ヒールも似合うスマートなたたずまい!「シティダウン」の魅力とは

ダウンや中綿入りのスポーティラグジュアリーなアウターの進化がとまりません。布帛とのハイブリッドやコンビネーションで洗練されたルックスはタウンユースとしても最適。カジュアルアウターの本命は、ボリューム感が抑えられた「シティダウン」で決まりです!

■1:マウンテン・リゾートにも街にも似合う洗練スマートアウター

コート_1,冬コーデ_1,大人コーデ_1
コート¥775,000・スカート¥249,000(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス¥69,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

主役のコートは…2000年のアルペンスキーW杯でロシニョール・チームが着用した「アイサリー・ジャケット」をロング丈にアレンジしたアイコニックな一着。ブランド独自の「ストームシステム®」による防水・防風加工を施し、中綿を入れたカシミヤダブルフェースの暖かく軽やかで機能的なコートです。フードを縁どるブルーフォックスファーは取り外し可能になっています。

着こなしは…ウエストのドローコードを絞って、メリハリをつけたシルエットにアレンジ。

■2:ハイブリッドデザインがおしゃれ心を満たす都会派ダウンコートの代表

コート_2
コート¥188,000(ヘルノ・ジャパン)

ボレロをレイヤードしたかのようなスタイルを、ウール混生地とナイロン生地の異素材で仕立てたハイブリッドデザイン。空気包含力を示すフィルパワーの数値が、一般的に550で高品質とされるところ、ヘルノでは700前後にしているため、大量に含まれる空気の断熱効果により保温性も優秀! 色はグレー、デザインはコンパクトなAラインシルエットなので、エレガントな装いにもマッチします。

  • Check コート_3 フードを取り外すと端正なスタンドカラーに。襟に高さがあるので首を温めつつ、顔周りの表情をきりっと引き締める。
  • Variation コート_4 鹿の子編みのニットジャケットを重ねたようなデザイン。オフネックが女性らしい表情。コート¥180,000(ヘルノ・ジャパン)
コート_5
コート 3.¥298,000(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、4.¥460,000(ムーレー 銀座店)、5.¥175,000(エストネーション)

■3:知的な「ファビアナ・グレー」ならカジュアルになりすぎない

カシミヤ、シルク、メリノウールで構成した、ブランド独自の「プラチナ」糸をベースに、モヘアやアルパカなどをミックスし、立体的に織り上げて起毛感を出したツイードコートと、ナイロン素材のインナージレを組み合わせたセットです。

ツイードコートの立体的なテクスチャーは、なでたくなるほどのやわらかさ、しなやかなさを誇ります。

中綿入りナイロンのショールカラーのジレも着回し力が高く、気候や用途に応じて3WAYの着こなしを楽しめます。ビジネスユースにも、デイリーカジュアルにも合わせやすいうえ、どんな着こなしも気品に満ちた洗練スタイルに昇華してくれます。

■4:羨望のドレッシーダウンで冬の贅沢を堪能

イタリア製ウールカシミヤのハーフスリーブコートと、ショート丈のナイロンダウンジャケットのコンビネーションは、それぞれ単品としても活用度大。すべてのパーツやディテールを熟練の職人が手作業で手がけ、細部にいたるまでラグジュアリーダウンとしての矜恃が宿ります。

深みのあるネイビーブルーがスポーティなアウターに品格を添えて、コートのポケットとジャケットのフードトリムにあしらわれたミンクファーが大人かわいいムードを表現。フードのファーはジッパー開閉で取り外し可能です。

なめらかなタッチと上品な光沢をもつソフトシェルジャケットは活躍すること間違いなし!

■5:次世代型の中綿素材を使ったスマートアウター

前身ごろをムートンにすることで暖かさをしっかり確保し、袖と後ろ身ごろはウールカシミヤ生地にして動きやすさを追求したジップアップコートです。中綿には、外部環境の温度変化に連動して熱を発生させ、快適な温度をキープするという「サーモア」社の最新のハイテク素材を使用。

ポケットとフードの縁どりをムートンファーにして、スポーティなアウターをフェミニンに昇華します。ヒップの隠れる丈感、オイスターホワイトの品のいいニュアンスカラーで、大人の女性にふさわしい仕上がりに。

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

関連記事

PHOTO :
浅井佳代子(人物)、唐澤光也(RED POINT/静物)
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
TETSU(関川事務所/ヘア)、三澤公幸(3rd/メイク)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)
EDIT&WRITING :
下村葉月、濱谷梢子(Precious)