかりとした生地とは、品質のいい張りのある原毛を使い、織り目が詰まった、肉感的な生地のこと。男らしさを伝えるスリーピースで、重要な生地選びの基準となる。

「秋冬は、防寒性もある目の詰まった綾織りの生地が基本です。生地重量の目安は、1mあたり280〜330g。サヴィル・ロウのテーラーでは、300g以上が常識。織り目の詰まった重量感のある生地を使ってスーツを仕立てるのが、英国の文化です」

生地の重さは、330gを超えると、趣味性の高い生地が多いという。

俄然注目が集まる、ビスポーク仕立てのスーツをまとう洒落者たちは、概して重量感の伝わる生地を選び、クラシックなスタイルを見事に表現する。

上で紹介した5種類の生地は、すべて330gを超える。英国伝統の重厚な生地からも、スリーピースにふさわしいスタイルが見えてくるのだ。

グレーフランネル(※1)1772年に誕生し、1950年代まで「フランネル」という商標を保持していたフォックス・ブラザーズの生地。ダンディな名優、ケーリー・グラントに「フランネルはフォックスに限る」と言わしめたほど、フランネルの名門として知られている。しっかりとコシを備え、1mあたり385gの重さは、スーツに最適。紳士なら、グレーフランネルのスーツは、1着は持つべきだ。

バンカーズストライプ(※2)20世紀初頭に創業したH.レッサーの生地。1mあたり400gの、張りのあるストライプ地。好景気に沸いた1980年代、ロンドンのシティやニューヨークのウォールストリートで働く銀行マンが、この手のストライプ柄のスーツを着用していたことから、俗に「バンカーズストライプ」と呼ばれるようになった。「バンカーズストライプ」は、控えめなストライプとの認識もあるが、実はこのさえたストライプだ。

グレンチェック(※3)英国生地の名門ブランドハリソンズ・オブ・エジンバラのアーカイブから、ウィンザー公が注文した生地を復刻したのが、このグレンチェック。トゥルー プリンス オブ ウェールズと呼ばれる品名で、オリジナルのグレンチェックは、色鮮やかなブラウンとブルーのチェック柄であることがわかる。1mあたり470gの重みのあるしっかりとした生地感は、男らしさを復権したスタイルによく似合う。

ドネガルツイード(※4)アイルランドのドネガル地方で、今も昔ながらの手法で生地を織り上げるダブリュー ビル。パブロ・ピカソも愛したカントリー服地の名ブランドで、50年以上サヴィル・ロウの名門テーラーにツイードを卸している。ナッブと呼ばれる節のある糸が織り込まれているのが特徴。素朴で暖かな風合いが絶品である。1mあたり420gのガッチリとした質感は、カントリーなスタイルのスーツやジャケットに好相性だ。

バーズアイ(※5)英国のテーラーで人気の高い生地のひとつ、バーズアイ。文字どおり「鳥の目」のように、小さく丸い織り柄から名づけられた生地だが、正真正銘のバーズアイの生地は案外少ない。この生地のように、ごく小さな丸い織り柄の中心に、黒目を見立てたステッチがあるものが本物だ。ハリソンズ・オブ・エジンバラの1mあたり330gのコシのある生地をスリーピースに使い、真のバーズアイを堪能したい。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious 2016年秋号「この慎み深い格式こそ、紳士たる装いの頂点だ!英国的たたずまいはスリーピーススーツ に宿る」より
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/熊澤 透(人物)、小池紀行(パイルドライバー/静物)、篠原宏明(取材) スタイリスト/村上忠正 ヘア&メーク/HIROKI (W)モデル/Yaron レイアウト/澤田 翔(H.D.O.) 撮影協力/ブリティッシュヒルズ 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)
TAGS: