VALENTINO(ヴァレンティノ)の歴史

創業者:ヴァレンティノ・ガラヴァーニ
創業地:イタリア・ローマ
創業年:1960年。2012 年には、1962年にファーストコレクションを発表してから50 周年を迎える。レディス、メンズのラグジュアリーなコレクションを通して、伝統と革新をさらに推し進めています。

スペイン広場にほど近い、ローマのヴァレンティノ本店

究極のエレガンスを体現し、洗練された女性像を提案し続ける

■創業当時のエピソード

ファッションデザイナーのヴァレンティノ・ガラヴァーニと、彼のビジネスパートナーであったジャンカルロ・ジアメッティにより、オートクチュールメゾンとして創業。オートクチュールからプレタポルテ、バッグ、シューズなどのアクセサリーコレクション、フレグランスにまでビジネスを拡大し、現在では世界90か国以上で1300店舗以上を展開しています。

■ブランドの転機

2017-18年秋冬コレクションより

2008年10月、ピエールパオロ・ピッチョーリとマリア・グラツィア・キウリのデザイナーデュオがヴァレンティノのクリエイティブ・ディレクターに就任。

ピッチョーリとキウリは、 長きにわたりブランドの創業者であるヴァレンティノ・ガラヴァーニに師事し、ブランド内で新たに立ち上げられたアクセサリーラインの世界的な成功に貢献してきました。

ふたりのデビューとなった、2009年1月にパリで発表されたオートクチュールコレクションは、ヴァレンティノの世界観を完璧に表現したコレクションで業界関係者から高い評価を得ます。その後、2009年7月に発表されたオートクチュールコレクションでは、はかなくもミステリアスな女性の二面性と、型にはまらない女性らしさと究極のエレガンスを表現。ブランドの伝統を忠実に守りつつ、フェミニンさとコンテンポラリーな魅力が共存するコレクションによって、新たな”ヴァレンティノウーマン”を確立しました。

■ブランドのアイコン・定番アイテム

ロックスタッズ・バッグ
ロックスタッズ・シューズ

■ブランドを愛用するセレブリティとエピソード

ジェニファー・ロペス

オートクチュールメゾンを起源とするブランドということもあり、ため息が出るほど美しいドレスを数多く生み出してきたヴァレンティノ。なかでも、ブランドを象徴する「赤」のドレスは、レッドカーペットをはじめとする世界的イベントにおいて、多くのセレブリティに着用されています。また、ジェニファー・ロペスやアンジェリーナ・ジョリーはプライベートでも愛用するなど、セレブリティたちの勝負服として選ばれ続けているのです。

■ブランドの現クリエイティブ ディレクター

ピエールパオロ・ピッチョーリ

前述の通り、2008年にピエールパオロ・ピッチョーリとマリア・グラツィア・キウリのデザイナーデュオがクリエイティブ・ディレクターに就任。

ピエールパオロ・ピッチョーリは、ローマのヨーロッパ・デザイン学院を卒業後、フェンディに入社。アクセサリーラインの創作に携わり、イタリアが誇るクラフツマンシップと革新的なデザインアプローチの融合による、新たなファッションデザインの可能性について学びました。マリア・グラツィア・キウリとともにヴァレンティノに入社後は、ブランドの歴史を尊重しながらも、ロックスタッズをはじめとするアイコニックなアイテムを数多く生み出し、ヴァレンティノをファッション界でさらなる注目を集めるブランドへと成長させました。

2016年のマリア・グラツィア・キウリ退任後は、ブランド単独のクリエイティブ・ディレクターに就任。ヴァレンティノの伝統を深く理解しながら、歴史あるイタリアブランドを舞台に革新を続けているのです。

VALENTINO(ヴァレンティノ)の問い合わせ先